85.城

社会の風当たりは厳しく、教団の先行きもわからなかったが、私が担当していた「識華」はサマナの人数も増えてそれなりに落ち着いてきた。渋谷と高円寺のサティアンショップには、マスコミ関係者や「オウマー」と呼ばれる教団に好奇心のある人たちがやって来て、書籍や音楽テープや「上祐グッズ」を買っていった。マイトレーヤ正大師の緑色のクルタ(宗教服)が法外な値段で売れたこともあった。そういう「オウマー」の人が、修行したり法則を学んだりする信徒になることはそう多くはなかったと思う。
この頃、私はニューナルコのあとに経験した、自分のどこかが瓦解して世界が浸食してくるような危うい感覚を再びおぼえるようになった。なんの理由もないのに突然涙があふれ出すような精神不安に襲われて、心が崩れてしまうのではないかと思った。
あるときユニットバスに入っていたら、いつの間にか風呂場全体が海のなかにいるイメージに包まれていた。「なんだろうこれは…」と思いながら、私は溺れまいと浴槽のなかで膝を抱えてぎゅっと目をつむった。内側でなにかが起こっているようだった。大きなエネルギーが押し寄せて意識が呑み込まれるのではないか、このまま気が狂ってしまうのではないかという不安にさいなまれた。そんな精神状態でもなんとか部署をまとめるワークをこなしていたが、やがて師部屋に一人こもることが多くなった。
そして、普段ほとんど教祖が夢に出てくることはないのだが、印象的な教祖の夢を見た。

――小山のように大きな教祖が座法を組んですわっていた。
満面の笑みを浮かべて、明るくくったくのないいつもの深みのある声で言った。
「どうだデュパ、楽しいだろう」
あまりにも大きい教祖を見上げて、私はびっくりしていた。
「は、はい」と答えた。
教祖はマンガのようにばかでかく、楽しそうに笑っている表情と姿は実にリアルだった。――

夢のなかで、あんなにもリアルな教祖が明るく私の名前を呼んだのだから、今の私に問題などないに違いない。私はそう思って安心しようとした。ずっと後になって、夢やヴィジョンはそれを見た者の心を正確に映し出したものだと学んだ。巨人のような教祖を夢に見たとき、私のなにがか大きく膨らみすぎていたのだろう。巨大化した教祖は、部署の上に立って無意識のうちにエゴを肥大させていた私の心を投影した、自分自身の姿だったのだと思う。無知な私は、夢のなかの教祖が今の自分を認めているという都合のよい解釈をした。
折にふれて謙虚に自分を見つめて反省や懺悔をしなければ、破滅に向かって進んでいくしか道はない。あるとき、だれかが四階建ての「識華」のビルを「デュパ城」と呼んだ。これを耳にしたとき、自分のおかしさに気づくべきだった。ただ、自分がおかしいことを認めるのは難しいものだ。そして、「なにか変だ…」と思ったときにはたいてい手遅れでコントロールできなくなっている。
深夜のファミレスで、三度狂ったような女性を見たとき、私はそれが自分自身の心のあらわれだと気づくべきだった。


2015年09月18日

コメント

No title

デュパ城の女王様だね。(笑)

当時の修行への取り組み方はどんな感じだったの?
強制捜査の前と後での違いとかあった?
  • | 2015-09-19 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> 当時の修行への取り組み方はどんな感じだったの?

強制捜査の動乱時期は別として、これから書きますが富士・上九から撤退しても、破防法が回避できたことで集団修行できる場をその後確保していきます。
サマナは一週間ほどの定期修行と、必要に応じて一か月から三か月の長期修行を織り交ぜながら修行していました。
道場での修行内容は、礼拝や供養や究境という大枠は決まっていて、あとは教学や自分の課題を進めたりでしたね。信徒さんのセミナーも年に二回開催されました。
それまでに教学システムやビデオ、アニメーションなどの教材が作られていたので修行が継続できたということでしょう。修行システムがしっかりあるということはオウムの強みでしょうね。サマナは「懺悔の詞章」の集中修行や各種「秘儀瞑想」の集中修行もできるのですから十分でしょう。
そういう具体的な修行と並行して、ふりかかる困難をどう仏教的に見るかという修行ですね。自分のカルマを証智して悟りを深めるということは、みんな否応なくさせられたと思います。そこらへんの悟りのプロセスは、強制捜査後はステージに関係なく進めていったと思います。私が教団をやめる頃は、成就者よりサマナの方が「空」の認識を深めていた人がいたような印象がありました。
師の人は管理職をやらなくてはいけなくて、なかなかね大変ですからね…(苦笑)
  • | 2015-09-19 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

なるほど、修行システムは完成されているからそれを使ったということで、麻原からの特別な指示はなかったってことだね。

「自分の課題」とは、具体的に何があったの?

そうそう、管理職は大変だよね。(笑)
  • | 2015-09-20 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> 「自分の課題」とは、具体的に何があったの?

自分で決めて進めていた瞑想やマントラです。
具体的にといわれても、いっぱいありますからね。。
  • | 2015-09-20 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

元R師さんこんにちは。
失礼ですがコメントさせてください。
元R師さんの質問は、いつも内容自体は明確なのですが、
毎回質問の「意図」が不明なのが気になります。
正直そこまで個人的なことを聞くのは、元TDさんに失礼というか、
「そこまで細かい質問をして、一体どうしたいの?」と思います・・。^^;
  • | 2015-09-22 | ふー URL [ 編集 ]

No title

特に意図はありません。
事実を知りたいだけです。
  • | 2015-09-22 | 元R師 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する