82.ファイナルスピーチ

教祖逮捕の後、教団を見渡すとステージの高い成就者の半数が逮捕・勾留されているのでは、という状況だった。それでも教団は機能していた。信仰でつくられたピラミッド型組織は、上層部をはぎとられても簡単には崩れなかった。私は、オウム事件は一九九七年か一九九九年、遅くとも二〇〇四年までに起こるといわれていた地球規模の破壊(ハルマゲドン)にむけた、なにか意味のある出来事なのかもしれないと考えた。根拠などなかったが、そう考える以外に説明のしようがなかった。
この頃、教団には大きく二つの流れがあった。一つは教祖を信じてこの厳しい状況を耐え忍び、とにかく出家教団を守り抜こうとする流れ。もう一つは教団を離れて教祖を待つというものだ。もちろん明るみになる教団の犯罪を知って信仰を捨てて姿を消す者も多くいた。

今後どうなるかまったくわからない状況のなかで、出版・編集部は、万が一教団がなくなったとしてもサマナや信徒が法則を学べるように、教祖の説法をまとめる作業を急ピッチで進めていた。ほとんどすべての説法を合本にして全員に渡そうというのだ。教祖の説法や講話は、短いものを含めれば千以上もあり、録音されたものは文字におこされ校正されていた。オウムの編集・デザイン・印刷・製本部門は事件とはまったく関係がなく、人材も大型機械も強制捜査の影響を受けなかったので、驚異的ともいえる早さで説法の合本ができあがってきた。
『尊師ファイナルスピーチ』というタイトルの総ページ数三七一二、小さな文字でびっしり二段組の分厚い四分冊の教典を手にしたとき、私は編集担当者に尋ねた。
「このタイトル、いったいだれがつけたの?」
「尊師にお伺いをあげたらそういう答えだったんだよ。編集部であげたのは『パーフェクトスピーチ』というタイトルだったんだけどね」
という答えだった。
最初の頃は、逮捕・勾留されていた教祖に、私選弁護人を通じていろいろな「お伺い」をあげることができた。説法集のタイトルをどうするか教祖にきいて、返ってきた答えが「尊師ファイナルスピーチ」だったという。
私は不審に思った。
ファイナルスピーチ(最終説法)とはどういうことだろうか?
文字通り受け取れば、今後もう説法はないということだ。私は教祖がこのまま勾留されても、長く続くだろう公判の法廷でなんらかのかたちで法を説くと思っていた。いや、この状況は、日本のみならず世界中の注目を集めて真理を説くために用意されたのではないか、とさえ空想していた。そして、教祖は当然教団に帰ってくる、私はそう思っていた。過去の説法集を「尊師ファイナルスピーチ」と名づけた教祖は、もう帰ることはないと知っていたのだろう。

実際には、逮捕・勾留後もしばらくは弁護士を通じて教祖の講話は送られてきた。高弟の質問に対する答えや修行上のアドバイスのなかで、公開してよいものは各部署のリーダーにメールで送られてきた。サマナはこれを「尊師獄中説法」といってありがたがった。法則を学ぶことは好きだったが、送られてきた教祖の講話には、かつて私が感じたダルマの息吹のようなものはなかったように思う。当時はそういう認識はなく、ただなんとなく獄中説法に興味がもてなかった。説法の内容は「陽身の形成」など高度な内容もあったが、私が知っている教祖の説法は、淡々と法則を説きながらもそのときその場にいる弟子や信徒の心の状態にぴったり合っていて、説法を聴くとすっかり意識が変わったものだ。
獄中説法は、だれも聴くものがいない部屋でただ流れているような、だれに対して教えを説いているのかわからない遠い感じがした。今ここにいる私に語りかけているようには思えなかった。



2015年09月10日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

あのお伺いをあげたのは、わたしですが、
「最後の」という言葉に、えっ?!と驚きはしたものの
そのまま素通りさせました。

それまでに培ったものと
信じたくない
そんなことあるはずがない
という強い思いのエネルギーが優位だったからでしょうね。

教祖逮捕のときもそうでしたね。
車で連れ去られる尊師を確か遠目で見ていたと思いますが
(TVの映像がダブっているかもしれませんが、わりと近くにいたのは確かです)

何の感情もわかなかったんですね

後になって考えて
潜在意識が、受け止められないとして、
大きなブロックをかけていたんだなと思いました。

韓国ドラマで、肉親がなくなったとたんに、大きな声をあげて泣くシーンがよくありますが、わたしはあんなにすぐには反応できないですね。

あのショックは、その後じわじわと慢性病のように、浸透していって
ずいぶん後になって、ああ、自分は大きなショックを受けていたんだ・・・と気がつきました。

すべてを捨てて飛び込み、身をゆだねていたのですから、当然といえば当然かもしれませんが・・・
  • | 2015-09-11 | U  URL [ 編集 ]

Re: No title

事件後、私はある説法の一説がふとよぎるようになりました。
何年の説法だったかわからないのですが、教祖は確かこんなこと言われませんでしたか?

「きみたちは、こうして生活のことを心配することなく修行し、教学できる。このような有暇(うか)があるということを、いつかきっと懐かしむときがくるよ」

まったくそのとおりになりましたね・・・。
  • | 2015-09-11 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

これは、わたしも同じことを思いました。
あと、有暇だけではなく、「わたし(教祖)がいることで、このような修行ができているけれど、いなくなったら、同じような状態で修行できるかどうか・
・・」という意味の発言もありましたね。
それを聞いたときには、一瞬、不安がよぎりましたが、その後、どうなったかと。。。
  • | 2015-09-11 | U URL [ 編集 ]

No title

お~、第一次結集みたいだね。(笑)

確かに、ファイナルスピーチと言うネーミングは違和感があるね。
今までの説法をまとめただけなんだから、説法大全か何かが適当に思える。
普通に考えればファイナルというからには、最後に弟子たちに今まで話してこなかった事を語っていなければおかしいからね。

これはつまり世間の人たちが、麻原が最後に何か特別な話をしたと、錯覚させるためのネーミングだろうと思う。
  • | 2015-09-11 | 元R師 URL [ 編集 ]

結集

結集は仏典の編集会議だったそうですが、文字や映像で教えが残る時代ですから、結集ではないですね。

教祖も残すことを意識していましたね。「きみたちではなく、ビデオに向かって法を説いているんだよ」と。
  • | 2015-09-12 | U URL [ 編集 ]

ファイナルスピーチⅣ

は、西村さんのサイトにもありますね。
当初は不謹慎と思いましたが、
ソンシの法を広める点については意義があったかも。
まあ、それが真理かどうかは定かではありませんけど。

その西村さんに影響されて、
わたしもいろいろサイトを作りましたが、
どれも中途半端で終わってしまいましたね。
オウムについての熱意があまりなかったからかもしれません。

No title

あ、そうだ。
Uさんもブログ始めたら。
  • | 2015-09-15 | No name URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する