73.教祖との距離

一九九四年六月、オウムに省庁制(1)が導入された――というと、なにかすごいことがはじまった印象を与えるが、経理は「大蔵省」に、附属医院は「治療省」、科学班は「科学技術省」、建築班は「建設省」など、各部署の名前が変わっただけでサマナ(出家者)の日常に大きな変化はなかった。この時期サマナの数は千百人を超え、教祖の体調が悪化したこともあって全員を見ることができなくなり、大臣に省庁をまとめる責任と権限が与えられた。(2)オウムの修行の特徴は、グル(教祖)と弟子の一対一の関係にあったのだから、教祖が弟子から遠くなって「神聖法王」という天皇のような象徴的存在になったことは、振り返ってみればとても大きなことだったのかもしれない。
私は、サクラー正悟師を大臣とする東信徒庁(東日本の支部道場を管理・統括する部署)の三人の次官の一人として青山道場に常駐するようになった。教祖と弟子の距離が遠くなったこの時期に、逆に私は教祖と一対一になる機会があったのでそれを書いておこう。

教団にいた間に、私が教祖と二人だけになったことはわずかに二回だった。(私はあまり教祖の近くに行きたくなかったし、盲目の教祖の側にはいつも誰かがいた)。
一度は、支部活動の用事で第六サティアンの教祖の部屋に呼ばれたときだ。先に来ていたサクラー正悟師に教祖は言った。
「サクラー、ももの缶ジュースがあっただろう。デュパに持ってきてやってくれないか」
サクラー正悟師は「はい」と言うと、勝手知ったるという様子で部屋を出て行った。
私は教祖と二人だけになった。
ひとことふたこと言葉を交わしていたと思う。教祖の瞑想室でもある十畳ほどのがらんとした部屋で、私は教祖の問いかけにぽつぽつと答えながら、「あれ?」と思った。
その部屋の空間に透明なエネルギーの波紋が広がっているのに気づいたのだ。透明で視覚的にはきらめいて見える。そして、さざ波のように広がっていく。人は場のエネルギーの良し悪しというものをなんとなく感じているから、良いエネルギー・悪いエネルギーなら想像できるかもしれないが、透明なエネルギーというのはよくわからないかもしれない。そこにあったのは、良いとも清らかとも違う、ただ透明で広がっていくエネルギーだった。
サクラー正悟師が部屋に戻ってきて、教祖が言った。
「サクラー、場所はわかったか?」
このとき私はびっくりした。サクラー正悟師は教祖にとって最も古い十年来の愛弟子だから、「サクラー」と呼びかける声には無意識のうちに親しみがこもるものではないだろうか。ましてそこは公の場所ではないのだ。正悟師に対するときと私に対するときと、教祖の声が完璧に同じだったことに私はぎょっとした。
「サクラー正悟師と私と、ぜんぜん差がない…」
そして、今度はサクラー正悟師が私に話しかけてきた。驚いたことにサクラー正悟師の声も、私より先輩で教祖に近い高弟だという意識による差別が微塵もなく、その空間のエネルギーと同じように透明だった。このときの正悟師は普段とちょっと違うようだった。

もう一度は、ルドラ・チャクリンという薬物イニシエーション(3)を受けたときだ。このイニシエーションで使われた薬は、キリストのイニシエーションほど強烈なものではなく、わりと意識を保ちながら穏やかに潜在意識に入ってくような配合だったらしいが、私はこのイニシエーションで完全に気絶してしまった。これはかなりショックだった。なぜならこのとき私は教祖の誘導瞑想(教祖と一緒に瞑想する)を同時に受けていたからだ。
第六サティアンのシールドルームで蓮華座を組んで座っていると、すぐに深い意識に入っていくのがわかった。ほどなくドアが開いて「どうだ」と言って教祖が部屋に入ってきたが、私はもう答えることも目を開けることもできなかった。近くに教祖が座ったのはわかったが、それからはなにも覚えていない――。
どのくらいそうしていたのだろう。意識が戻ると、かなり時間がたっているように感じた。するとシールドルームのドアが開いた。
「どうだったか。速すぎてついてこれなかったようだな」
通路に立っていた教祖がそう言った。
「縁は深いんだがなあ、まだ思い出していないみたいだな」
教祖が続けてこう言ったとき、なぜか私はシールドルームからばっと外に飛び出して、立っている教祖の足元に土下座して懇願していた。
「どうか、もう二度と、二度と私を支部へ戻さないでください。お願いします。私にはまったく四無量心というものがないんです。なにもありません。絶対に、支部に戻さないでください…」(4)
イニシエーション中のことはなにも覚えていなかったから、どうしてこんな行動をしてこんなことを言ったのか理由を聞かれてもわからない。ただ、私はまるでなにかに圧倒されて、自分の卑小さを嫌というほど思い知って打ちのめされた人のように反応していた。
「四無量心がなければ、つちかえばいいじゃないか」
教祖はあっさりとそう言った。隅っこに置かれたデッキからは、オウムの曲「ウマーパールヴァティーの愛」のゆったりとした旋律が流れていた。


(1)全部で22省庁。新たにできた「法皇官房」は、薬物イニシエーションで大きな役割を果たした。省庁制の発足式の直後、松本にサリンがまかれた。
(2)省庁制について教祖は「破防法」弁明手続で次のように説明している。
「私の体調が非常に悪くてですね、それによって私の責任分担みたいなものを軽減したいということがございました。したがって、たとえば部・班制と、それから省庁制の違いは何かというと、ポイントとなる人事権と言ったらいいのでしょうか、たとえばトップの人、大臣とか長官と言われている人たちが次官を任命できるとか、あるいは自分たちの省庁の中にいる人たちについては、しっかりと全部管理運営するということが第一点のポイントでございます。それから、第二のポイントとしましては、サマナの数が多くなりまして、それによって、要するにどんどん私との距離が遠くなりまして象徴化みたいなものが行なわれたということです。
ですから、大体この二点がポイントでして、一般に言われている、権力が私に集中したのではなくて、逆に権力の分散が図られたということでございます。」
(3)「ルドラ・チャクリンのイニシエーション」は、「キリストのイニシエーション」を改良した薬物イニシエーション。
(4)四無量心(しむりょうしん)は、仏教の四つの偉大な心の働き。「慈」「悲」「喜」「捨」。



2015年08月11日

コメント

エネルギー

興味深い時期のお話、ありがとうございます。

ただ、”エネルギー” という用語を多用し過ぎかと思います。オウム関係者に特有の言い回しかなと。もしかすると、スピリチュアル系でもかなり出てくるかも知れないですが。。このくだりになると、よく分からないが実感です。
対する相手との間で、そのような”エネルギー” をしょっちゅう感じているのですか?
今でもそうですか? それだけで疲れてしまいそうです。サイエンスの用語とは違うと思うので、自分としてはもう少し分かりたいところです。
  • | 2015-08-11 | 匿名 URL [ 編集 ]

No title

相変わらずTD師らしいねえ。(笑)

謙虚と言うべきか、卑屈と言うべきか。
  • | 2015-08-11 | 元R師 URL [ 編集 ]

No title

「土下座して懇願」、、
それだけ帰依していた、教祖に信頼を置いていたということは、十分に分かりました。同行取材も多かったのでしょう。その点は在家信者とは違うということですよね。距離ということで言えば、在家信者の場合には、教祖はかなり遠い存在でしたから。むしろ、支部の正悟師、師の方に信頼を置いていた面が強い。そんなあなたがどう区切りを付けたのか、そこが伺いたい点です。連載の中で語られるのを心待ちにしています。
  • | 2015-08-12 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: エネルギー

> ただ、”エネルギー” という用語を多用し過ぎかと思います。オウム関係者に特有の言い回しかなと。もしかすると、スピリチュアル系でもかなり出てくるかも知れないですが。。このくだりになると、よく分からないが実感です。
> 対する相手との間で、そのような”エネルギー” をしょっちゅう感じているのですか?
> 今でもそうですか? それだけで疲れてしまいそうです。サイエンスの用語とは違うと思うので、自分としてはもう少し分かりたいところです。

コメントありがとうございます。

ごめんなさい。私には「エネルギー」としか言いようがありません。
対面する相手のエネルギーをしょっちゅう感じてはいません。それに感応していたら確かに疲れるでしょう。
当時は対面する相手がオウム以外の人の場合によく感じました。今は感じませんよ。

「空間に広がる透明なエネルギー」は人を疲れさせません。
このエピソードでは教祖のいる場所でこのようなエネルギーを感じましたが、オウムをやめてからオウムとは関係のない場でまったく同じ経験をしたことがあります。つまり、このエネルギーは厳密に言えば対象からやってくるわけではない、と私は理解しています。修行者のタイプによって認識は違うと思いますから、あくまでも私の理解ということです。
  • | 2015-08-12 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> 「土下座して懇願」、、
> それだけ帰依していた、教祖に信頼を置いていたということは、十分に分かりました。

土下座することと「帰依」は別次元だと思いますけど。
そういう読み取りもできるんですね。意外でした(笑)
元R師のおっしゃる、「卑屈」の方が「そうなんだよなあ」と同感しています。
  • | 2015-08-12 | 元TD URL [ 編集 ]

日ごろの感想です。

一応、1から読んでいますが・・・
全部内容を覚えているわけではありませんけれど、と前置きをして。
結局の所、元TDさんの現在の思想的な立場というのはどこにあるのでしょうか。読解力が無くてごめんなさい(笑)
私は誰かに責任があるとか無いとか言うつもりは全くないのですが、
一時でも信徒さんを引っ張ってきた立場にある方たちの現在の状況というのが、
ちょっと気になっています。
人間として、こっちが正しいと思ってオウムに引っ張っていたのだと思います。
では現状どうなのでしょうか?
もし、何か他に素晴らしい道があったのなら、そこに元信徒さん達を引っ張るべき?教えてあげるべき?
ではないかと思ったりもします。少なくとも知らせて欲しいかなと。
しかし、過去や現在の心境をブログに書いて終わりではさびし過ぎると思います。少なくとも過去、「師」と呼ばれた人達にはどれだけの人望が集まっていたことか。
それを思うと、もっと、元師の方々が修行に導くなり、全く別道に導くなり、
あっても良いと思うのですが、あまーりみかけません(笑)
おそらく、元師の方々には今でも元信徒にあってはそれなりの霊性や真理との縁
みたいなものを感じることができるはずであり、その元師の方々が今何を考え、
今何を行動しているのか、ということは非常に大きい・・・と思うのですが、
皆さんそれぞれの生活をされているのでしょうけれど。
じゃあ、それぞれの生活、それぞれの見解を少しでも公表して頂ければ幸いと。
思ったりもしまーす。
気分を悪くなさらないでください。
今後ともお話をお聞かせ下さいね・・・・
ではでは。
  • | 2015-08-13 | 魔人です URL [ 編集 ]

Re: 日ごろの感想です。

>魔人さん

ここまでの感想ありがとうございます。

おそらく、魔人さんは、私の責任と今の立場と思想について、いったいどこに書いてあるのだろうと思いながら1~73までを読んでこられたのだと思います。ご苦労様でした。
そういうことは書いてありませんから、魔人さんの読解力の問題ではありませんよ。

私が書こうと思っているのは、立場の表明でも思想のプロパガンダでもなく、あえていうなら一つの物語です。なぜ今、オウムについて物語る必要があると思うのかは、長くなるので説明は控えさせていただきますね。物語るということは、魔人さんが期待されていることとは違うと思いますから、この先を読まれても「無駄だった」と後悔するかもしれません。貴重な時間を奪う結果になるのは本当に申し訳ないのでご忠告します。

  • | 2015-08-13 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

ご回答ありがとうございました。
何故か元TDさんがケンカ腰なので、自分のコメントを反省しております。
ごめんなさい。失礼しました;
私は何も期待しておりません。
何かあるかなと思って読んではいますが特別な期待ではありません。
では、大変失礼しました・・・。
  • | 2015-08-13 | 魔人です URL [ 編集 ]

Re: No title

> 何故か元TDさんがケンカ腰なので、自分のコメントを反省しております。
> ごめんなさい。失礼しました;

こちらこそ。ケンカ腰に聞こえたらごめんなさい。
ほんと、コメントの返事は難しいですね。気をつけます。
ありがとうございます。
  • | 2015-08-13 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する