70.キリストのイニシエーション

修行者は病気になっても薬は使わず修行で治そうとする。薬を飲むと「気」の流れが阻害されるからだ。私もオウムに入ってからは薬を飲んだことも病院に行ったこともなかった(そもそも風邪さえひかなかった)。それほど薬を忌避していたオウムで、一九九四年六月から全サマナと信徒を対象に薬物を使った「キリストのイニシエーション」がおこなわれるようになった。このイニシエーションはLSDを使って内的体験をさせるもので、もちろん当時は薬物が使われていることは知らなかった。(1)

イニシエーションが行われた場所は第二サティアンだった。
「これからキリストのイニシエーションをおこなう」
教祖が宣言すると順番にやや黄みがかった透明な液体が入ったワイングラスを渡された。
「これくらいで飛ばされるようでは修行者ではないぞ」
そう言われて、「意識を保たなければ」と気を引きしめイニシエーションを飲みほした。二畳ほどの広さのシールドルームへ行って、しっかりと座法を組んで瞑想に入ると、すぐにしびれるような感覚があり潜在意識に入っていくのがわかった。薬物が入っていると言われれば「そうだろうな」と思っただろうが、そのときは起こっていることに集中していて、あれこれ考える余裕はなかった。
蓮華座を組んで座っていると、部屋の外からなにやら騒がしい声が聞こえてきた。どこかで誰かが叫び声を上げている。
「なんだろう、騒がしいなあ…」
そう思っているとドアが開いて、医師のヴァジラティッサ師(中川智正死刑囚)が顔をのぞかせて言った。
「大丈夫ですか?」
開いたドアの向こうから人の叫び声と、それを落ち着かせようとする看護師らしい女性の声がはっきりと聞こえた。
「ええ、大丈夫です」と答えた。
私は座法を組んだまま、ともすれば飛ばされそうになる意識をなんとか保とうとしていた。遠のきつつある意識のなかで、「これはあまり気持ちのいいものではないな」と思っていると、そのうちに現実なのか幻影なのかわからないヴィジョンがあらわれた。

気がつくと、ステージの高い正大師・正悟師四、五人とヴァジラティッサ師が私をとりかこんでいた。そのとき、私は現実に彼らが部屋に来ているのだと思っていた。
「マハームドラー、マハームドラー」
ミラレパ正悟師(新実智光死刑囚)を先頭にして、口々にはやし立てるように言いながら、座っている私のまわりをぐるぐると右回転で走りはじめた。ダダダッと走る彼らのスピードが速まり、頂点に達したところで、今度は私が彼らに向かって鋭く「マハームドラー!」と一言叫んだ。
マハームドラーとは「心のあらわれ」という意味だ。この世界は心のあらわれであり、実体のない幻影のようなものだという「大いなる空性」(マハームドラー)を悟ることが、クンダリニー・ヨーガの次のステージの課題だ。
私が「マハームドラーだ!」と叫ぶと、次の瞬間彼らは一枚の紙切れのように外側にペラっと倒れた。そしてすぐさま、また同じ人物たちがあらわれて「マハームドラー、マハームドラー」とはやし立てながら私のまわりを回転する。回転速度が頂点に達すると、私は「マハームドラーだ!」という強い言葉を投げかける。すると彼らを含む私をとりかこむ世界は、ぺらぺらの紙になって倒れてしまう。
私はシールドのなかで意識がある間ずっと、現実だと思っている世界が実体のない紙芝居のような世界に変わるという経験を繰り返していた。
「終りました」と告げに来たヴァジラティッサ師に「どうでしたか?」と聞かれた。
「疲れましたよ…」
私はため息とともに言った。どのくらい時間が経ったのかわからなかったが、「マハームドラー!」という短い叫びを繰り返してエネルギーを使い切ったような感じがした。
「裸になって暴れて、シールドから飛び出す人もいるんですよね…」
座法を組んだままヴィジョンを見て叫んでいた私の状態は、まだましだと言いたい様子だった。
キリストのイニシエーションの最後は「温熱修行」だった。薬物の影響が残らないように、五十度の温かい飲み物を一リットル飲んで、四十七度のお風呂に十五分間入る温熱修行を、休憩を入れながら数回くり返した。
ユニットバスがぐるりと十ほど並べられた大きな部屋で、看護師資格を持つ師が監督して温熱修行が始まった。私が入ったユニットバスは、ちょうど監督がいる場所から死角になっていた。温熱修行も二巡目に入って監督の師も疲れていたのだろう、一人一人の様子を見にくる気配はなかった。
「あれ、これなら見えないな…」
温熱修行に限らず苦行が苦手だった私は、首までお湯につからないで十五分間をやり過ごし、最後はバスタブの端に腰掛けて足だけ湯につけていた。(2)

私にとってキリストのイニシエーションの体験は、極厳修行の内的体験ほど微細なものではなかった。「尊師、尊師」と教祖を呼び続けた人や、「救済、救済」と叫んでいた人もいたようだから、私が「マハームドラーだ!」と叫んでいたのは、マハームドラーの悟りを得たいという思いが強かったせいかもしれない。他の人たちの体験談を聞いてみると、キリストのイニシエーションによって良くも悪くも強烈な体験をしたようだった。
イニシエーションの体験は教祖に報告され、内容によってステージ昇格が認められ、一年以上ぶりに多くのクンダリニー・ヨーガの成就が認定された。
教祖は、その後も大勢のサマナと信徒に薬物イニシエーションを続けるが、その数は延べにして最低でも三千五百人を超え、もしかすると五千人以上になるかもしれない。(3)何千人もの人間の潜在意識の扉をこじ開ければ、そのすべてのカルマは教祖が背負うことになる。膨大なカルマを背負うことが「キリスト」と名づけられたイニシエーションの本当の目的だったのだろうか。

キリストのイニシエーションとほぼ同時に「省庁制」がスタートする。省庁制について、一般に「教祖に権力を集中させた」と言われているが、それは逆で、それまで教祖に集中していた権力を大臣を置くことで分散させたものと思われる。そうして教団の運営からは距離をおいて、カルマを背負って「キリストになる」自らの運命を歩みはじめたと考える方が実態に合っている。元幹部の話では、それまでは教祖に直接聞くことができたが、省庁制がはじまってからは「今後は大臣を通すように」と言われ、教祖との間に距離ができたと感じたそうだ。林郁夫受刑囚も同様のことを著書に書いている。
キリストのイニシエーションに並行して、教祖はサリンやVXガスなどの化学兵器(毒ガス)による外部攻撃を行っていった(六月二七日松本サリン事件)。世紀末、世界の終わりにカルマを背負って「キリストになる」という宗教的信念のもとに、教祖は破滅へと突っ込んでいったのではないだろうか。


(1)教祖は「LSDは、なぜか徳が減らないんだよ」と言ったそうだ。薬物を使うと徳が減るというデメリットがあるが、LSDにはそういうことがないと評価していた。
早川紀代秀死刑囚の著書によると、LSDの原料はロシアから持ってきたものである。
(2)温熱修行は危険なので、必ず医療関係者が付き添うよう決められていた。
(3)薬物イニシエーションを受けた正確な人数はわからないが、六月から翌年二月頃までずっとおこなわれていた。受けた人の体験談など、すべての資料は強制捜査の前に破棄された。
薬物イニシエーションの体験は、その人の潜在意識の体験であり、すなわち死後体験(バルドー体験)だと考えられていた。
オウムでは修行によって徐々に潜在意識へアプローチしていたが、キリストのイニシエーションでは薬物によって一気に潜在意識に入れた。修行の土台がない人は、気絶状態でなにも覚えていなかったり、ひどく暴れたりもしたが、多くの人が意識の深層を体験した。
一九九四年二月には、ロシアのオリンピックスタジアムでロシア人一万二千人を集めて「グルヨーガ・マイトレーヤ・イニシエーション」がおこなわれた。宗教的には、これまでにない規模のカルマを教祖は背負ったことになる。


2015年07月29日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

薬物によって徳を高めて、心の健康を回復するという手法もあるみたいです。
それは人からの賞賛を代替するものらしいです。
  • | 2015-07-30 | 三橋 URL [ 編集 ]

No title

温熱ずるしちゃだめじゃん(笑)
  • | 2015-08-03 | 元真面目なサマナ URL [ 編集 ]

No title

キリストのイニシェーションを受けるにあたって 一つの発願をし続けました。
その発願あるがゆえに 95年以降現世に放り出された後の四面楚歌状況で何度も信仰を捨ててしまおうと思いましたが その度に不思議な現象が生じて、気が付くと信仰を深めていた...の繰り返しでした。

キリストのイニシェーションでは どんな体験をするか(したか)よりも もっと深い意味合いがあったような気がしています。

このブログを読みながら時には書き込みをさせて頂く事で より深く自分自身を見つめ直すことが出来ていて とても助けられています。

ありがとうございます。

Re: No title

> このブログを読みながら時には書き込みをさせて頂く事で より深く自分自身を見つめ直すことが出来ていて とても助けられています。

ありがとうございます。
私はオウムで経験したことを書き残しておこうと思って綴っています。
こうして別の人が別の立場で経験したことを書き込んでいただくことで、より厚みのある記録になるのではと期待しています。
よろしくお願いいたします。


  • | 2015-09-26 | 元TD URL [ 編集 ]

2.26事件

当時、キリストを2回受け、出家直後にもかかわらず、ホーリーネームをいただきました。そのうち1回は、なにか近未来のことなのか、一風変わったビジョンを経験しました。世界、世間が大騒ぎの中で、救済活動に命をかけてきたはずなのに、何か大きな事件を起こしてしまい、自分や多くの仲間が獄中に囚われ、死刑判決を受け、!というようなまるで2.26事件の時の青年将校のように、国のためと思い決起したのに、結局処刑がきまって獄中から天皇を恨んでいるかのような、そんなビジョンだったのです。それから、1年を経ずして、このナゾが解けました。微罪容疑で、指名手配された関係で、教団の指示により出頭、逮捕され、バカバカしいほどのマスコミの報道と喧騒。自分の身に何が起きたか最初はよく理解できずにいました。勾留中に、教祖の逮捕の報に接しても、覚悟はしていたので、イエスキリストの弟子みたいにならなくてよかったという安堵だけでした。しかし、林郁夫の自白したという内容は、人生最大の衝撃でした。命がけで、全てを投げだしてまで実践しようとした、教団をとうしての救済活動はもはや終わってしまったのだという、どうしようもない虚脱感に、しばらくぼーとしていたように思います。と同時に、あの時のキリストのイニシエーションのビジョンの意味が了解できたのです。3週間の拘留後、保釈になりましたが、前日に脱会届けを自発的に書きました。シンクロニシティの話もでてきましたが、今回21年目にして初めて明かす体験談です。
  • | 2015-10-31 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 2.26事件

> シンクロニシティの話もでてきましたが、今回21年目にして初めて明かす体験談です。

あなたの物語を聞かせてくださって、ありがとうございます。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する