62.支部活動へ

私は富士の編集からパソコン通信を使った布教活動(オウム真理教ネット)に異動することになった。異動の理由は、編集部での権力闘争に敗れて左遷されたようなものだった。この闘争については、教祖が説法で「TBとTDの戦い」と言って取り上げ、教材にも使われたのでサマナならだれでも知っている。大まかにいえば、成就者として編集部に戻ってしばらくすると、一人のサマナが反抗するようになった(よく考れば彼女は私に似た性格だった…)。言うことをきかせようと、同じ時期に成就したTB正師と結託して戦っているうちに、お互いに嫌悪が増大して、権力闘争に発展して私が負けたということだ。
成就者といっても煩悩がなくなったわけではないので、なにかのきっかけで嫌悪や愛著などの煩悩に引っかかると、クンダリニー・ヨーガを成就してエネルギーが強くなっているだけに、結果は悲惨なものになってしまう。そういうときには法則を学び直し、とらわれている煩悩について思索し、修行して乗り越えていかなくてはならないのだが…。
パソコン通信「オウム真理教ネット」のホストは、東京世田谷の上町にあるオウム出版営業部が入っている一軒家の一室にあった。私はそこでインターネットを通じた入信活動を一人ですることになった。一九九二年インターネットの黎明期、オウムはいち早くパソコン通信を使って布教活動をはじめていたが、ネットの人口はまだそれほど多くなかったので、閑職にまわされた私はひどくプライドが傷ついた。ただ、編集部で私と権力闘争をして勝利したTB正師がその後すぐに破戒して下向したことを考えると、上町で一人でこもっていたのは、頭を冷やすにはちょうどよい環境だったのかもしれない。
そして、一か月もすると世田谷道場へ異動になった。クンダリニー・ヨーガの極厳修行を終えたとき、希望する部署を書いて出すように言われて、私は「支部活動」を希望したのだが、それを聞いた教祖は少し考えて「支部は、まだ早いな…」と却下したので、このタイミングで世田谷道場に配属されたのは意外だった。

信徒時代に通っていた世田谷道場に成就者として配属されるのは、ちょっと誇らしい気持ちがした。そして、成就者として体験談を発表したり、勉強会で説法をすれば傷ついたプライドはすぐによみがえった。(全然懲りていなかったようだ…)
救済の最前線である東京の道場は、多くの信徒や一般の人が出入りして活気があり、富士の閉鎖的な生活とはまったく違っていた。支部の役割ははっきりしていて、お金と人を集めること、集めた人を教化し修行させることだった。具体的には、「来道させる」「布施を集める」「教学させる」「入信を増やす」「イニシエーションを受けさせる」「出家させる」ことが、活動のすべてと言ってもよかった。特に布施と入信の結果を出そうと皆懸命で、それは普通の会社で営業成績を競うことと変わらなかった。
編集部で厳密に法則に沿って書くことを教え込まれていた私は、支部ではずいぶん乱暴に法則が説かれているのに驚いた。成就者のなかには、自分の法則を説いているような個性的な人もいてびっくりした。それでもオウムという強烈なエネルギー磁場のなかでは、「グルを意識しましょう」「帰依ですよ。帰依」「徳を積みましょう」「布施をしましょう」「導きましょう」「カルマですね」「縁がありますね」「解脱するしかない」「救済、救済」という単純なセリフだけで、人とお金はおもしろいように動いた。信徒は、真理に導きたい友人・知人を成就者に会わせ、成就者はとにかく入会させ、できるだけ早くイニシエーションを受けさせ、オウムのエネルギーと結びつけようとした。その流れに入れさえすれば、自然に霊的な覚醒が起きることを、成就者はもちろん信徒も身をもって経験していた。

私は世田谷道場でたくさんの入信案内をするようになり、どういう人がオウムに入って、どういう人が入らないかが、ぼんやりとわかるようになった。もともと真理を求めている、解脱に興味があるような人は本を読んで勝手に入ってきた。そして、人として大地に根を張っていないような感じの人、世間の枠に入りきれない苦しさを感じている人は入った。若い人に多いが、家庭や仕事を持っていてもそういう人はいる。その人たちに、「修行であなたは変わる」「解脱すればあなたは変わる」という話をして、背中を一押しすると、まるで一陣の風に舞い上げられた木の葉のように、ひゅっとオウムの世界に巻き込まれた。
私は自分とよく似た人を相手に入信案内をしていた。


2015年06月11日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

いやあ、懐かしい。
懐かしくて、泣けてくる。(笑)

説法を聞く限りでは、B姉さんが一方的に悪いという印象を受けたけど、そうでもなかったんだね。
あの後で、青山でB姉さんに会ったけど、元気そうで安心したよ。
  • | 2015-06-13 | 元R師 URL [ 編集 ]

No title

その「TBとTDの戦い」ですが、ata説法集の中に載っていました。
やはり、サマナ用説法のようです。
信徒用機関誌では見かけたことがありませんでしたから。

あの聞き分けのない?方は、N.M.となっていました。
説法中では実名ですけど。

そういうことって、出家者間だけではなくて、
わたしの周囲でもありましたね。
ある特定人物を排除するために嫌悪の強い者同士が組んだとしても、
それを成し遂げた後は、その共闘は長続きしないという風に。
あ、政治の世界でもあるような。

  • | 2015-06-13 | yasu URL [ 編集 ]

Re: No title

> 説法を聞く限りでは、B姉さんが一方的に悪いという印象を受けたけど、そうでもなかったんだね。
ないです、ないです(苦笑)
  • | 2015-06-13 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

yasuさん、「嫌悪」と「闘争」について思索する良いきっかけになればうれしいです。
  • | 2015-06-13 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

友達が、わたしが夢で見たビジョンのような場所を訪れたり、真理という言葉をこっちが使ってもいないのに 真理 真理 真理と三回もブログで書いてます。不思議な現象です。ビジョンー崖の上にオウムの道場がある。下は海岸。
  • | 2015-06-16 | 三橋 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する