59.ガンガーの祝福

サマナのインド修行から三か月後、三百人をこえる信徒さんと仏跡を巡礼するインド・ツアーが行なわれた。教団はじまって以来の大規模な海外ツアーだったこともあり、取材班は万全の態勢で臨んでいた。ところがツアーの日程が進むにつれて、取材班の責任者スッカー師の表情はくもりがちになっていた。参加者への取材は順調に進んでいたが、教祖の映像がなかなか撮れなかったからだ。ツアーのあいだ教祖は列車内でひたすら神々に果物を供養して、おりてきた大量の供物はそのまま参加者のイニシエーションとして配られた。教祖の顔色はみるみる黒ずんでいき、イニシエーションによってエネルギーを交換している様子がそばで見ているとよくわかって、とてもカメラを向けられる状況ではなかった。それでなくてもインドの列車の照明は暗すぎて、写真もビデオもまともに撮れるようなチャンスはなかった。
「撮影のために特別時間を取ってもらえないか、尊師にお伺いしてみるわ」
体調を気遣って様子をみていたスッカー師も、迷った末にとうとう教祖に相談しに行った。
「明日の朝バラナシに着いたとき、撮影の時間を取ってもらえそう。数時間停車するみたいだから」
巡礼ツアーでは、信徒さんの修行の様子や集合写真を撮ることで忙しく、教祖も一人になることがなかったので、私は写真を撮ることは半ばあきらめていた。信徒さんから離れて撮影のための時間を取ってもらえるなら、教祖らしい写真が一枚でも撮れるかもしれない。

バラナシに着いたのは未明だった。
あたりがぼんやり白みはじめてくると、有名なガート(沐浴場)の観光客相手のボートを三そう借りて、教祖とマンジュシュリー正悟師、カメラ担当のスッカー師と私、ビデオ・カメラ担当のI君とN君がそれぞれボートに乗り込んで、ガンジス川の上で撮影することになった。
「聖都バラナシ、聖なるガンガー。ロケーションは最高だな…」
そう喜んだのもつかの間で川岸を離れるとすぐに、地面の上なら自分の足で走り回って好きなアングルで撮れるが、ボートの上ではそうはいかないことに気がついた。
「舟の上で撮影するなんて、だれが考えたの…」
教祖の後ろにボートをつけられて、どうやっても背中しか撮れない状況にあせった。
「あっち! あっち!」
スッカー師が手振りを交えて大声で指示するうちに、インド人の船頭にも意図が伝わったのだろう、教祖の撮影がしやすいようなポジション取りをしてくれるようになった。

まだ明けやらぬ静かなガンジス川には朝もやが漂っていた。船頭がボートをこぎ、中央にマンジュシュリー正悟師がカメラを持ってすわっていた。ときおりオールが水面を打つ音がこだました。教祖は船尾でリラックスしていたが、すぐに表情が変わって蓮華座を組みなおしマントラを唱えはじめ、その音に合わせるようにさまざまな手印を組みだした。写真を撮りながら、私はファインダー越しにあたりの変化に気づいた。
「光が…。こんなの、見たことない…」
私は息を止めて高速でシャッターを切った。朝日が昇ってくるにつれて、水面にかかっていた朝もやは精妙なフィルターのようになったのか、朝の光が透過してあたりはさまざまな色に染まっては変化していった。最初は一面輝く朱鷺色に染まった。こんな光の色はこれまで見たことがなかった。総毛立つような感覚のなかで、私は二台のカメラを駆使して写真を撮った。次に光は輝く薔薇色に変わった。全身が震えそうになるのをがまんして、私はファインダーに額をぎゅっと押し当ててシャッターを切り続けた。
教祖はマントラのスピードを上げて次々と多彩な手印を繰り出している。昇りつつある太陽のエネルギーと連動しているかのように、マントラのヴァイブレーションが力強く響いてくる。あたりは薔薇色からオレンジ色に染まって、オレンジの輝きが増したと思った瞬間に、今生まれたばかりの太陽の輝く透明な光に包まれた。
あっという間にフィルムを使い果たして、私はあわてて二台のカメラのフィルムを新しいものと交換した。教祖はずっとマントラを唱えて流れるように手印を組んでいた。いったいぜんたいどうしてこんなに多くの手印が次々と繰り出せるのだろうか、どこでだれに習ったものか、そもそも習っておぼえたものなのかどうか…この人はいったい何者なんだろう…と思いながら、完全に昇った太陽の光の中で、私は少し落ち着きを取り戻しながら写真を撮っていた。列車内では黒ずんでいた教祖の顔はすっかり輝いていた。マントラが終わり、教祖は再びリラックスした表情で中空に視線を送りなにかを感じているようだった。このとき遠くを見るようにして微笑んでいる教祖を撮った一枚は、顔に光がきれいにまわってやわらかな表情をよくとらえていた。背景にはガートの建物が写って異国の雰囲気があり、この写真は大判のポスターにも使われた。

聖都バラナシのガンジス川で、わずか二十分ほどで撮った写真にはいいものがたくさんあった。私なりの傑作もあったかもしれない。にもかかわらず、私には良い写真を撮ったという満足感はなかった。なぜなら、テクニックも、感性も、意図も、あのときなにも働く余地はなく、私はただシャッターを切っていただけだった。あの神々しいまでの光の到来は、どんなフィルムにも写し撮ることはできない。カメラなんか放り出して、圧倒的な奇跡のなかに、ただそこにいるだけで本当はよかったのかもしれない。


2015年06月06日

コメント

No title

相変わらずいい仕事してるなあ。

だけど、光は目に見えるけど、カメラでは写せないんだねえ。
  • | 2015-06-08 | 元R師 URL [ 編集 ]

修行

元TD師さま
今は修行はされているのですか?
  • | 2015-06-09 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 修行

> 今は修行はされているのですか?
いいえ。修行している人は、こんなに長い物語は書かないでしょう(笑)
  • | 2015-06-09 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

やっぱり尊師は凄い人だったんだなぁと思いました。
  • | 2015-06-10 | Aleph信徒みにろ URL [ 編集 ]

Re:Re: 修行

この連載を読むと、オウムの修行の素晴らしさを賛辞しておられるようにも思うのですが、修行から離れてしまった理由は何ですか? 指導者不在では、やる気にならない? 一人では無意味? あの時代ですでに充足した? 是非お聞かせください。
  • | 2015-06-10 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: Re:Re: 修行

> この連載を読むと、オウムの修行の素晴らしさを賛辞しておられるようにも思うのですが、修行から離れてしまった理由は何ですか? 指導者不在では、やる気にならない? 一人では無意味? あの時代ですでに充足した? 是非お聞かせください。
オウムの事件とはなんだったのか、はっきりと自分のなかに落ちるまで、修行はしないと思ったような気がします。
  • | 2015-06-10 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

お~、まだ結論は出てないんだねえ。
  • | 2015-06-10 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> お~、まだ結論は出てないんだねえ。
これを書きはじめた以上、結論に向かっているのですが…(笑)
  • | 2015-06-10 | 元TD URL [ 編集 ]

近況をお知らせください

 インド旅行、懐かしく思います。また、元TD師のコメントの書きぶりからすると、お元気そうに感じられまして、ちょっと安心しています。いろんな説法を聞いておられるとは思いますが、結論に向かっているとのこと、先を急がせるつもりはないですが、期待しております。現在のアレフ、ひかりの輪、三女らの動向についてもコメントいただけると参考になります。特に、ひかり のスタンスについてはどうでしょうか。(自分はたまに、ひかりの講話を聴くことがあります。)
 修行は一生をかけてやるものではないかと思っております。あの教団で、ある段階までいかれた方ということで、修行から離れてしまっておられるというのは残念です。仏教の教えからも距離を置いてしまわれているのでしょうか? また、何話目かでサクラー正悟師との関わりも述べられていましたが、今どうされているか、その辺りのことも伺いたいです。今後の連載に期待しております。
  • | 2015-06-10 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 近況をお知らせください

こんにちは。
インド巡礼ツアーを思い出していただけたならうれしいです。
現在のアレフやひかりの輪の方々とは、脱会してからすっかりご無沙汰しています。麗華さんのご著書は読ませていただき、成長されたなあと感慨深いものがありました。どのようなスタンスであれ、オウムという重い経験を背負って、みんな大変だろうと思います。
近況は、なんとか元気ですよ^^
今後ともよろしくお願いいたします。
ps.真理の探究はしています。
  • | 2015-06-11 | 元TD URL [ 編集 ]

Re:Re: 近況をお知らせください

>真理の探究はしています。
脱会以降も研鑽を積まれていることと思いますので伺います。今の時点でということで結構なのですが、これは良い、と思えるような教団はありますか?
  • | 2015-06-21 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: Re:Re: 近況をお知らせください

> 脱会以降も研鑽を積まれていることと思いますので伺います。今の時点でということで結構なのですが、これは良い、と思えるような教団はありますか?
脱会してから、新しい指導者を求めようとも、新しい教団を探そうとも思ったことがありませんので、わかりません。



  • | 2015-06-24 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する