FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

45.ゆれる

出家して二年目になると、私は取材や撮影という目先の餌で引っ張られても、「もうやっていけない」と感じるようになった。これといった理由はないが「現世に戻ろう」と四六時中考えていた。出家者同士で恋愛関係にでもなれば、二人で現世へ戻りたいと思うものだし、少なくないサマナがそういう理由で突然いなくなり還俗していった。出家をやめて現世に帰ることを、オウムでは「下向(げこう)」といった。私の場合は「現世でやるべき仕事があるのでは?」という漠然とした思いがあり、出家と現世の間を「こちらがいいか、あちらがいいか」と心が揺れた。オウムではそういう状態のことを実際「ゆれる」と言った。「あのサマナはゆれている」というのは、内心で下向を考えているという意味だ。

クンダリニー・ヨーガ成就のための極厳修行は変化していった。その頃、富士道場で行われていたのは「経行(きんひん)教学による極厳修行」というもので、ひたすら説法を声に出して読み、教学試験を受け、富士道場から上九一色村の第二サティアンまでの往復約二十キロの道のりを、白い頭巾をかぶって早足で歩くというものだった。
目の部分に二つ穴を開けた白い袋状の頭巾は、子どもが幽霊の扮装に使うような代物で、それを頭にすっぽりとかぶった白装束の集団が、緑の丘陵地帯を列を作って早足で歩くのはなんとも異様な光景だった。頭巾で頭全体を覆うのは、修行に必要なツゥモという熱を起こすためと説明されていたが、真相は、親が「被害者の会」に入っている修行者が、経行の途中で見つかって拉致されないよう顔を隠すためだったらしい。とにかく、その格好で公道を歩く姿があまりにも奇異で極厳修行への意欲が減退した。
また、「大師」だったクンダリニー・ヨーガの成就者の称号が、ある時期から「師」に変わった。クンダリニー・ヨーガの体験はしても、その後エネルギー状態を保てず、破戒する成就者が出てきたからだ。そういうことも、「解脱を経験してみたい」という私の心をくじいた。霊的な体験と人格は関係がないと理解してはいても、「人格が変わらないような成就に意味があるのだろうか?」という疑問がつきまとった。

私は南伝チームから外報部に部署異動になった。アパーヤジャハ正悟師(青山吉伸元弁護士)が率いる外報部は、波野村の住民票不受理や国土法違反による強制捜査など、社会との対立を深めていたオウムのサマナの人権を守るための部署だった。
「アパーヤジャハはお前のことを信頼しているんだぞ。いいな。しっかりやれよ」
教祖は、正悟師が私に信頼を寄せていることを強調した。でも、アパーヤジャハ正悟師と個人的なかかわりはほとんどなかったので、「いったい、正悟師はどこで私を信頼してくれたのだろう…?」と疑問に思った。
今考えてみると、ゆれていた私に教祖の指示で対応した男性成就者は、マイトレーヤ正悟師とアパーヤジャハ正悟師だった。どちらも頭脳明晰で弁舌に優れ、真面目すぎておもしろ味に欠けるところはあるが、たしかに私の好きなタイプだった。おまけに「信頼している」と言われたら私は裏切れない性格だから、教祖の何気ない采配には絶妙なものがあった。
また、私がゆれているとき、必ずといっていいほど近づいてきて、話しかけてくるRという女性サマナがいた。Rは破戒の多い問題サマナだといわれていて、特に男性修行者は絶対に近づいてはならないと、教祖から不名誉な太鼓判を押されていた。それでもグルに対するRの思いは強かった。
「ほんまにグルはすごいわあ。すごすぎるわ。うちらのこんな穢れたカルマを背負って、解脱に導いてくださるなんて、ほんまにありがたいことやわあ。グルに帰依するしかないのんよねえ…何万カルパ何十万カルパでもグルについていける弟子になりたいわあ」(*)
グルへの限りない思いや、帰依することの素晴らしさを、Rはまったりとした京都弁で一方的に話してくる。友だちでも同じ部署でもないのに、私がゆれているとなぜか決まってRが近づいてきて、グルの素晴らしさ偉大さを情感豊かにたっぷりと聞かせてくれる。もちろん私は自分がゆれていることは黙っていたが、Rの熱心な話を聞いているうちに不思議と心が落ち着いた。不良サマナといわれたRは、私にとってはありがたい法友だった。

修行が進んでくると、これまで作り上げてきた表層の自分(エゴ)は崩れはじめ、得体の知れない自分が顔を出してくる。それが嫌で、怖くもあり、逃げ出したくなるのだと思う。そういえば、第一段階のラージャ・ヨーガを成就する前も、私は大揺れにゆれてオウムをやめようとしていた。しかし、クンダリニー・ヨーガの成就の前に起こったことは、まさに青天の霹靂とも言うべき衝撃的な出来事だった。
私は、四トントラックの座席に乗ったまま、初冬の海に転落したのだ――。


(*)カルパはインド哲学の用語で、きわめて長い宇宙的時間の単位。劫(ごう)ともいう。


2015年04月19日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

あいさつ

例の こんにちは おやすみなさい おはようございますを実践してみたけど 絶大な効果がありますな。 これだけで、教団が作れます。
  • | 2015-11-08 | 三橋 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事


最新のコメント


検索フォーム


カウンター


プロフィール

元TD師
1989年3月入信
1989年10月出家
2006年脱会
メールはこちら
numinous.aum★gmail.com
(★を@に変えてください)
コメントは管理者の承認後に表示されます。内容に関係がないと判断した場合は表示されません。


  • 雑考01.神秘体験について
  • #01.二十年という歳月
  • #02.村上春樹氏とオウム
  • #03.ふたつの物語
  • #04.オウム事件と世代
  • #05.時代とオウム
  • #06.核時代のグル
  • #07.1995年と2011年
  • #08.グルと弟子
  • シヴァ・ビンドゥ01
  • シヴァ・ビンドゥ02
  • シヴァ・ビンドゥ03
  • シヴァ・ビンドゥ04

  • これ以降は目次を作りませんので、最新記事のリンクからお読みください


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。