42.シャンバラ精舎

石垣島セミナーが終わるとすぐに、教団は熊本県波野村に十五ヘクタール(東京ドーム約三個分)の土地を入手して、「シャンバラ精舎」を建設することになった。
「シャンバラ」とは、チベット密教の理想の仏国土の名前だ。オウムにはもともと「日本シャンバラ化計画」という日本全国の主要都市に支部を持つ計画や、「ロータスヴィレッジ構想」という仏教に基づいた理想郷を建設する計画があったので、いよいよオウムの街の建設がはじまるのかと思った。
シャンバラといえば、教祖が作曲した「シャンバラ・シャンバラ」という曲もあった。静かな瞑想曲が多いオウムの音楽のなかで、めずらしくアップテンポでリズミカルな曲調からは、荒々しい神々の動きによって翻弄される人間の姿がイメージされる。そして、シャンバラ精舎の建設は、やはり平穏な仏国土とはかけ離れたものだった。波野村を乗っ取られるのではと危機感を抱いた村民は、激しい反対運動をくりひろげ、右翼や暴力団を雇って建設を妨害し、地元警察は隙あらばサマナを逮捕しようと待ち構えていた。電気・水道・ガスなどのライフラインが村民の圧力で使えないなかで、火山灰の原野を開墾して造成するという過酷なワーク。そこに送り込まれたのは、石垣島セミナー後に出家した多くの新人だったので、耐えられずに逃げ出す人も少なくなかった。

同じ頃、教祖はパーリ語仏典の翻訳に力を入れはじめていた。
最初は『阿含経』など北伝の経典翻訳を試みたが、どうもブッダ本来の教えとは思えない内容だったらしい。そこで、南伝の経典を翻訳することに決めて、編集部から多くの人材が経典翻訳部門へまわされ、『南伝大蔵経』をパーリ語の原典から翻訳するチームが結成された。教義編纂の中心だった編集部から主要な人材を投入するほど、教祖は原始仏典の翻訳を重要視していた。私も、他の編集部員と一緒に南伝チームに移ることになった。
シャンバラ精舎にプレハブ棟が建つようになると、富士山総本部の多くの部署が阿蘇へ移動することになった。
「こんなに大勢が移動したら、富士はからっぽになりそう、オウムの本拠地は阿蘇になるのかな?」と心配になった。
出発当日、富士山総本部を出る時刻は、何時何分何秒まで正確に決められていた。ワゴン車に乗り込んで出発を待っていると、南伝チームのリーダーのヴァンギーサ師がカウントダウンをはじめた。
「三分前、二分前、一分前…五、四、三、二、一、はいスタート!」
オウムで開発した「大宇宙真理占星学」で割り出した、吉日・吉時・吉方位に阿蘇に出発するんだなと思った。

夜中に富士を出発して、波野村に着いたのは夕方だった。
シャンバラ精舎の敷地に入っていくと、車一台通るのがやっとの林道の脇に、泥だらけの男性サマナが携帯無線機を持って立っている。無線機からは「B地点に右翼の車…B地点に応援頼みます…」「応援頼みます。応援頼みます…」という声がとぎれとぎれ聞こえる。まるで野戦場にいるような雰囲気だった。
運転手が窓を開けると、警備のサマナが言った。
「この先で、村民との衝突が起きていますから、ちょっと待っていてください」
「なんだか物騒なところだなあ…」と思った。
到着してみると、建設途中のシャンバラ精舎は想像以上に過酷な環境だった。夜は富士より寒く、昼間は蒸し暑く、火山灰を多く含む土地は、雨が降ればひどくぬかるみ、乾けば砂が舞い上がった。この細かい火山灰の砂が、南伝チームのパソコンのハードディスクを次々とダメにしていった。
シャンバラ精舎にはさまざまな部署があった。建築班をはじめとして、洗濯と食事を担当する生活班、毎日タンクローリーで水を汲みに行く水班、動物を飼育する「動物班」、石垣島セミナーの出家で増えた子どもたちの「子ども班」、成就者が出ない停滞ムードの修行班、食堂の一角には「動物コーナー」が作られ、食の戒律が守れない人向けに好きな食事が提供されていた。プレハブ棟を結ぶひどくぬかるんだ道を、ゴム長靴をはいて少し背を丸めて歩くサマナの姿は、修行者というより開拓民のようだった。
「ここは流刑地みたいだなあ…いったい、いつになったら富士へ帰れるんだろう…」
私はとても前向きな気持ちにはなれなかった。
教祖は一か月に二度ほどやって来て説法した。
「このような厳しい環境は修行者にとっては素晴らしい。私はこういう土地が好きだ」と語って、なかなか成就者の出ない修行班を叱咤激励し、「涙のシークレット・ヨーガ」と銘打って、戒律が守れないサマナの懺悔を受けていた。

私はどのくらいシャンバラ精舎にいたのだろうか。蒸し暑く、底冷えがして、ぬかるんでいて、室内は砂っぽく、暗い所だったという印象しか残っていない。後で師から聞いたことだが、富士から阿蘇への出発時刻はたしかに「大宇宙真理占星学」で割り出したそうだが、その時間は「吉」ではなく「凶」だったという。
「えっ…」と、私は絶句した。一瞬意味がわからなかった。
師が、ぼそっとつぶやいた。
「カルマ落とすためでしょ…」
それなら阿蘇で良いことなんか起きるはずはない。占星術をそんなふうに使うのは、教祖くらいではないだろうか。
五〇〇人もの出家者を迎え入れて重くなった教団のカルマを、シャンバラ精舎は確実に落としてくれた。


2015年04月14日

コメント

No title

当時子供班では「極限修行に入りたい人!」との問いかけがあり 
全員が「入りたい!!」と挙手をしてシャンバラへの移動となりました。

シャンバラに着いて驚いたのが屋根はあるけど床は途中で 壁はブルーシート、
飲み水は無く ブルーシートに雨水を溜めて使い シャワーも無くて、歯磨きの水も無い。子供たちは日中ブルーシートに溜まった雨水での週一くらいでの沐浴、食事は粗家から運ばれてくる傷んだオウム食、雨が降れば長靴も抜けなくなる泥沼のようになる大地との格闘....、日中は汗ばむほどの暑さでも 夜はトレーナーを着込んでも寒さに震える状況で「夏なのにこんなに寒くて冬なんか住めない! 水も無いところでは生活できない!」と思ってしまいました。

シャンバラでの生活そのものが極限修行だったようです。

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する