28.配属は編集部

どうにか七日間の「千尋の谷の修行」を終えた私は、編集部に配属されると告げられた。
道場の中二階のスペースは、教祖の説法を管理し流布する広報活動の中枢「デザイン」「編集」「国際編集」が占めていた。編集部に案内されると、私が使うスチール机と当時普及し始めていたパソコンが一台用意されていて、上長になる師からワーク(奉仕活動)について説明を受けているとき、なぜか出身地を聞かれた。
「岐阜県です」
「岐阜県のどこ?」
私が生まれ育ったのは郡部で、地名を言ってもだれも知らないだろうと思いながら答えた。
「北部にKという町があるんですが、そこで生まれ育ちました」
「えー、私の両親は二人ともK町の出身なんだよね」
師は驚きの声とともにそう言った。
「私が生まれたのは東京だけど、本籍は両親が生まれて育ったK町。小さい頃夏休みになると行ったわ」
東京都板橋区の出身者が同じ部署だった、というなら珍しくないだろう。でも、岐阜県の片田舎人口数千人の小さな町に縁のある者同士が、富士道場で上長と部下になる確率はかなり低いのではないか。
「やっぱり縁があるんですねえ」
まわりで聞いていたサマナから驚きの声があがった。
縁がある、縁が深いということは、オウムでは特別なことだった。

配属されてまず驚いたことは、そこにいるだれもが自分のパソコン周りに、オウムの出版物から切り抜いた大小さまざまな教祖の写真を、ベタベタと貼りめぐらしていることだ。そうやって常に「グルを意識」してワークをすることが、修行を進めるうえで重要とされていた。
この様子を見て、私はひどく場違いなところに来てしまったと後悔した。
「ああ、こんなところでやっていけるのかなあ…」
さらに驚いたのは、出家修行者のずば抜けた集中力だ。新人に与えられるワークは、教祖の説法テープを聴いてひたすら文字に起こすことで、私は三十分もテープ起こしをすると集中が途切れてあたりの様子をうかがった。見渡すとだれもが黙々と二時間三時間と平気でキーボードを打っていた。もちろんおしゃべりする人はだれもいない。和気あいあいとした信徒のバクティと違って、出家では一日十五時間のワークも珍しくなく、サマナはワークを「修行」ととらえていた。俗世を離れてエネルギーをロスしない生活は、普通では考えられないほど集中が高まる。オウムが短期間に多くのことを成し遂げた背景には、この並外れた集中力があった。

見習い期間の三か月を終えて、私は正式にサマナ(出家者)になった。
その頃には富士での生活にも馴染み、現世を離れた質素で穏やかな出家生活の方が楽だと思うようになっていたが、「グルへの帰依」「グルを意識する」というサマナの鉄則にはまだ抵抗があった。
「あんなに何枚も写真を貼りめぐらさなくても、一枚で十分」
そんな思いでいた。
上長の師は苦笑いしながら言った。
「編集会議のとき、尊師があなたのことを『信徒なみの帰依だ』って言っていたわよ。もう、しっかりしてよね」
それでも、私は「解脱」を経験してみたかった。それさえできれば、いつオウムをやめてもいい。だから、とにかく一日も早く成就のための極厳修行に入りたかった。
サマナは日々のワークで徳を積みながら、いつはじまるともわからない極厳修行を心待ちにしていた。


2015年03月23日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する