FC2ブログ

母たちの国へ⑭父の娘

父は大正14年生まれ。昭和の年数と年齢がほぼ同じなのでわかりやすい。

中学を卒業して陸軍航空学校へ行ったのは昭和16年十五歳のとき。南方戦線に行ったのは昭和18年十八歳のとき。昭和20年二十歳で終戦を迎え、その後、シンガポール海峡に近いインドネシアのレンバン島で抑留生活を送り、昭和21年に今の実家のある故郷に無事帰ってくることができた。

父は少年飛行兵と呼ばれたパイロットだった。敗戦間際、特攻隊として飛び立ったけれど目的地に敵艦がいなかったから、上官の命令でそのまま帰還したとか、父が所属していた部隊が帰国するときに十人ほど島に残らねばならず、父は志願して残り栄養失調になって丸太もまたげないほど衰弱したとか、そんな断片的な戦争の話を、私は父ではなく話好きな母からおとぎ話のように聞いていた。

父が戦争に行ったということを、子どもだった私が意識することはほとんどなかった。我が家で煮干しを入れていたアルミ製の弁当箱の蓋にうっすらと英語のようなものが書いてあったこと――それは父が抑留されていたときにアメリカ軍から支給された弁当箱だった。あるいは、テレビで『コンバット』という人気の戦争ヒューマン・ドラマがあって、私も兄もよく観ていたのだが、父は「戦争ものは嫌いだ」と言って観なかったことくらいだった。

父は復員してすぐにお見合い結婚をして、女の子が生まれたが、ほどなく離婚した。そして、その子は中学一年生のとき病気で亡くなったらしい。
母が近所の仲のいいおばさんといつものおしゃべりをしているとき、この話が聞こえてきた。母は、同じ部屋にいる私の方をちらっと見た。こみ入った大人の話だから子どもの私にはわからないだろうと思ったのか、わかっても別にかまわないと思ったのか、どちらかわからないが、一人遊びをしながら聞いていないふりをしていた私は、まだ小学校に上がるか上がらないかだったけれど話は全部理解していた。

――お父さんは一度結婚していて、女の子が生まれ、その子は中学生のとき胃の病気で死んでしまった――

母が亡くなってから、私は父にはじめて聞いたことがある。

「お父さん、どうして最初の結婚で離婚したの?」

「戦争から帰ってきて、俺のうちは男兄弟が五人もおって、みんな戦争に行ったけどみんな生きて帰ってきたんだよ。復員してきてすぐに俺の姉さんが見合い話を持ってきて、そこのうちは男兄弟がみんな戦争で死んで跡取りがいなくなってなあ。俺も可哀そうだと同情したんだろうな、よく相手のことも知らずに結婚を決めて、そこの家に婿に入ったんだけどな…子どもには可哀そうなことをしたな…」

父の最初の奥さんにも亡くなった父の娘にも、私は会ったこともなければ写真を見たこともない。まだ幼かった頃に一度だけ話を耳にして、それから思い出すことはなかった。

その記憶が浮かび上がってきたのは、オウムをやめてユングの夢分析の研究をしているときだった。私の夢に「失われた少女の物語」という印象的な手書きの文字があらわれ、その夢を分析していくなかで、父のもう一人の娘の存在がよみがえってきたのだ。

「あれ…失われた少女って、もしかしてあの子のこと?」

そして、亡くなった父の娘も、出家して現世からいなくなった私も、父の二人の娘はどちらも「失われた少女」だったということに気づいた。

私は中学のときひどい胃痛に苦しみ、やっとの思いでバリウムを飲んで検査をしたことがある。少し胃が下垂しているくらいで病気は見つからなかったが、どきどき胃が痛むという症状は高校になるまで消えなかった。今になって考えてみると、「中学生で胃の病で亡くなった父の娘」という私の無意識に沈んだイメージが、中学生になった私の身体に影響を与えたような気もする。

現実に会うことはなくても、いや、むしろ顔も知らない影のような存在だからこそ、十代で死んだ父の娘と私の人生は、無意識のうちに分かちがたく結びついていたのかもしれない。


100.脱会して」参照




2019年11月01日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

夢が繋がりますね

いつも拝見しております。今回のブログもとても面白かったです。
南方の島に残ると言った後、無事日本に帰還できたお父様、出家したあと還俗して現世に戻った元TD師さん、
深層心理の中の刻まれた、顔も知らない義理の姉の、わたしは修行者ではないので上手く表現できないのですが、命?生命?心?が輪廻して 引き継がれ ただただ繋がって行くと感じました。
今までの記事の自分の感想の中でもやっと、タニヤマさんとも繋がりましたね。ありがとうございます。
カーテンたった一枚越しの見える世界はただただ一つで、ただそこにあるだけ。
世界はこんなにも素晴らしいのに、完全なのに、日々に追われて疲れてそれに気づけない サングラスか色眼鏡を掛けてこの世界この瞬間を、違う色で見ているのは自分。いや、気づいているのにそれを見れない自分がもどかしいです。もっと、自分、周り、世界、時間… なにもかも大事にかつ大切にしたいのに 自分が追いつきません。
また、新しい記事を楽しみにしております。

Re: 夢が繋がりますね

> いつも拝見しております。今回のブログもとても面白かったです。

なおさん、いつもありがとうございます。

> 世界はこんなにも素晴らしいのに、完全なのに、日々に追われて疲れてそれに気づけない サングラスか色眼鏡を掛けてこの世界この瞬間を、違う色で見ているのは自分。いや、気づいているのにそれを見れない自分がもどかしいです。もっと、自分、周り、世界、時間… なにもかも大事にかつ大切にしたいのに 自分が追いつきません。

修行はしていないとおっしゃっていましたが、それだけ気づいていて素晴らしいですね。
ちょっと偉そうなことをいうようですが、本当は決して難しいことじゃないんだと思います。
身体、言葉、心、を止めればいいだけ。

普通に生活していて無理なら、心を止めれば、真実は見えますよ。
地中で瞑想しなくても、一か月も断食しなくてもね(笑)

> また、新しい記事を楽しみにしております。

ありがとうございます。
真実に向かって行ってみます。

  • | 2019-11-02 | 元TD URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-06 |   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-06 |   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-06 |   [ 編集 ]

No title

最近は、業ってほんとにあるんだなと感じています。
集合的無意識では、時空関係なくみんなつながっていますね。
とても面白い内容でしたm(_ _)m
  • | 2019-11-08 | アリエル URL [ 編集 ]

Re: No title

> 最近は、業ってほんとにあるんだなと感じています。
> 集合的無意識では、時空関係なくみんなつながっていますね。
> とても面白い内容でしたm(_ _)m

クローズアップで見れば単発のように見える出来事も、
ロングで見るとまた違う印象がありますね。
コメント、ありがとうございます。

  • | 2019-11-08 | 元TD URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-12 |   [ 編集 ]

今の見解と感想

この記事に対するコメントではないことをお断りしておきます。

noteの方も読んでおります。そちらにはコメントが出来ないようなので、現時点における最新記事であるこちらにコメントいたします。

いきなりですが、麻原さんというグルは「真正のグル」でなかったのではないか。そう結論するのは早計でしょうか? グルというのは、師資相承が大切と言われます。麻原さんは、どの系譜上のグルでもなく、「最終解脱」宣言をされましたが、それも誰からの承認を得たわけでもなく、大きな疑わしき点です。

上祐さんらは、麻原さんの自信過剰、思い込みの強さに引っ張られたと断じておられます。今の時点では、自分もそう考えています。確か、自分のことを20世紀最後の救済者だと言っておられましたよね(書籍カバーの折返しに記載?)。その当時においても、ヒンドゥーやヨーガの世界では、既に沢山のグルがおられました。仏教で言えば、禅の老師もそうでしょう。既成の密教においてもそうです。彼らも師資相承を経たグルなわけです。そうした存在を見ずに、私自身も入信してしまったわけです。今となっては、取り返しがつきませんが、人生の悲しい章になりました。

押しの強さ、決めつけの類で相手を導くアーナンダ師、彼は死刑になりました。その他にも印象の強い指導者は沢山いましたが、今も存命な彼らは在家信者に対して責任を感じていないのでしょうか? 無責任も良いところだと思っています。指導者に従ってバクティー、イニシエーションに参加した在家までも自己責任だというのでしょうか。事件の責任を負えというのでしょうか。

確かに、オウムの修行には徹底したものがありました。しかしそれらの全てが、麻原さんへの帰依に繋げるためのものなのです。ですから、どんなに元TD師が、ここの修行の素晴らしさ、本物っぽさを力説されようとも自分は受け入れるわけにはいきません。本物っぽさを言うのだったら、別の修行団体のことも書いてください。自分もオウムの修行メニューにいくつか参加してきた上でそう思います。もし既に書かれていたり、間違っていたら、ごめんなさい。

こうした一連の記事は、かつてのオウムに対して、今の世間側の見方を変えるようにしたいということでしょうか? 違いますか? 自分にとって、また多くの元信者にとって、元TD師の記事は記憶を確かめるに役に立っているとは思いますが、これは単なる覚え書きとは思えません。ということで、今ひとつ叙述の趣旨が飲み込めずにおりますことをお伝えしておきます。
  • | 2019-11-12 | 1991年入信 URL [ 編集 ]

Re: 今の見解と感想

> noteの方も読んでおります。そちらにはコメントが出来ないようなので、現時点における最新記事であるこちらにコメントいたします。

1991年入信さん、
読んでくださってありがとうございます。noteは記事を整理する文書庫のように利用していますので、コメント機能は外しています。

> いきなりですが、麻原さんというグルは「真正のグル」でなかったのではないか。そう結論するのは早計でしょうか? グルというのは、師資相承が大切と言われます。麻原さんは、どの系譜上のグルでもなく、「最終解脱」宣言をされましたが、それも誰からの承認を得たわけでもなく、大きな疑わしき点です。

おっしゃるとおり、麻原さんには現実のグルはいませんでした。終始一貫して麻原さんの内的な「シヴァ神」に導かれていました。それをもって麻原さんが「真正なグル」ではなかったという結論を持たれることは理解できます。自ら宣言した「最終解脱」が疑わしいということも同様です。

私には、麻原さんが「真正のグル」だったかどうかわかりませんし、また「最終解脱」していたかどうかもわかりません。そもそも最終解脱がどういうものか私にはわかりません。(中川智正さんも同じことを言っていました)
麻原さんを論じる人のなかには、「最終解脱」という言葉そのものがナンセンスだという人もいますが、私は『ラマナ・マハルシとの対話』のなかでマハルシが「最終解脱」という言葉を使っていたので、言葉自体はあるのだと思いました。

そして、グルなくしてグルになる人や、内的なグルに導かれているグルというのは(そういうグルを「真正のグル」と呼ぶかどうかは別にして)、それほど珍しくはないと思います。
私がオウムを理解するのにお世話になったユングにも「フィレモン」という名前の内的な導き手がいました。先に触れた、ラマナ・マハルシはグルを持たなかったはずです。

> 上祐さんらは、麻原さんの自信過剰、思い込みの強さに引っ張られたと断じておられます。今の時点では、自分もそう考えています。確か、自分のことを20世紀最後の救済者だと言っておられましたよね(書籍の帯に記載?)。

麻原さんの宗教的妄想をみんなで共有していたと思います。あのとき、私たちは世界を救う救世主を望んでいたのではないでしょうか? 麻原さんだけが妄想的だったわけではなかったと思います。
それを麻原さんの妄想の強さに「引っ張られた」と表現するか、麻原さんに強く「引き出された」と表現するかは人それぞれだと思います。前者は上祐さんのように麻原さんを断罪するし、後者は麻原さんによる「マハー・ムドラーだった」という理解をするでしょう。

> 押しの強さ、決めつけの類で相手を導くアーナンダ師、彼は死刑になりました。その他にも印象の強い指導者は沢山いましたが、今も存命な彼らは在家信者に対して責任を感じていないのでしょうか? 無責任も良いところだと思っています。指導者に従ってバクティー、イニシエーションに参加した在家までも自己責任だというのでしょうか。事件の責任を負えというのでしょうか。

在家の人たちは、ある意味被害者であって事件の責任はないと思います。教団がサリンを作っていることを知らなかった多くの出家者たちも同じように、なんらかの形で教団を支えていたという責任はあっても、事件の直接の責任はないでしょう。
私は、教祖と一部の弟子たちがなぜあんなことをしでかしたのか理解できなければ、事件の責任を感じることもできないし、本当の意味で反省もできない、謝罪もできないのではないかと思ってきました。

> 確かに、オウムの修行には徹底したものがありました。しかしそれらの全てが、麻原さんへの帰依に繋げるためのものなのです。ですから、どんなに元TD師が、ここの修行の素晴らしさ、本物っぽさを力説されようとも自分は受け入れるわけにはいきません。

オウムの修行の素晴らしさとか、本物っぽさを、私が「力説している」とお感じになるのだとしたら、そういう気持ちが私のどこかにあるからだと思います。私はオウムで行われたことを記述して残しておきたいと思って書いてきましたが、そこにある種のなつかしさや、幸福だった記憶があるのは事実です。オウムに対して否定的な感情しかなければ、私の書いていることに不快感を持つでしょう。それは大変申し訳ないことですし、そういう方が大勢いらっしゃることを忘れないようにしたいと思います。

>本物っぽさを言うのだったら、別の修行団体のことも書いてください。

私には他の修行団体の経験がありません。オウムの修行内容を細かく記載しているのは、他の団体や、指導者・修行者から、オウムの修行の間違いを具体的にご指摘いただければという期待もあってのことです。
私はユングの分析心理学にずいぶん救われたので、そういう方々からなにかご指摘があればなあ…と思っていたことはあります。マイナーなブログなのでそういうこともありませんが。

> こうした一連の記事は、かつてのオウムに対して、今の世間側の見方を変えるようにしたいということでしょうか? 違いますか?

書こうと思った動機のなかに「オウムで実際になにがあったのか知ってもらいたい」という気持ちはあったと思います。なにかそういう熱みたいなものがなければ、長く書くことってなかなかできませんよ。ただ、そのとき私が意識していたのは、オウムにいた人で私と同じように「オウムってなんだったの?」という疑問を持っている人と、私がオウムで指導した後輩たち、そして私がオウムに勧誘した人たちに対して書いているということでした。
今現在、ご指摘いただいたような思いはまったくありません。「世間側」には、オウムのようなものを理解する必要はないと思っています。たまたま、縁によってオウムや麻原さんのような存在とかかわることになった人だけが、考えることを強いられる類のことだと思います。もちろん「世間側」であっても、専門性のある研究者・学者には考えていただきたいとは思います。

>自分にとって、また多くの元信者にとって、元TD師の記事は記憶を確かめるに役に立っているとは思いますが、これは単なる覚え書きとは思えません。ということで、今ひとつ叙述の趣旨が飲み込めずにおりますことをお伝えしておきます。

なぜ書くのかについて、大まかに。

オウム事件については、「麻原彰晃諸悪の根源説」と、森達也さんの「弟子たちの忖度・暴走説」がありますが、私はどちらの立場でもありません。麻原さんがどんな指示をしようとも、弟子が実行しなければ盲目の麻原さんはなに一つ実現できませんでした。しかし、オウム世界を知る者としては、弟子が指示なく勝手に実行することも考えられません。

裁判では、麻原さんは事件の目的も詳細も語らず、実行犯の弟子からは「救済だからやった」という反省のない言葉、あるいは「指示には従わざるを得なかった」「やらなければ殺されると思った」「マインド・コントロールされていた」という責任を逃れるような発言が聞こえてきました。
私は、実行犯の方々が人知れず悩んでいたとしても、嫌々やらされた、無理強いされたということはなかったと思っています(広瀬健一さんの本で確認できました)。

では、指示だからといって、小さな子どもまで殺してしまえること、地下鉄で無差別に多くの人を殺すことができるって、いったいなんなのでしょうか? 

私はオウムの修行で経験する「体験」に原因があったと感じているので、「オウムとクンダリニー」を書いています。

  • | 2019-11-13 | 元TD URL [ 編集 ]

ブログの意図についてはブログ主自ら示してる通りと思ってます。

私の感覚・思索・経験において述べるとすれば、TD様のブログは、関係者の述懐等系では、最も内容がありかつ対応も立派なブログであると私見では思います(一例ですが、元アールさんなどの身勝手ブログに比しても。彼は教祖との離別シーンをいまだブログに書かないし、そのことを問い合わせたら、早々に相手をブロックするような方ですからね)。成就者の責任云々を言い出せば、いろいろ個々の彼らとの関係性において、様々な場合があるのではないでしょうか。私は、このブログが、教祖擁護を目的とした文章という印象はないです。「オウムとクンダリニー」のタイトルが示してる通り、オウムと神秘体験、オウムと神秘主義、オウムと非日常体験、を考察した結果を示し、そういう問題意識を持たざるを得なかった方を主なる読者として想定し、互いの思索や判断の材料として役立てたいという意味が大きいのではないかと、私自身は思っております。
  • | 2019-11-13 | 榊 URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-14 |   [ 編集 ]

Re:Re: 今の見解と感想

>麻原さんの宗教的妄想をみんなで共有していたと思います。あのとき、私たちは世界を救う救世主を望んでいたのではないでしょうか? 麻原さんだけが妄想的だったわけではなかったと思います。

お言葉を返すようですが、自分はそういったものを共有してはおりませんでした。世界を救う救世主を望んでもいなかった。ただ、様々な経典を読んで、特殊な能力を持つ人というのは存在するということを信じていたのです。そこに現れたのがオウムの教祖だったわけです。
教祖が毎月の説法、随時の緊急説法でで言っていたことは、ただ、信者に修行をさせるための方便だと考えていました。今となってみれば、反省の類になる、、まぁ、自分は実に甘かったわけですが…。もっと幹部の人と行き来があれば、何かを察することも出来たかもしれない、、それはそれで危険なことだったかとも思いますが。ここを、修行をさせるための団体だと思い込んでいたことが、自分の敗因ということになります。
  • | 2019-11-14 | 1991年入信 URL [ 編集 ]

榊さんへ

>TD様のブログは、関係者の述懐等系では、最も内容がありかつ対応も立派なブログであると私見では思います

私にしても、榊さんと同じように感じているのです。だからこそ、ここにコメントしているのです。貴重な記録であるとの認識はあるのです。そこはご理解ください。
  • | 2019-11-14 | 1991年入信 URL [ 編集 ]

Re:Re: 今の見解と感想

>裁判では、麻原さんは事件の目的も詳細も語らず、実行犯の弟子からは「救済だからやった」という反省のない言葉、あるいは「指示には従わざるを得なかった」「やらなければ殺されると思った」「マインド・コントロールされていた」という責任を逃れるような発言が聞こえてきました。
私は、実行犯の方々が人知れず悩んでいたとしても、嫌々やらされた、無理強いされたということはなかったと思っています

責任逃れに聞こえる発言がいやらしいと感じていらっしゃることは分かりました。自分からすると、そこは裁判上の戦術だったようにも思えますが。
でも教祖は信を持たれていたからこそ権力を有しており、幹部らはそうした組織の中で育まれた精神構造の中におかれていた。つまり、信じているからこそ従わざるを得ないという状態。それで彼らは無慈悲に見える行為をも実行するに至ったのだと自分は思います。
  • | 2019-11-14 | 1991年入信 URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2019-11-14 |   [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する