写真とオウム

一九九〇年から九三年まで、私は教祖の写真を撮るワーク(奉仕活動)をしていました。写真学校で学んだことがあるので、普通の人より技術はありましたが、写真のセンスはあまりありません。もともと写真が好きなわけでも、特別興味があったわけでもありませんでした。実をいうと、写真を学ぼうと思った理由も自分ではよくわからないのです。
その頃、小さな出版社に勤めていた私は、好きだった児童文学の創作か、ジャーナリズムの文章術を学ぼうと思っていました。働きながら学べる学校の資料を見ているとき、ふと写真学校の募集に目がとまり、なにを血迷ったのかそっちに申し込んでしまったのです。学費も文章術を学ぶよりずいぶん高額だったのに、なんだかちょっと魔がさしたような感じでした。

写真学校の最初の実習では、新入生全員で近くの新宿御苑へ行って自由に好きなものを撮って、それをみんなで合評しました。大きなテーブルに四つ切サイズに伸ばした写真を広げて、まず先生が講評するのですが、私の写真を見た先生は「うーん…」と言ったきり言葉を失っていました。
私はなんの変哲もない木の枝を撮っていたのです。そこにあるものをただ撮れば写真だと思っていたのですが、どうやらそういうものではないようでした。一枚の写真を撮ることは一つの“作品”を創ることらしいとわかったとき、私は自分がまったく写真という表現に興味がないことに気がつき、「どうして写真学校に入っちゃったのかな…?」と後悔しました。

それでも一年間の授業料を払った以上はやるしかありません。一眼レフカメラ二台とレンズを何本かそろえ、三脚にストロボに露出計、部屋に簡単な暗室も作り、モノクロ・フィルムをロールで買ってできるだけ多くシャッターを切り、撮った写真を自分で引き伸ばす等々…ずいぶんと機材にお金をかけたので、さらにもう一年、上の科に進学しました。
写真を学んだことは、仕事にも役立ったので後悔はなくなりましたが、自分に写真の才能がないこと、やっぱりそんなに好きではないことは変わらず、卒業すると自然に写真から遠ざかっていきました。そして数年後にオウムと出会い、出家するときにはカメラ機材一式をお布施して、二度と再び写真を撮ることはないと思ったのです。ところが、出家して一年もたつと編集のワークと兼任で写真を撮ることになりました。

私がオウムで撮った写真は、たくさんの書籍・カセットレーベル・チラシ・パンフレットなどに使われました。教祖の姿を見ることがなくなった今でも、たった一枚の写真を見るだけで当時の教祖がいきいきと記憶によみがえってくるのですから、写真はオウムの宗教活動に貢献した――オウム流にいうなら、私は「写真を撮ることで功徳を積んだ」ということになります。
もし、あのとき写真学校へ行かなかったなら、オウムで写真を撮っていなかったら…撮影中の転落事故で死に直面しなければ、クンダリニー・ヨーガの成就を経験することはなかったでしょうし、海外取材という刺激がなかったら、そもそも出家生活さえ続かなかったでしょう。
私のオウム体験のなかで、写真は私が思っている以上に重要だったのかもしれません。
「写真学校に入ったのは、いつ頃だったのだろう?」
ふと、気になって調べてみると、教祖が「麻原彰晃」と名乗って宗教活動をはじめた1983年春でした。オウムという宗教の胎動がはじまったそのとき、魔がさしたのか、あるいは神の導きなのか、なぜか私は写真を学びはじめていたのです。オウムを知るのはそれから六年後のことでした。

「じゃあ、教祖が『解脱した』と言った頃、私はどこでなにをしていたのだろう?」
思いついて振り返ってみると、その年、私は突然立って歩けないほどのめまいに襲われて大学病院で検査をして、メニエール病と言われたことがありました。初期のオウムに集まった人たちが強烈なクンダリニー覚醒体験をしていたとき、まったく別の場所で私は原因不明のひどいめまいに襲われていた(めまいや耳鳴りはクンダリニーが覚醒すると起きることがある)――教祖の本を読んだだけで、入会金を送っただけで不思議な体験をするというのはオウムでよく聞いた話ですが、現実の接点がまったくないにもかかわらず、それぞれに共振するような出来事が同時に起こっていたなら、それを「運命」とか「縁」というでしょうか。
このような共時的現象は、だれの人生にも起こっているはずです。

<関連記事はこちら>
39.専属カメラマン
46.海と死
53.極厳修行とバルド



2017年09月09日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

1980にいなかった人でも2017に1980生まれとして登場することはある。
  • | 2017-09-11 | 三橋 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する