最後のマハームドラー

地下鉄サリン事件前年の一九九四年、今思うと教祖は教団の崩壊に向かって準備を整えつつ、破滅へとアクセルを踏み込んでいたようなところがありました。
六月二十日に省庁制がはじまると、教祖の指示は「大臣」と呼ばれるリーダーたちを通じて降りてくるようになり、教祖と大臣以外の弟子たちに距離ができました。それから一週間後の二十七日、教祖の指示で四人の高弟が松本市でサリンを散布します。そして、三日後の七月一日には出家者のステージ制度が変更され、なかでもクンダリニーヨーガのステージが六つに細分化されたことは大きな変化でした。
「キリストのイニシエーション」によって、「大量成就」と言われるほど多くのクンダリニーヨーガの成就者が認定され、二百人を越えるようになった「師」のステージは、大きく「菩薩」と「愛欲天」の二つに分けられ、それぞれ上から「師長」「師長補」「師」の三段階を設けて、全体が六つのステージになったのです。

新ステージが発表されたとき、私は「愛欲天・TD師長補」でした。
「愛欲天かぁ…」
救済の団体を標ぼうするオウム真理教のなかで、「菩薩」という称号には正統な響きがあるのに対して、「愛欲天」と呼ばれるのは少し不名誉な感じがしましたが、「愛欲天」トップの「師長」には、アーナンダ師、メッタジ師、ウパーリ師など、そうそうたる成就者の名前が並んでいました。彼らは人気のあるいわゆる目立つ成就者で、ワークでも大きな結果を残していましたから、私は名簿を見ながら、自分に与えられた称号を悲しんでいいのか喜んでいいのか複雑な心境でした。
数日後、新しいステージを祝福する式典が第六サティアンで開催されるという通達がありました。ちょうどその式典の日、私は信徒のTさんが起業した会社の新入社員研修セミナーに出張する予定でした。長野県戸隠高原のセミナー会場から式典が行われる第六サティアンまでは、高速を飛ばして四、五時間はかかりそうでしたが、遅くとも夕方四時前に現地を出れば、夜十時から始まる式典に余裕で間に合うだろう…そう見込んだ私は予定どおり長野県へ向かいました。

お昼過ぎに会場につくと、Tさんは私を案内してセミナーの様子を見に行きました。広いセミナールームで熱心にディスカッションする社員の様子を遠巻きにしながら、Tさんは一人一人に鋭い視線を投げて言いました。
「あの人と、あの人。そしてあの人も、面談してもらいたいんです。みんな深い体験をしはじめています」
ヨーガの行法も加えた五泊六日の泊まり込みのセミナーでは、気持ちの変化だけでなく、身体に異常な熱を感じたり、光や色を見るという体験がはじまる人もいて、私は個人面談をして霊的な体験の意味を説明しました。このとき最後に面談したのは、Tさんが修行者として最も期待していたSさんという女性でした。
五日間のセミナーでSさんは潜在意識に深く入っている様子でした。椅子に座って私と対面するなり堰を切ったように泣き出して、心に秘めていたことを話し出したのです。だれにも言えない悪業を話すことは「懺悔(ざんげ)」といって、宗教的にとても重たい意味があります。教団では、クンダリニーヨーガのステージではまだ懺悔を受けてはならないとされていましたから、私は思いがけない事態に困惑しながらも、成り行きにまかせてSさんの言葉に黙って耳を傾けていました。そのうちにSさんも落ち着いてきて、心の重荷を下ろしたのか、最後は晴れ晴れした様子で笑顔を見せて面談を終わりました。

時間は午後三時をまわっていました。私はTさんに「Sさんは修行すると思いますよ」とだけ言い残して会場を後にしました。幹線道路を走って高速道路に入ると行楽帰りの車が多いのか、道路は思ったより混んでいました。松本に近づく頃にはノロノロ運転になって「式典に間に合うかな…」と、少し心配しはじめたちょうどそのとき、「ドン!」と音がして後続車が私の車に追突したのです。
幸い車に大きな損傷がなかったので、急いでいた私はそのまま行こうとしたのですが、だれかが通報したのか、すぐに警官がやってきて「調書を取るから近くの署まで一緒に来るように」と言います。「大事な用事があるから手短に済ませたい」と訴えても聞き入れてくれず、仕方なく追突してきた車と一緒にパトカーについて警察署まで行きました。
なにかの手違いなのか、あるいは優先すべき他の事件があったのか、長い時間待たされた挙句にやっと調書を取り終わりました。
「こんなに物事がスムーズに進まないのは、やっぱり懺悔でカルマを受けたせいかな?」
そう思っていつもより慎重に運転して上九に向かいました。結局、大幅に遅れて第六サティアンに着くと、電話で事情を伝えていたにもかかわらず、私は式典に遅れたという理由でステージを降格されると言われたのです。
「でも…」
私は上司である東信徒庁大臣のサクラ―正悟師に訴えました。
「遅れたのは不可抗力だったんですよ」
「尊師が、TD師が今回のステージに不満を持っていて、その心のあらわれで式典に遅れた、とおっしゃっているのよ」
「でも、事故は私が起こしたんじゃありません。追突されたんです。それに、その直前懺悔を受けていて…」
マハームドラーの修行の見地から、新しいステージに対する私の不満が式典に遅れるという現象を引き起こした――言われていることは頭では理解していました。もし、私が追突事故を起こした張本人なら、式典に出たくないという私の心が事故を引き起こしたと認められたかもしれません。しかし、私は追突された側であり、その直前に重たい懺悔を受けていたという思いもあって、どうしても納得することができませんでした。
翌日「愛欲天TD師長補を愛欲天TD師に降格する。」という通達が張り出されました。
それを一瞥して、私は心のなかで「私は悪くない。絶対に」と強く思いました。

思えばこれが私に対する最後のマハームドラーでした。
「絶対に認めない」と思ったそのとき、私はグルを拒絶したのでしょう。
グルは私という弟子にふさわしいマハームドラーをしかけ、私は「でも…」と抗弁してかたくなに自分を守りました。すべてに対して心の底から「yes」と言ったとき、そこに立ちあらわれるマハームドラーの境地は、あのときの私にはほど遠かったことは今ではよくわかります。
先日、このブログを最初から通して読んでみたのですが、なにか引っかかるものがありました。ステージを降格されたことは「記事にしてもおもしろくないから」書かなかったのですが、もしかするとそれを除外したのは、私のなかであのときの“拒絶”が解除されていないせいなのかも…二十二年も(!)たってやっと気がついて、今回書いてみました。
オウムで修行していた人たちには、それぞれになんらかのグルの「最後のマハームドラー」があったのではないでしょうか。

※Sさんはこのあと入信して、地下鉄サリン事件で教団が混乱するなか出家し、その後も修行を続けました。


2017年05月05日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

こんにちは

これトラックバックできないんですかね?(トラバURLが見当たらない)

abtsinrikyo.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

コメント長いんで記事にしました
  • | 2017-05-06 | のだ URL [ 編集 ]

Re: No title

> こんにちは
> コメント長いんで記事にしました

こんにちは。コメントありがとうございます。
記事おもしろくて、笑った。

>まあ「良い車」取り合いしたのは、お互い未熟でしたね。

でしたね。
Hさんのインスパイアのこと思い出しました。
ああ、そんなことあったなあ…。

インスパイアに触発されて(まさにインスパイアされてなんだけど)
車がらみで別のことも記憶がごろっとよみがえりました。
あのストイックな教団で、車は欲望を刺激しましたよね。
次はそれを書こうかな。

  • | 2017-05-06 | 元TD URL [ 編集 ]

初めまして。

メールをお送りさせていただきました。
拙い文ですが、宜しければ読んで返答を下さると幸いです。

  • | 2017-05-09 | I URL [ 編集 ]

Re: 初めまして。

> メールをお送りさせていただきました。
> 拙い文ですが、宜しければ読んで返答を下さると幸いです。

初めまして。
メールありがとうございます。
一両日中にはお返事が書けると思いますので、しばらくお待ちください。
  • | 2017-05-09 | 元TD URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2017-05-11 |   [ 編集 ]

No title

何を言われても、
これはカルマであると淡々としている人でも、
たまに、これだけは譲れないということがあったりしますね。
でも、おそらく、すべては神の御心のままに、
という心の働きを持ち続けることが成功の秘訣かと思います。
もちろん、私が実行できている訳ではありません。
今、すごく、忙しいので、また、時間ができたら、
おもしろいエピソードがあったので、
メール送ります。
  • | 2017-05-12 | ライナス URL [ 編集 ]

Re: No title

ライナスさん
お久しぶりです。

> たまに、これだけは譲れないということがあったりしますね。

それがその人のツボで、そこが崩壊するといいですけど、自力ではなかなか難しいですね。
  • | 2017-05-13 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

サクラー正悟師が、マハームドラーを成就した後は、マハームドラーの連続だ、とおっしゃっていましたが、今も続く「大いなる空」
  • | 2017-06-11 | U URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する