女性と修行

「女性差別と宗教」を研究テーマにしている宗教学者の方に、オウムではどうだったか聞かれたことがあります。私はこんなふうに答えました。
「オウムに女性差別はありませんでしたよ。女性だから修行を成就できないということもなかったし、弟子の最高位だった正大師になった人も男女半々いました。オウムの女性は、みんな元気で強かったですよ」

信徒になった頃、私は教団で活躍している女性修行者を見て、単純に「カッコいいなぁ」とあこがれていました。彼女たちには女性が本来持っている強さ――硬直した強さではなく自然でしなやかな強さがあるように見えたからです。あれから二十年以上たって、今はつくづくと「修行って、絶対に、カッコいいものじゃないよね。もし修行者がカッコよく見えるとしたら、それはまだ修行のとば口にいるってことなんだろう」と思うようになりました。
「修行」と言った場合、ヨガのポーズをしたり、マントラを唱えたり、呼吸法をしたり、瞑想することを想像する人が多いかもしれません。でも、このような行法の目的は「自分の心の働きに気づき、止めること」ですから、特別な行法をしなくても心の動きを観察できるなら、それは立派な修行といえます(もちろん簡単にできることではありませんが)。私は、菊地直子さんの手記を読んだとき、あらためてこのような修行の意義を考えました。

菊池直子さんはオウム事件後すぐに殺人・殺人未遂容疑で指名手配され、十七年間の逃亡生活の後、逮捕されました。そして、高等裁判所が菊地さんに下した判決は「無罪」。私は「裁判所も、やっと当たり前の判断をしたか…」と思いましたが、ネットでは「なにもしていないならどうして十七年も逃亡していたのだ」「なにかやましいところがあるから逃げていたんだろう」という批判も多くありました。
私も「菊地さんはなぜ逃げていたのだろう?」と不思議に思っていました。オウム事件の実行犯はすべて男性の高弟で、「男たちのヴァジラヤーナ」と断定してもいいくらい女性の弟子はかかわっていませんでした。まして教団の幹部でも準幹部でもない菊地さんが、長年にわたって逃亡しなければならない大罪があるとはとても思えなかったのです。その疑問が手記を読んでやっと解けました――彼女は恐怖のために逃げていたのです。そして、菊地さんは「もうオウムを信じていない」と言っているようですけれど、彼女が修行者であることには変わりないと思いました。

菊地さんの手記は、普通に読めば「でたらめを書いた『週刊新潮』と戦った」という内容ですが、修行者の目で読むと彼女が自分のなかにある「恐怖」に気づき、それを見つめ、あきらめないで行動を起こし、恐怖を克服していく様子が書かれています。もしかするとこの恐怖こそ、菊地さんが若くして家族から逃げるようにしてオウムに出家した原因の一つだったかもしれません。そして、自分の心にある恐怖こそが現実を、つまり自分の人生を作り出していることに気づきます。このように心の観察を通じて現実を見ているところが、私が菊地さんを修行者だと思う理由です。菊地さんはオウムによって多くを失いボロボロになったでしょう。それでも彼女の人生を支配していた恐怖というものを克服して、オウム裁判のなかでは奇跡に思える無罪判決を言い渡され解放されるときは、本当に強い女性になっていたのではないかな…そんなふうに思いました。
同じ女性修行者として心から称賛します。

菊地直子さんの手記『「走る爆弾娘」と呼ばれた非日常すぎる状況』(雑誌『創』2015年8月号)はこちらからどうぞ。↓
「逆転無罪判決!オウム元信者・菊地直子さんの手記を公開します」


2017年03月02日

コメント

女性修行者

女性修行者、、当時在家だった自分も、どこかカッコイイと思っていました。
でも、高弟だった皆さん、脱会されて仏法からは離れてしまっているのではないでしょうか。そのことがとても不憫です。あれだけの修行メニューをこなしておられたのですから、修行の素質は十分あるんだと思う。何らかの形で仏法に目を向けて欲しい。そして、その成果を世に還元して欲しい。ここの様なブログ形式でも結構。切にお願いしたいと思う次第です。
  • | 2017-02-28 | 匿名 URL [ 編集 ]

シナリオ

解決の手立てを心が探し始めるということだと思います。
  • | 2017-03-05 | 三橋 URL [ 編集 ]

掟の門

誰のためのゲームなのか?
  • | 2017-03-11 | 三橋 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する