イリュージョン⑤人穴381

“ひとあな”というちょっと変わった地名がオウム真理教富士山総本部道場の住所でした。総本部に居住して運転免許証を持っていたサマナなら「富士宮市人穴381」という住所に見覚えがあるでしょう。1989年から1992年まで、私は人穴にあった富士山総本部道場に住んでいました。
当時の私たちは「解脱・悟り」を目指していて、どうすれば修行が進むかだけを考えて生活していたので、住んでいる地域にどんな歴史や文化があるかなんて、だれも気にかけたりはしませんでした。近くに「白糸の滝」という観光名所があることは聞いていましたが、修行熱心でない“不良サマナ”が「白糸の滝に遊びに行ったらしい」という噂を耳にしても、ワークをさぼって観光名所へ遊びに行くサマナを気の毒に思ってもうらやましいとは思いませんでした。いつも目の前に大きく見えている富士山くらいしか周辺のことは知りませんでした。

それが、オウムをやめてから、ある人に「人穴って変わった名前だよね」と言われたことをきっかけに、人穴や富士山の歴史と文化を詳しく調べてみました。
「人穴」という地名は、総本部道場から1.4キロほど離れたところにある富士山の噴火によってできた溶岩洞窟「人穴」に由来します(洞窟は人穴富士講遺跡として整備され現在も残っています)。富士に住んでいた頃、編集部があった富士と印刷工場のあった上九を、日に何度も行き来して人穴洞窟の近くも通過していましたが、洞窟を見に行ったことは一度もありませんでした。
調べていくと、人穴洞窟はかなり古くから神聖な場所として信仰の対象だったようです。鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』のなかには、源頼家が家臣の仁田四郎忠常に命じて洞窟を探検させたと記録されています(1203年6月)。このとき忠常は家来五人と洞窟に入るのですが、四名が急死して、忠常も翌日になってようやく洞窟から出ることができたと伝えられています。この歴史・伝説について、ある研究者は、人穴が富士山の噴火によってできた溶岩洞窟であることから、奥行きが90メートルもあるといわれている洞窟に火山性の毒ガスが発生していて死者が出たのではないか、と推測していました。
「洞窟の地下深くで、毒ガスかぁ…」
人穴洞窟の伝説とオウムが地下鉄で毒ガスのサリンをまいたことはイメージ的にぼんやりと似ていると思いました。もちろん、似ているだけです。しかし、もう一つの事実を思い出した私は、奇妙な感覚にとらわれました。

信徒・サマナなら、オウムで最も重要で神聖なのは「サマディ」(三昧)だということに同意してくれるでしょう。サマディはサンスクリット語で「死」を意味する言葉で、瞑想の究極状態といわれています。修行者は瞑想によってサマディに入り、死後の世界を経験し、再びこの世に戻って来ることができます。サマディに入ることは聖者の証明であり、サマディがおこなわれた場所は浄化・聖化されるといわれていました。
1988年、富士山総本部道場建立にあたって、教祖は自らサマディをおこなうことで道場用地を浄化し、また、高い瞑想ステージにあることを証明すると宣言しました。当時、私はまだオウムに出合っていなかったので、この時のサマディの様子については後に教団の機関誌で読みました。
サマディの経緯の詳細は省きますが、結果として教祖のサマディは成就しませんでした。原因は、サマディに使われたチェンバーの建材(接着剤)から有毒ガスが発生し、なかで瞑想している教祖に悪影響を与えたことでした。問題のチェンバーを修理して、サマディは何度かやり直されたのですが、そのたびに有毒ガスが発生して中止されました。最終的には、同時にサマディを行っていたケイマ大師の十時間の呼吸停止を計測したことをもって、サマディは成功したと決着させたのです。
つまり、オウムで最も重要な教祖のサマディ――それも富士山総本部道場を建てるためにおこなわれたサマディは、記録を読む限り、三度の有毒ガスの発生によって成就しなかったのです。なんとなくですが、この出来事が毒ガス・サリンを三度まいたオウム真理教と教祖の行く末を、どこか暗示しているように思えます。(池田大作サリン襲撃未遂事件・松本サリン事件・地下鉄サリン事件)

「ただの偶然のイメージの一致…こんな話はオウムの人だって聞く耳を持たないかも…」
私自身そう思っていたのですが、社会学者の大澤真幸氏の著書のなかに、オウムのサマディでの毒ガス発生と地下鉄サリン事件について指摘しているのを見つけたとき、「そこに着目した人が他にもいたんだ…しかもオウムの人でもないのに!」と感心してしまいました。
それに勇気をもらって、オウムと人穴と毒ガスのイメージについて書いてみました。
このようなイメージの重なりはなにをあらわしているのか。そこから読み取れるなにかがあるはずだ…そんな風に思って私はある時期ずっと考えていました。


2017年01月11日

コメント

「風の谷のナウシカ」

今日も三昧塚古墳に行って、円墳部分で右にょうの礼をしてきました◎


今ちょうど日テレで

映画「風の谷のナウシカ」が放送されています。

映画「風の谷のナウシカ」は1984年に公開されました。


ウィキペディアには「オウム真理教」の発足に関して

「1984年(昭和59年)、麻原彰晃(本名・松本智津夫)は後に「オウム真理教」となるヨーガ教室「オウムの会」(その後「オウム神仙の会」と改称)を始めた。」

とあります。


「風の谷のナウシカ」には

「最終戦争」「毒ガスを放つ腐海」「王蟲(オウム)」「救世主」

といった要素が登場します。

ウィキペディアには「王蟲(オウム)」に関して

「種全体で共有する高度な知性を備えており、思いやり、慈しみといった精神文化も持っている。その慈しみは蟲を攻撃した人間にも及ぶため、憎しみに駆られその人間を殺してしまったことを悲しむ。念話(テレパシー)で人間と対話したり、他種の蟲に指令を与え行動を制御することもできる。怒った際の攻撃性は強く、群をなして暴走し、人間の居住地に甚大な被害をもたらす。」

とあります。

「風の谷のナウシカ」とオウム真理教はよくシンクロしています。


オウムのサマナにNさんという人がいたのですが、彼は出家する前、人形劇制作にたずさわっていました。

Nさんが人形劇で狂言の「附子(ぶす)」を制作していたとき

宮崎駿さんが人形のキャラクターデザインをしてくれたそうです。

Nさんが宮崎さんに「どうしてあんなにすごい作品が作れるんですか?」と質問したら

「いや~っ、勝手に出てくるんだよな~っ!」と言ったそうです。


ウィキペディアには「「附子(ぶす)」に関して

「或る家の主が、「附子という猛毒が入っている桶には近づくな」と使用人である太郎冠者(たろうかじゃ)と次郎冠者(じろうかじゃ)に言いおいて外出する。しかし留守番を言い付かった太郎冠者と次郎冠者は、附子のことが気になって仕方がない。主人からは「毒の入った桶から流れてくる空気を浴びただけでも死んでしまう」と言われていた二人は、扇を使って空気をかわしつつ接近を試み、とうとう太郎冠者は、桶の中身を覗いてみることにする。」

とあります。

王蟲(オウム)が大暴れする「風の谷のナウシカ」を作った宮崎さんの協力を得て

Nさんが「毒の入った桶から流れてくる空気を浴びただけでも死んでしまう」という「附子(ぶす)」の人形劇を制作した後

出家したオウム真理教が毒ガスを製造して散布して甚大な被害を出すことになりました。


このようなあまりにも絶妙な一致、シンクロニシティを体験し続けると

「すべてはひとつ」

「すべての現象は完全にひとつにつながって運行されている」

という実感が深まっていきます。


(追伸)

通常「救世主」として取り上げられるのは男性が多いですが

「風の谷のナウシカ」は女性が救世主として取り上げられています。


ナウシカは自分の身を挺して暴走する王蟲(オウム)を止めます。


「風の谷のナウシカ」は「長い間闘争原理によって暴走してきた男性性社会を融和原理の女性性が止めていく」というこれからの時代の流れを示しているのかもしれません。


「風の谷のナウシカ」に登場する巨神兵のシーンは庵野秀明さんが担当しました。

庵野秀明さんはのちに「新世紀エヴァンゲリオン」を製作・発表し、大きな社会現象を起こしました。


「新世紀エヴァンゲリオン」とオウム真理教に多くのシンクロニシティが起こっていることは教団内外の人たちからよく指摘されています。


戦後アメリカの支配政策によって極端な物質主義に走った日本に

インドの仏教・ヨーガによって極端な精神主義に走ったオウムがアンチ・テーゼとして登場したと感じています。

これからは物質主義と精神主義のジンテーゼ・融合が個人レベルで、社会レベルで産みの苦しみを体験しながら進んでいくと感じています。

  • | 2017-01-13 | 至福 URL [ 編集 ]

今「風の谷のナウシカ」を見ていたら

「よく精神世界では

『過去も未来も存在していない。

 今しかない』っていうよな。


あっ、『ナウシカ』は『NOWシカ』で

『今しか』になる。


『今しか』ないのか(笑)


ナウシカが勇敢なのは今を生きているからか」

と気づきました。


するとちょうどそのとき、「風の谷のナウシカ」で

アスベルがナウシカに

「飛び立つのは今しかない!」

と叫びました!


「今しかない!」んですね(笑)


すべてはひとつにつながって運行されていますね^^♪


  • | 2017-01-13 | 至福 URL [ 編集 ]

Re: 今

> あっ、『ナウシカ』は『NOWシカ』で
> 『今しか』になる。
> 『今しか』ないのか(笑)

至福さん、
「ナウシカ」=『NOWシカ』=「今しか」
笑った。思わず「座布団もってきて」と言いそうに…。

潜在意識に深く突っ込んでいると、語呂合わせ、数字合わせが得意になります。
テレビから流れてくる言葉は自分にかけられているようなタイミングに聞こえます。
*統合失調症の人が語る世界もほぼ同じですから注意してください(^^;)

核で汚染された後の世界を描いた『風の谷のナウシカ』が公開されたのは1984年3月11日。
現実に日本が放射能汚染された東日本大震災 3.11と同じ日です。
麻原彰晃の誕生日は3月2日。象徴的には3.11と3.02は同じです。
(たとえば人穴381は人穴3+8+1=12で人穴12と同じというように)
そして地下鉄サリン事件の3.20と3.02も象徴的には同じ…。

私がこんな話をしていたら聞いていた元サマナが目を輝かせて
「サマナのAさんも誕生日が3月2日です!」と大きな声で言いました。
それで、突っ込んでいた私の意識もこっちの世界へ戻ることができました(笑)

  • | 2017-01-14 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: 「風の谷のナウシカ」

> このようなあまりにも絶妙な一致、シンクロニシティを体験し続けると
> 「すべてはひとつ」
> 「すべての現象は完全にひとつにつながって運行されている」
> という実感が深まっていきます。

私も、まるでシンクロニシティの雨の中にいるようだ…と思ったことがあります。
それを経て、私は至福さんとは少し違う実感をもっています。
イリュージョン・シリーズでそこを書けるかな? と思っているのですが、
どうなることやら…。

いつも興味深い体験をありがとうございます。
(だいじょうぶかな…と、少々思いつつ笑)
  • | 2017-01-14 | 元TD URL [ 編集 ]

Re:Re:今

>テレビから流れてくる言葉は自分にかけられているようなタイミングに聞こえます。
*統合失調症の人が語る世界もほぼ同じですから注意してください(^^;)

だとすれば、その種の体験が統合失調症の現れでないと言い切れますでしょうか? 横レス恐縮です。
  • | 2017-01-14 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: Re:Re:今

> だとすれば、その種の体験が統合失調症の現れでないと言い切れますでしょうか? 横レス恐縮です。

ご質問ありがとうございます。
このブログでも何度か指摘していますが、修行上の体験と心身症の体験は同じだ、というのが教祖の考えです。
修行の初期の頃、教祖は周囲から「おかしい、精神病だ」といわれたと言っていますし、修行の途上で精神が分裂するのは通る道だとも言っています。
私自身の体験、あるいはオウムの人たちの様子、そして統合失調症の文献を読んでみると、修行上の体験と統合失調症の方の体験は同じなんだろうと思います。
違いは、そういう体験を経て、どういう認識に至るかということなんだろうと私は思っています。


  • | 2017-01-15 | 元TD URL [ 編集 ]

人穴の洞窟

わたしは人穴に住んでいるときは、洞窟のことは知りませんでしたが、福山に戻ってから知り合った女性が、人穴の洞窟に興味を持っていて、行ったことがあると言っていました。彼女は地底の世界アガルタに興味を持っていて、人穴の洞窟は地底世界に通じているのではないかと言っていました。中には入れなかったようですが、怖くない、自分なら入っていけると思うと言っていました。至福さんが書いているように、根底ではすべては一つにつながっていて、例えば、人穴という言葉(言霊)が共振して、引きあうのだろうと思います。

マヤの叡智、2012年を世界に紹介したホゼ・アグエイアス博士は、シンクロニシティーは13:20の計時周波数の世界では、当たり前のことだと説明しています。
  • | 2017-01-16 | U URL [ 編集 ]

Re: 人穴の洞窟

> わたしは人穴に住んでいるときは、洞窟のことは知りませんでしたが、福山に戻ってから知り合った女性が、人穴の洞窟に興味を持っていて、行ったことがあると言っていました。彼女は地底の世界アガルタに興味を持っていて、人穴の洞窟は地底世界に通じているのではないかと言っていました。中には入れなかったようですが、怖くない、自分なら入っていけると思うと言っていました。至福さんが書いているように、根底ではすべては一つにつながっていて、例えば、人穴という言葉(言霊)が共振して、引きあうのだろうと思います。

コメントありがとうございます。
私は脱会してから人穴に何度か行きました。
もちろん洞窟に入りましたよ。
伝説では、人穴は「江の島」に通じているとされています。
そして、江の島は古来から宗教的な修行の場で「鍼灸師」の聖地でもあります。
教祖は鍼灸師でもあったので、ここもつながってしまいましたね…(笑)
  • | 2017-01-16 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

私は子供のころに手かざしの道場に 親に連れられて通ったものです。
  • | 2017-01-29 | 三橋 URL [ 編集 ]

No title

みんなのうた
  • | 2017-02-14 | 三橋 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する