イリュージョン④「君の名は、シン・ゴジラ。」

一年以上も前のことです。
「麻原さんて、不知火の海からやってきたゴジラのような存在だと思うの…」
電話をかけてきた作家のTさんが開口一番そう言いました。
「は?」
最初はなんのことだかわかりませんでした。オウムの取材をしているTさんは、私にとっては突っ込んだ話ができるただ一人の一般の方です。メールのやり取りをしたり、会って教義や修行や事件の話をしていましたが、いきなり電話でこんなことを言ってくるなんて、Tさんはよほどこのひらめきを話したかったのでしょう。
広島・長崎への原子爆弾投下と敗戦、ビキニ環礁水爆実験と第五福竜丸の被爆…ゴジラという存在は、日本が経験した「核」による破壊と犠牲の象徴のようなものではないか、ゴジラが近代科学兵器の落とし子なら、“アサハラ”は同じように水俣事件に代表される近代資本主義の落とし子、日本の近代化によって破壊され犠牲となったものの象徴的存在と見ることができるのではないか――Tさんが熱心に語る災厄と犠牲と鎮魂の話を聞きながら、私はぼんやりとそんなふうに理解していました。

私はずっと、麻原彰晃という宗教家が生まれた時代、そしてオウムという宗教団体を作り、霊的覚醒を強く求め、破滅していったことの意味を模索していたので、「ゴジラ」と「アサハラ」が似たような存在ではないかというとらえ方は、オウムという現象をつかむ一つの手がかりになりそうな気がしました。さっそく図書館へ行って、Tさんが紹介してくれた『ゴジラとナウシカ』と、本棚で目についた『ゴジラの精神史』という本を読んでみました。

一九五四年十一月に公開された初代『ゴジラ』制作の背景には、アメリカによるビキニ環礁水爆実験と、第五福竜丸乗組員の被爆という事件があり、怪獣娯楽映画『ゴジラ』はたしかに「反核」の精神を宿していました。そして、『ゴジラ』公開から三か月後の五五年三月二日、麻原彰晃は不知火海沿岸の金剛村に誕生します。そのころすでに不知火海の水銀汚染は進み、翌五六年には最初の水俣病の患者が公式認定されています。
このように照らし合わせてみると、Tさんの「麻原彰晃という存在は不知火海からやって来たゴジラのような存在ではないか」という一見突飛なアイディアも、それほどおかしな話ではないのかもしれません。
ちなみに日本のゴジラ映画シリーズは二〇〇四年公開の第28作『ゴジラ FINAL WARS』で終了しましたが、これは麻原彰晃の一審死刑判決が言い渡された年でもありました。その後、控訴の手続きが意外なかたちで突然打ち切られ、一審の死刑が確定してしまいます。はじまりと同じように、ゴジラとアサハラの物語は時を同じくして終了したのです。

『ゴジラ FINAL WARS』から十二年後の今年、ゴジラは『シン・ゴジラ』として再びよみがえりました。そして、一か月遅れて公開され今なお大ヒット中の映画が『君の名は。』です。
私は『君の名は。』と『シン・ゴジラ』を続けて観たのですが、まったく違う映画なのにその中核にはよく似たイメージがあることに気づきました。
『君の名は。』という物語の主軸になっているのは「ティアマト彗星」の飛来と破壊なのですが、長い尾を持つ彗星は、古代から天空の蛇である「竜」のイメージと重ねられていました。一方のシン・ゴジラは、最終形態では胴体が118.5メートル、尾っぽの長さは200メートルを超えます。身体に対してアンバランスなほど小さい手(前肢)を持つシン・ゴジラは、長い身体をうねらせるようにして街を破壊していきます。私には、「ティアマト彗星」と「シン・ゴジラ」という巨大な蛇(竜)が、天空と海底からやってきて爆発的ヒットを生み出したように思われました。蛇や竜といったクンダリニーの象徴には、破壊的でありながら同時に正反対のものが結びついて生まれるダイナミックな創造のエネルギーがあります。
ところで、『君の名は。』のヒロイン三葉が住んでいる田舎町のモデルは私の実家のある町で、今では聖地巡礼と称して大勢の人が訪れる映画に出てくるあの図書館は、まさにこの「オウムとクンダリニー」を書いていた場所なのです。
どうやら映画を観た私のなかで、ゴジラとアサハラ、『君の名は。』と『シン・ゴジラ』が結ばれてしまったようです。

*******
Tさんの「アサハラ・ゴジラ説」はいろいろなことを考えさせてくれましたが、記事に全部盛り込むことができませんでしたので少し補足します。
ゴジラ映画が28作も作られていたなんて驚きでした(アメリカで作られたものは含めません)。日本人にとってゴジラは特別な存在で、“荒ぶる神”のようなものかもしれません。同じことが原子爆弾(核エネルギー)についてもいえるのではないでしょうか。広島・長崎の被爆、第五福竜丸の被爆、福島の原子力発電所の事故という甚大な被害をこうむりながら、今なお日本人が原子力政策の根本を見直さないのは、核エネルギーに“荒ぶる神”を投影しているからなのかもしれません。原爆の父と言われている物理学者のオッペンハイマーも「原子力は生と死の両面を持った神である。」と言っています。このように相反する両面を持った神は――オウムの本尊「グヤサマジャ」も同じですが、破壊力と創造力が結びついた莫大なエネルギーを有しています。この神のエネルギーに魅せられ、とり憑かれる(同一化する)とき、無意識のうちに人はどのように行動するようになり、その結果なにが引き起こされるか…それこそオウム事件から学ぶことのできる貴重なストーリーだと思います。

※関連する過去記事もどうぞ⇒「番外編07.水俣」「#06.核時代のグル」「102.グヤサマジャ」「シヴァ・ビンドゥ04



2016年12月28日

コメント

No title

う、「君」の「名前」が「ゴジラ」なのかと思った。(笑)
  • | 2017-01-01 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> う、「君」の「名前」が「ゴジラ」なのかと思った。(笑)

えらい! 最近の情報に毒されてませんね笑
  • | 2017-01-01 | 元TD URL [ 編集 ]

映画作品を見た。

この記事に触発されて、暮に、“シン・ゴジラ”、“君の名は。”の両作品を見てきました。両作品とも、災害を大きなテーマにしていますね。特に後者は、町民を避難させる騒ぎのくだりに、'95年ころの市中のオウム騒ぎを思い起こしました。
  • | 2017-01-01 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 映画作品を見た。

> この記事に触発されて、暮に、“シン・ゴジラ”、“君の名は。”の両作品を見てきました。両作品とも、災害を大きなテーマにしていますね。特に後者は、町民を避難させる騒ぎのくだりに、'95年ころの市中のオウム騒ぎを思い起こしました。

えっ…、これ読んで映画行かれたんですか…イリュージョン・シリーズですから笑
『シン・ゴジラ』は破壊の波動(?)がキツくて見ていて辛かったです。
『君の名は。』はイメージがきれいでしたが、無意識に飛騨弁チェックしてしまって後半物語についていけなかったけど…。
  • | 2017-01-01 | 元TD URL [ 編集 ]

ファンタジー

「君の名は。」はSF的な要素もあるファンタジーで不思議な出来事がおきるアニメ。だけど、このブログの内容はリアルファンタジーですね。アーチャリー正大師が夢と同じ胸の真ん中をパーンとたたいた(32)とか、ニューナルコの後、自分と世界との境界のどこかが破れて、そこから世界が浸食してきて、未来を予知できた(75)とか、実にリアルファンタジー。関係者以外が読むと、フィクションかと思うような神秘性があります。新海監督がこのブログを読んだとしたら、何かの次回作のヒントを得るかも。
  • | 2017-01-02 | ライナス URL [ 編集 ]

Re: ファンタジー

> 関係者以外が読むと、フィクションかと思うような神秘性があります。新海監督がこのブログを読んだとしたら、何かの次回作のヒントを得るかも。

ライナスさん、ありがとうございます。
新春初笑い(笑)
  • | 2017-01-02 | 元TD URL [ 編集 ]

ひとりごと

大晦日の紅白をチャンネル変えながらときどき見たんですけど、NHKなのにあんなに東宝の『シン・ゴジラ』と『君の名は。』の宣伝していいのか? 
特にゴジラは「そこまでやりますか…」というくらいでした。やはり日本人はゴジラが好きなんだなあ…と思いましたね(笑)
  • | 2017-01-04 | 元TD URL [ 編集 ]

Re:ひとりごと

もっと書いてください。文芸批評でも時事問題でも、何でも構わないですから。良い意味で非常に刺激になっています。
私はオウムを辞めてからも仏教の勉強を続けています。元TD師のことは、修行上の先輩、今でも大事な法友の一人だと思っています。ご自身のことを発信されているのはこのブログだけでしょうか。飛騨地方にお住まいなのでしょうか。お元気でいてください。
  • | 2017-01-08 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: Re:ひとりごと

> もっと書いてください。文芸批評でも時事問題でも、何でも構わないですから。良い意味で非常に刺激になっています。
> 私はオウムを辞めてからも仏教の勉強を続けています。元TD師のことは、修行上の先輩、今でも大事な法友の一人だと思っています。ご自身のことを発信されているのはこのブログだけでしょうか。飛騨地方にお住まいなのでしょうか。お元気でいてください。

そう言っていただけるとうれしいです。ありがとう。オウムについて考えた十年の記録をここで発信しているのみです。匿名さんもお元気でダルマの道を歩まれてください。ブッダの祝福がありますように。
  • | 2017-01-09 | 元TD URL [ 編集 ]

怪物

教祖は、自分のことを怪物を呼んでいましたね。ふさわしい呼び名と思います。
  • | 2017-01-16 | U URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する