悪について思うこと

先日、オウムについて話を聞きたいという研究者の方とお会いしました。このブログも読んでくださっていて、会って最初にこんな質問をされました。

「悪とはなにか、ということについて、いまはどう考えていますか?」

それは、私がブログの一番最初に書いた次の文章についての質問でした。

『私は一人で「オウムとはなんだったのか」という答えを求め、考え続けた。
それは「宗教とはなにか」「霊性とはなにか」そして「悪とはなにか」という問いでもあった。』(「1.二〇一二年」)

「いきなり核心をつかれちゃったなぁ…」
私は少し答えにつまってしまいました。「うーん…」と言葉を選びながら、かろうじてこんなふうにお答えしたと思います。
「ずっと、私は悪のようなものとは無関係だと思っていましたから、悪について考えてみたこともなかったんです。でも、事件以降は、悪というものは私のすぐ近くにあるもの…という感じがしています。そうですね、悪は身近なもの、と言ったらいいのでしょうか…」
いま思い出しても、うまく説明できたとはとても思えません…。

ですので、オウムを通じて「悪」について考えてきたことを、整理を兼ねて少し書いてみようと思います。

教団にいた頃、私はオウムの人たちに、邪悪なものを感じたことは一度もありませんでした。私が知っている在家の信徒さんや出家修行者たちは、真面目な善き人たちで、皆、自分を高めようとしていました。他人を苦しめること、傷つけること、非難するようなこととはかけ離れた世界だったのです。それはオウム事件で死刑が確定している人たち――マスコミから「殺人マシーン」と呼ばれた林泰男死刑囚も、いまもなお教祖への帰依を公言して崩さない新実智光死刑囚も同じです。彼らはたしかに残虐非道な犯罪を犯しましたが、私はだれからも狂暴性や、冷酷さ、邪悪さを感じたことはありませんでした。人格障害や精神疾患などともほど遠い、普通の知性をもった個性のある人たちだったと思います。
教団をやめてから、私は一度だけ「ここはオウムと雰囲気が似ているなぁ…」と思ったことがあるのですが、それは母がお世話になった老人福祉施設でスタッフの方々と接したときです。損得勘定ぬきに、他人を助けたいと思っているので似ているのかな、なんて思いました。オウムもそんな雰囲気だったのです。

事件後、オウムの犯罪が明らかになるにつれ、私は思いました。
「これが悪というものなんだ…」
それまで私は、悪というものは暗くて、陰湿で、ひどくゆがんで、ねじ曲がったものだと思っていました。でもオウムが悪であるのなら、悪にはオウムがもっていた明るさや輝きや透明さがあるということになります。私が知っているオウムの世界と私が知らなかったオウムの犯罪――それらをひっくるめて「これが悪というものなんだ…」と考えていると、漠然と抱いていた悪の真っ黒なイメージが変わっていきました。私にとって悪の色は、もう単なる平面的な黒ではなくなりました。
もう一つ、悪について思うことは、大きな「悪」をこの現実へと担ぎ出すのは「善き人びと」なのではないか、ということです。善き人びととは、以前の私のように「自分は悪とは無関係だ」と思っていて、漠然と善いことをしたいと願っている――つまりオウムの人たちであり普通の人びとです。普通の人は、オウムなどとはかかわりたくないと思うものですが、だからこそ、オウムという悪について考えることの意味は大きいのかもしれません。

一緒に生活し、同じ目標を生きていた仲間が、十三人も死刑囚に、六人も無期懲役囚になってしまった…いったいこれはどういうこと? 私の人生にこんなことが起きるなんて、思いもしなかったことです。実行犯が皆、新実さんのように一貫して確信犯なら、こんなに不可解な思いはしなかったでしょう(賛同はしませんが)。彼らの多くが「救済だと信じてやってしまった」「こんなことになるとは思わなかった」「後悔している」と言うのを聞くと、「事件って、いったいなんだったんだろう…」そう考え続けずにはいられませんでした。


2016年12月04日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

その研究者というのは、何の研究者?

人間の行動は常に、その瞬間は善だよ。(笑)
  • | 2016-12-10 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> その研究者というのは、何の研究者?

日本の新宗教だそうです。
  • | 2016-12-10 | 元TD URL [ 編集 ]

悪とは

カルマの法則を認めると、行為自体には善悪の区別はなくなる。
よって、心の働きがどのチャクラに対応した波動か?
エネルギーが上昇しているかどうか?
そういったことで善悪が判断できます。
修行者向けの回答だけれど、
一般的な人にも丁寧に説明したら理解してくれると思います。
  • | 2016-12-14 | ライナス URL [ 編集 ]

Re: 悪とは

> 一般的な人にも丁寧に説明したら理解してくれると思います。

いやいや、普通は生体「エネルギー」ということが、実感的にはわからないですから。
たとえば、一度も雪を見たことも触ったこともない人に、雪を説明して理解してもらうのは無理だと思いますよ。
  • | 2016-12-14 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

教祖は、事件というものを起こすことで、それによって起き上がる(解放される)悪、黒いものを意図的に自分のところに集めた、とはいえないでしょうか。






  • | 2017-01-29 | U URL [ 編集 ]

Re: No title

> 教祖は、事件というものを起こすことで、それによって起き上がる(解放される)悪、黒いものを意図的に自分のところに集めた、とはいえないでしょうか。

オウム事件について、肝心の教祖が動機その他を語っていないので、どのような考えも成り立ちますし、どう解釈しようと自由というか…。
ただ、その人の解釈が説得力を持つためには、その人が経験したオウムを物語れるかどうかだと私は思ったんですよね。
修行者としては、解釈も説得力も必要なく「犀の角のようにただ独り歩め。」であり、教祖の沈黙をオウム的に好意的に解釈すれば、そういうことなんでしょうが…。
  • | 2017-01-30 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する