イリュージョン③「松本」と「石井」

一九七八年、教祖の妻、松本知子さんは予備校で知り合った松本智津夫氏と十九歳の若さで結婚しています。そのときのエピソードが教団機関誌に載っていました。

――その頃、まだ修行に縁のなかったごく普通の人間である尊師に出会ったのでした。変わった人でした。一番びっくりしたのは、名前も知らない最初から、私と結婚すると決め込んでいたということでした。
尊師は、
「結婚は前生からの約束だった。」
と言われますが、私には前生のそんな記憶などあろうはずもなく、
「バカみたい!」
としか思えませんでした(ごめんなさい)。――
(『マハーヤーナ』27号より)

「名前も知らない最初から」とありますが、当時松本知子さんの名前は「石井知子」でした。事件後、私は松本知子さんの旧姓が「石井」だということを知って「あれ?」と思いました。教祖の一番弟子であり、もう一人の妻といってもいい石井久子さん(ケイマ正大師)も「石井」ですから、「二人とも、石井なんだ…」と思ったのです。二人の石井さんに親戚関係はありませんから、これは単なる偶然です。

たしか九三年頃だったと思いますが、出家した弟子全員を教祖の養子にして「松本」姓にするという話が持ち上がったことがありました。教祖は、ノストラダムスや出口王仁三郎の予言を検討して、世紀末に登場する救世主は「松本」という名、あるいは「松」に関連すると予言されていると言っていました。(*)そのような予言があったから弟子を全員養子にして、「松の系統」にしたかったようです。さすがに千人ちかい養子縁組は実現しなかったので、私は戸籍を変えなくて済んだことにちょっとほっとしました。

「松」という象徴についてシンボル辞典にはこう書かれています。

「松は、高潔、直情径行、活力、豊穣、性格の強さ、沈黙、孤独をあらわし、男根象徴でもある。常緑樹として松は不死の象徴。松は死体を腐敗から守るとされ、棺桶に用いられたり、墓地に植えられたりする。松は厄除けにされる。松かさは、形が炎や男根と似ているので、男性的創造力、豊穣、幸運をあらわす。」
「一説によれば、松かさの円錐形と、回転するコマは、渦巻きや螺旋と同じ象徴的意味を持つ――つまり大いなる生成力・創造力をあらわす。」


松はファルス、すなわち男根の象徴だというのです。松という樹木(柱)とその特長的な松かさのイメージは、たしかに男根象徴なのでしょう。そうすると…。
私は、インターネットでインドの「シヴァリンガ」の写真を確認しました。シヴァ神の象徴とされるシヴァリンガは、男根(リンガ)と女陰(ヨニ)が合一しているものです。男根は石の柱、女陰は石の井戸のようなもので造られています。
これは「松本」と「石井」なんだ…。
そして、この陰陽が合一するシヴァリンガは、もちろんオウムの本尊「グヤサマジャ」と同じイメージです。

Blessed by a Lingawidth=
Blessed by a Linga / ebdohlei
シヴァリンガ

私は、ふと、「松本」という名前の街にサリンがまかれてしまったのも、このような無意識のエネルギーが働いていたかもしれないな、と思いました。また、教祖の弁護を担当した十二人の国選弁護団は一審終了後に全員が辞任して、控訴審を引き継いだのは、松井武と松下明夫という名字に「松」のつく二人の弁護士でした。松本麗華さんの『止まった時計』を読むと、教団を離れた麗華さんが誰よりも信頼を寄せている人物は松井弁護士のように思えます。松井は「松」と「石井」が統合したような名前ですから、こんなところにも教祖にまつわる強烈なエネルギーが作り出したイメージを見るような気がします。

(*)ノストラダムスの予言詩に、「救世主は、大乗の悟りに到達している松本を姓とする盲目の人である」と解釈できるものがあったこと。また、大本教の出口王仁三郎が言ったとされる「弥勒の神下生して三界の大改正を成就し、松の世を顕現するため」云々という、弥勒によって「松の世」があらわれる予言があったという。


2016年10月20日

コメント

予言

>ノストラダムスの予言詩に、「救世主は、大乗の悟りに到達している松本を姓とする盲目の人である」と解釈できるものがあったこと。また、大本教の出口王仁三郎が言ったとされる「弥勒の神下生して三界の大改正を成就し、松の世を顕現するため」云々という、弥勒によって「松の世」があらわれる予言があったという。

元TD師さまは、この種の解釈を今も信じておられるのでしょうか?
また、今後、オウム残党の巻き返しなるものは、あり得ると思いますか?
  • | 2016-10-22 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 予言

> 元TD師さまは、この種の解釈を今も信じておられるのでしょうか?

予言については、当時も今も信じるということはありません。

> また、今後、オウム残党の巻き返しなるものは、あり得ると思いますか?

ないと思いますよ。
ただ…、残党云々とは関係なく、世界は“オウム化”していくんじゃないか…とは思います。
(地下鉄サリン以降、世界は明らかにテロの時代になったようなことです)

  • | 2016-10-23 | 元TD URL [ 編集 ]

「松本智津夫」とは?

松本はローマ字で

MATSUMOTO

と表記されます。


MATSUMOTOには

A UMという文字があります。


AUMはシヴァ神のマントラです。


松本の「松」は木へんに「公」がついています。


「公」は「おおやけ」と読めば、個人を超えた公の利益、大乗という意味につながり

「ハム」と読めば、真我、シヴァ神という意味につながります。


インドでは真我・自己を「アハム」という場合があり

「ア」が省略されて「ハム」という場合があります。


オーム ソー ハム シヴァム

というマントラは

「オーム わたしはシヴァの神」

という意味になります。

「ソー ハム」は「彼は我なり」という意味です。


梵字の「ハム字」はシヴァ神の象徴とされる場合があります。


「松」という字を広辞苑で引くと

「松とは、その木に神が降りてくることを『まつ』ということである」

とあります。

「松」の「木」は「十」と「人」が重なっています。

「木」は文字の形状から「十字架にかかっている人」と見て取れます。


「松本」の「本」には「本当、本物、もと、本(ほん)」という意味があります。


開祖の本名である松本智津夫には「津」という字がありますが

奥さんの実家がある「木更津市」にも「津」という字があります。


津には「港・船着き場」という意味があります。


港・船着き場の役割は人が乗っている多くの船を受け入れ、留め、送り出すことです。


智津夫の「智」は智慧の智であり

夫は妻のいる男性です。

夫という字は

天の上に点があります。

夫という字は文字の形状から象徴的に

「天の頂点にいる者、天界の王」という解釈ができます。


このように象徴的に「松本智津夫」という名前を解釈すると

松本智津夫とは

AUMという波動が象徴するシヴァ神の化身であり

真我に目覚めた者であり

大乗の修行者であり

十字架にかかっている者であり

本当のことを知っている本物であり

本を出している者であり

智慧ある魂であり

多くの人を受け入れ、留め、送り出し

妻のいる在家の修行者であり

天界の王である

という意味が浮かび上がってきます。
  • | 2016-10-29 | 至福 URL [ 編集 ]

私も予言については信用していませんでした。

弟子に修行をさせる方便と思っていましたが、まともに信じている人が多くてびっくりした記憶があります。

私としては、社会的な流れや教団の雰囲気からして、予言が当たるとは思えませんでした。

少なからず予言に依存し、予言が当たることで、自分たちや教団の正しさを証明しようと期待をした人がいたと思います。

事件後、社会的に八方ふさがりになった教団の中では、そのような風潮が特にあったのではと思います。

私が1999年の予言を含む一連の予言が当たっていないことを、当時、A正悟師のところにいた親しいサマナに質問をしましたら、教団を運営していた正悟師の方々もこの件は困惑をされていた話を聞きました。私以外にも質問されるサマナや信徒がいたので、現象化が遅れてるのだろうという回答をしてると聞きました。

グヤサマジャはとても関心があるのですが、今だに漠然とした理解しかありません。





  • | 2016-10-30 | 元信者 URL [ 編集 ]

Re: 「松本智津夫」とは?

イリュージョン③のような記事は、やっぱり受けないよなあ…と思っていたら、至福さんが長いコメントをくれました。意識が突っ込んでいると、そこからするするっと言葉が出てきたりします。私にもそんなことが何度もありましたよ…。

********

1955.0302。
二つの魚の分裂と統合のサイン「♓」うお座のとき
液体と金属の二つの顔をもつメルクリウスの水銀
汚された不知火の海と干潟の地
ヴァジラという名の場所に
松の名と、ホルスの隻眼をもつ
一人の息子を降ろそう
7人の子どもの4番目として
解放と超越の「7」
私が座する心臓の蓮華
救済のチャクラ「4」
1が2となり、2が3となり、第4のものとしての4となる
錬金術のヘルメス
オシリスの息子ホルス
私はお前に最終解脱を与えよう
この栄冠によって
ヘルメスの道、ホルスの道、救済者の道を歩め
私が与えるすべてのエネルギーを
まだ昏(くら)き衆生に注げ
それがイニシエーション
シヴァの道
私は望む
新しい世界のはじまりのために
一人のしもべを
対立物の狭間で引き裂かれる者を
完全なる犠牲
私はお前のすべてを欲す
それが三重に偉大なヘルメスの系統
ホルスの系統
すべての人に憎まれ、蔑まれ、憐れまれ、
富と栄光と称賛の代わりに
醜悪さ、卑劣さ、悪のなかの悪という
いばらの冠を頂いて
闇のなかの闇へとほふられよ
輪廻の大海に沈んでも
決して水とまざることがないよう
私はお前の頭に油を注ごう
深淵へとほふられよ
来たるべきシヴァの時代のために
その種子として

「キリストになれ」


  • | 2016-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No Title

元信者さんへ

コメントありがとうございます。
私も同じでした。ただ、私にはそれを否定するほどの根拠もなかったので、信じないままその雰囲気の中にいました。

予言が当たらなかったという「現実」の前で、なにを考えるか、あるいは考えないか、人それぞれだったと思います。
予言は修行させる「方便」というのはそのとおりだと思います。私は「物語」という言葉をつかっていますけど。
私たちは救済ストーリーが大好きでした。ただ、菩薩の物語ではなく、派手なヒーロー物語が好きだったのかも…。
教祖の成就者向けの説法で「君たちは目立つことが大好きである。性欲、食欲が大好きである。縁の下の力持ちになろうとしない」という内容がありました。今もときどきあの叱責する声が浮かんできます。
  • | 2016-11-01 | 元TD URL [ 編集 ]

「シヴァリンガ」と「ヨニ」の合一

元TDさま

返信ありがとうございます^^

私の自宅から三キロの場所に「三昧塚古墳」という前方後円墳があります。


四年ほど前からよくここを訪れて

円墳の二段目をひたすら右回りに歩く右繞(うにょう)の礼を行い

円墳の中央に座って座禅したり

円墳の中央に立って大周天気功を回しています。


昨日も行ってきました。


わたしはラマナ・マハルシの真我探究の実践で

サマディ・三昧に入れるようになりました。


そしてサマディ・三昧を深めるために自然に「三昧塚古墳」に導かれ

サマディ・三昧を深め続けています。


2014年9月、「三昧塚古墳」で

「なんで自分はよくここを訪れて、ひたすらサマディ・三昧を深め続けることになったのだろうか?」

と不思議に思い、心を静めて集中してみました。

すると

「自分はこの古墳に埋葬されいた人物だ!

 この古墳は過去世のわたしのために作られたものだ!」

というインスピレーションがやって来ました。


非常に驚くのと同時に非常に納得しました。


そして前方後円墳の形がインドのヨニの形にそっくりで

円墳の中央に立つと自分がシヴァリンガになることに気づき、さらに驚きました。



円墳の中央に立つと、筑波山が非常によく見えます。

筑波山は男体山と女体山がひとつになっていて、山そのものがイザナギ・イザナミの神体とされています。

筑波山は男体山と女体山がひとつになっている陰陽合一の山です。

筑波山神社は縁結び・夫婦和合の神社です。


2014年に

「自分はこの古墳に埋葬されていた人物だ!

 この古墳は過去世のわたしのために作られたものだ!」

と気づいたとき

「何かシンクロニシティは起きていないだろうか?」

と思いました。


すると、古墳から馬の装飾がなされた冠が出ていることに気づき

「今年2014年はうま年だ!

 うま年にこの古墳に埋葬されていた馬の冠をかぶっていた人物が自分の過去世だったと気づいたというシンクロが起こった!」

と驚き納得しました。


先日テレビを見ているとき、何気にチャンネルをNHKに変えたら

いきなりこの馬の冠が登場して驚きました。


そして現在茨城県立歴史館で三昧塚古墳の出土品の展示会が行われていることを知りました。

明日この展示会に行こうと思っています。

この古墳は5世紀末にに作られたとされているので
およそ1500年ぶりにこの冠と対面することになります。


太古の日本にわたしのために作られた古墳が三昧塚古墳と名付けられ、きれいに復元され整備され

現代の日本に転生してきたわたしのサマディ・三昧を深めるためのパワースポットして機能していることに

ただただ驚嘆するほかありません。


インド神話ではシヴァ神はカイラーサ山で瞑想したり、踊ったりしているとされています。

仏陀釈迦牟尼はよく弟子たちといっしょにギッジャクータ山の山頂に訪れて、瞑想したり説法していました。

ラマナ・マハルシはアルナーチャラ山の麓に定住し、よく帰依者と共にアルナーチャラ山を歩いていました。

アルナーチャラ山を右回りに周回することはギリプラダクシナと呼ばれています。


わたしもサマディを深めるために自然に三昧塚古墳に導かれ
右繞の礼を行い、円墳の上で陰陽合一の山である筑波山を臨みながら、サマディ・三昧を深めています。


山は大地が天に向かって盛りあがっていて

天地のエネルギーを受けやすいので

多くの修行者たちが山で修行するということがよく分かりました。


元TDさんが「松本」「石井」と「シヴァリンガ」「ヨニ」の陰陽合一のシンクロニシティを紹介してくれたので

わたしも三昧塚古墳で体験した「シヴァリンガ」「ヨニ」と陰陽合一の山である筑波山のシンクロニシティを紹介させていただきました^^



(追伸)

「松本」の妻の名は「石井知子」

「松本」の女性の一番弟子の名は「石井久子」


「松本」 と 「石井」がひとつになり
 シヴァリンガ ヨニ
 垂直     水平

「知恵」 と 「久遠」が現れる
 子      子

という興味深いシンクロが現れています。


知子さんは木更津市で生まれ育ち

松本さんに嫁ぐことになりました。


わたしも木更津市で生まれ幼少期を過ごし

松本さんに弟子入りすることになりました。


木  更  津市で生まれた者が
木公 本 智津夫氏のもとで非常に神秘的で、非常にダイナミックな人生体験をすることになりました(苦笑)
  • | 2016-11-02 | 至福 URL [ 編集 ]

No title

元TD師へ
同世代の小生は、ガチで予言を信じる方だったと思います。どちらかというと、ノストラダムスの予言より、「ヨハネの黙示録」の預言の方です。教祖の「滅亡の日」の新刊書籍のチラシに、実名・写真入りで推薦文を載せていただきましたが、そのことについては、未だに何の後悔もありません。確かに、今のところハズレたのかもしれません。現象化が大幅に遅れていることは事実です。第3次世界大戦らしき核戦争もまだですし、ロシア・中国も滅亡していないようですし、イギリスも健在です。しかし、教祖や教団が存在せずに、この世界に介入しなかった場合は、どうだったのか?は誰にもわかりません。因みに、教祖が「神仙の会」の頃の説法で、「千年王国とかいって、ユートピア建設を目標にしても、千年しか続かなければ意味ないのでは?」という当時の会員の質問に、教祖は笑って、「その通り。だから、いうなれば、そういう救済の目標を掲げることは、君たちに修行させるためのいわゆるエサだ!」と断言されているのお聞きしていたので、あまり当たりハズレにこだわっていません。むしろ、そのようなカタストロフィーを避けるための社会活動と個人の修行を結びつけることに対する新鮮さ、みたいなものを強く感じていました。そして、教祖は「だけどね、私たちはこの地球という、修行できる環境を残さなければならないんだ。そして、そういう救済活動に身を捧げる修行者が修行を成就していくだろう。」と続けておられました。今でも、あの時の説法が小生の耳に響いてくるようです。脱会後21年経過しても、まだ立派な元オウムなのかもしれません。
  • | 2016-11-06 | サトミ URL [ 編集 ]

Re: 「シヴァリンガ」と「ヨニ」の合一

至福さま

三昧塚古墳や木更津のお話、興味深く読みました。

私もマハルシの「私は誰か?」の瞑想を集中して行ったことがあります。
(オウムのメソッドにも同じものがありましたけど)
すぐに意識が深く入っていって、現実がシンクロニシティの雨が降っているみたいになってしまいました。
そのときに起こっていることを言葉にしたら、まわりからは完全に「いっちゃった人」に見えるでしょうね(笑)

その状態から、もう一山超えて、そして、かえってくる。
この、「かえってくる」ということが、なかなか難しい…。

  • | 2016-11-06 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

>サトミさま

>今でも、あの時の説法が小生の耳に響いてくるようです。脱会後21年経過しても、まだ立派な元オウムなのかもしれません。

高村薫さんが元信者にインタビューして、ほとんどの人が「オウムにいたことを後悔していない」と言っていると書いていました。
私もそうですが、脱会した人たちが教団に戻ることはないでしょう。でも、オウム的な世界を心のなかから消去することはできません。
私たちはこの社会で異邦人として生きるしかないのでしょう。
それを苦しみと感じるか、当たり前と感じるか、誇りと感じるか、人それぞれでしょうが…。

なつかしい言葉、引用ありがとうございます。

  • | 2016-11-06 | 元TD URL [ 編集 ]

記事更新は?

いつもでしたら、広告が出る前に新記事が出されてきたと思うのですが、どうかされましたか? ご無事ですと良いのですが…。
  • | 2016-11-23 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 記事更新は?

> いつもでしたら、広告が出る前に新記事が出されてきたと思うのですが、どうかされましたか? ご無事ですと良いのですが…。

ご心配いただいて、ありがとうございます。
先ほど公開いたしました。
  • | 2016-11-23 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する