イリュージョン②畳職人の息子

麻原彰晃は熊本の畳職人の息子として生まれました。
農家の子どもでもなく、商売人の子どもでもなく、教師の子どもでもなく、会社員の子どもでもなく、畳職人の子どもに生まれたこと――。
これはかなり象徴的なことではないでしょうか? 
「そんなことは単なる偶然、意味のないことだよ」と言われそうですが、寝ても覚めてもオウムについて考えていた私は「畳職人の息子」ということに、なにか引っかかってしまいました。

よく知られているように畳の表はイ草という植物で作られています。麻原彰晃の生地である熊本県はイ草の一大生産地でした。畳は日本人の日常生活に欠かせないものですから、昭和三十年代の経済成長期には畳職人の仕事はたくさんあったでしょう。いろいろ調べていくと畳表にはイ草だけではなく麻糸が使われていることがわかりました。かつて熊本はイ草とともに麻の生産も盛んだったようです。私は、「麻原彰晃」という宗教名について考えていたこともあって、畳に「麻」が使われていることに「あれ?」と思いました。
「麻原彰晃の父親は畳職人で、畳にはイ草と麻が使われているのかぁ…」
古来から人間は麻でいろいろなものを作ってきましたが、じょうぶで水に強い性質の麻は縄に適しています。そして、死刑が確定している麻原教祖が絞首刑になるとき、そこでは縄が使われるでしょう。現代の日本の絞首刑で実際に使われるのが麻縄なのかビニール製の縄なのかはわかりませんが、私がここで問題にしているのは「象徴」ということです。

麻原彰晃は縄に吊るされ殺される。父親は麻糸をあつかう畳職人だった――。
ここには、二千年前、木製の十字架の上で殺されたイエス・キリストの父親が「大工」だったこととよく似たイメージがあるのではないでしょうか。父親の職業というのは、子どもを養い育てる糧を生み出すものですが、同じものが子どもが殺されるときに使われるのです。大工の息子であるイエスが木製の十字架上で殺されること、畳職人の息子である麻原彰晃が麻縄に吊るされ殺されること。ここには「養い育てるもの」と「殺すもの」が、「生」と「死」が同じであるという、対極するものの統合のイメージが見て取れます。

数年前、インターネットを見ていたら、東京拘置所にいる麻原教祖が「ちくしょう、なんでなんだー」と大声で叫んでいたと書かれていました。ネットの情報ですから真偽のほどはあやしいものです。しかし、実際に麻原教祖の言葉かどうかは問題ではありません。このような言葉が「麻原彰晃の言葉」としてインターネット上に流れて、今後もずっと残っていくだろうということに、私は驚いたのです。
「ちくしょう、なんでなんだー」
そう叫ぶのは、人がなにかにひどく裏切られたと感じたときです。
二千年前、十字架の上でイエス・キリストが大声で言ったとされる言葉があります。
「エロイ・エロイ・レマ・サバクタニ(わが神、わが神、どうして私を見捨てられたのですか)」
これもまた、「ちくしょう、なんでなんだー」と同じように、ひどく裏切られた人が発する言葉ではないでしょうか。
イエスの物語と麻原彰晃の人生にはやはり同じようなパターンが働いているんだ…そのときの私はそう思わざるを得ませんでした。



2016年10月09日

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する