グノーシスとオウム

オウムという宗教について考えるなかで、私は世界の宗教史をひもといたことがあります。そのとき「オウムって、グノーシスに近いのかも…」と思いました。「グノーシス」というのは、キリスト教以前からあった古代の宗教思想の流れで、グノーシス主義とかグノーシスの宗教といわれています。
教祖は「オウムはヨーガ・仏教と同じ真理を説いている」と言っていましたが、正直にいうと、オウムはヨーガというわりには「救済、救済」という掛け声が大きいし、仏教というわりには神秘体験が過激で、善悪二元論が強いと思います。もちろん、オウムの教義が、教祖のヨーガによる解脱体験を基礎に、ヨーガと仏教の世界観で組み立てられていることは確かです。しかし、オウムという現象全体を見たとき、ヨーガ・仏教というだけでは、どうもストンと収まらないように感じていました。

グノーシスの特長は「反宇宙的」だと言われています。「この宇宙は悪だ」という前提からはじまり、悪なるこの宇宙を創造した神は悪魔であり、人間は悪の宇宙を善だと錯覚して生きているというのです。ですからグノーシスの思想では、この宇宙のどこにも真の幸福はありません。人間はこの真実に目覚めなければならず、このように目覚めることを「グノーシス」(=智慧)とよんでいました。グノーシスの神話では、悪なる宇宙を超越すること、そして「救済」や「救済者」の存在を強く物語ります。

グノーシスは、特定の教祖がいたり、教典が残されている宗教ではありませんから、今となってはわからないところが多いのですが、「反宇宙的」という特長的な世界観を持っていて、現世を否定し、出家し、瞑想修行をして光の世界・超越的世界を目指していたことははっきりしているようです。ですからキリスト教の一部や、ヨーガ・仏教などもグノーシス主義の一派だとする見方もあります。東方のグノーシス的宗教といわれているマニ教やマンダ教の資料を読むと、光を重要視して物質を悪と見なすところ、徹底的な菜食主義、性的禁欲主義など、オウムの宗教世界と非常に似ていると思いました。(※)
ところで、エデンの園の物語でもわかるように、一般的なキリスト教では蛇は「悪魔」の象徴とされますが、グノーシスの宗教では蛇は「救済者」とされています。蛇で象徴されるクンダリニーというエネルギーによって解脱を目指したオウムと、グノーシスはこんなところも似ていると思います。

※超世界的なるものがこの世のなかに顕現する形式としての呼び声という象徴は、東方グノーシスにとってきわめて根本的なものである。かくて、マンダ教やマニ教を「呼び声の宗教」と言うことさえできる。<中略>すなわち、信仰とは彼方からの呼び声にたいする応答であり。その呼び声を見ることができないが、それを聞かねばならない。
そして、呼び声はまた、世界の終末を告げる黙示録的な呼び声でもありうる。
(『グノーシスの宗教』ハンス・ヨナス著)


教祖もまた「呼び声」によって導かれていましたね。


2016年10月08日

コメント

No title

94-95年ごろに世間ではやってた歌です

  • | 2016-10-09 | 三橋 URL [ 編集 ]

No title

オウムは、仏教じゃないって思いがあり、悶々としたものがありましたが、この記事見たら納得しました。

やっぱり、既存の仏教やヨーガとかの範疇で説明出来るものではありません。
表面は似せてますが、芯は根本から違うものです。
  • | 2016-10-29 | No name URL [ 編集 ]

Re: No title

> オウムは、仏教じゃないって思いがあり、悶々としたものがありましたが、この記事見たら納得しました。

読んでくださってありがとうございます。
筒井賢治氏がグノーシスの定義を三つあげています。
1.反宇宙的二元論
2.人間の内部に神的火花、本来的自己が存在するという確信
3.人間の自己を認識させる救済啓示者の存在

1は、オウムの現世否定、一切皆苦、極端な出家主義にあらわれていると思います。
2は、修行における「光」の重視、覚醒と解脱志向にあらわれていると思います。
3は、救済者であるグルと、救済者を救済なさるお方としてのシヴァ大神の存在です。

ブッダの悟りもヨーガの解脱も“グノーシス”といえそうです。キリスト教のなかで荒野で瞑想して神と合一するような人たちはグノーシス派といいます。出家して現世と交わらない状態で修行して真理を悟ろうというのはそうなんでしょうね。

  • | 2016-10-29 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する