十年という時間

教団を脱会したとき、漠然とこう思いました。
「オウムという経験をおしまいにするには最低五年、もしかすると十年かかるかも…」

そういえば…今年2016年は、オウム事件から二十一年目。
私が教団をやめてから、ちょうど十年目だったんですね。
二十一年というのも、七の三倍という大きなサイクルの終わりです。
近ごろ、長い長いトンネルを抜け出したような気持ちがしていました。
この深い闇は明けるはずがないと思ったときもあるんですけどね。
やっぱり、どんなことにも終わりはくるんだなぁ…。

私の予感、的中したのかもしれません笑



2016年09月02日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

始まりがあるものには、必ず終わりがあるよね。(笑)
  • | 2016-09-03 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

> 始まりがあるものには、必ず終わりがあるよね。(笑)
94年に元R師が教団をやめたいきさつについて、そろそろブログの方で書いてもらえませんか?
やめてから十年も引きずった私としては、95年ではなく、94年に見切りをつけたところをぜひ聞きたいです(笑)



  • | 2016-09-03 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

う~ん、いつになるんだろうねえ。(笑)

いや、94年ですでにおかしかったでしょ。
  • | 2016-09-04 | 元R師 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する