12.AUMと宇宙

道場では、見慣れない梵字「オウム字」(AUM)が目についた。
この梵字は教団のマークとして使われ、道場のドア、パンフレット、機関誌、音楽テープ、チラシには必ずどこかに濃い紫色でプリントされていた。
「AUM」というのは、アウム、アウン、オーン、オン、オウムなどと発音され、宇宙の創造・維持・破壊をあらわしている。インドへ行けばだれでも唱えているマントラ(真言)、宗教的な呪文だ。

創造神の名は、ブラフマン。
維持神の名は、ヴィシュヌ。
破壊神の名は、シヴァ。

創造・維持・破壊は、生まれること、生きること、そして死でもある。
いくつもの宇宙が果てしなくこのサイクルを繰り返している。
私たちもまた、生じては滅し、生じては滅しているはかなく無常な存在である――これがオウムの世界観の根幹にあり、無常なるがゆえに生じる苦しみを超えることが、オウムの修行の目的「解脱・悟り」だった。
こんな宗教的な意味は知らなくても、お寺の参道の左右両側にいる狛犬はだれでも知っているだろう。向かって右側が口を開けた「阿(あ)」、左側が口を閉じた「吽(ん)」。この身近な一対の狛犬もまた「AUM」をあらわしている。
集会や説法の始まりと終わりには、全員で必ずオウムマントラを三唱した。

入信案内のときにもらったパンフレットの表紙には、「“聖なる道”それは光を超える」と書かれていた。なかを開くと「真実はひとつ、宇宙創成のプロセス」という、入信案内にしてはとても長い文章が掲載されている。
結論を要約すると、「この宇宙は熱・音・光という三つのエネルギーで形成されており、ビッグ・バン以来、宇宙は拡張し冷え続けている。解脱とは、このプロセスを逆にたどるもので、拡張し冷え続ける宇宙を再び暖め、収縮させ、音の世界にもどし、光の世界にもどし、ついには、消滅させる。それがシヴァ神(破壊を司る最高神)の意思だ」というものだった。
ヨーガの「解脱」が、現代のビック・バン理論で説明できるという斬新な解説だったので、長くて難しい文章にもかかわらず、多くの信徒の心をとらえた。
これを読んだとき私は、「オウムってすごいのかも…」と思った。
古いヨーガの智慧が最新の宇宙論を装うとき、驚くほど魅力的になっていた。


2015年03月04日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

宇宙との関係で気付いたのは1987年2月の超新星の発見です。
これは徳川家光の誕生の頃の超新星以来383年ぶりのことで、天文学の世界では大事件でした。

その頃、尊師はインドで修行中で、その瞑想体験に驚いたチベット僧がダライ・ラマ法王と会うべきだと強く勧めら会見することになります。会見の日はちょうど超新星の発見日、2月24日でした。
「イニシエーション」の前文にある、法王の「あなたはボーディー・チッタを持っている。日本に本当の仏教を広めなさい」という御言葉が、宇宙の大事件とはっきり関係していたのです。
マイトレーヤの瞑想体験であるけれど今は公表しない方がいい、と法王に述べられたのが、このときかどうかはっきりしませんが、87年秋の「マハーヤーナ」の表紙に弥勒菩薩の半跏思惟像のポーズの写真があって噂にはなっていたそうです。

千年遡ると1006年に歴史上最大の超新星爆発があり、月明かりのない夜でも本が読めたらしいです。ティローパ存命の時代でした。
1054年の超新星はナーローパ、マルパ、ミラレーパが同時に存在していたようです。
  • | 2017-04-15 | 和合萬年 URL [ 編集 ]

ボーディー・チッタ

このとき使われた「ボーディー・チッタ」という用語は「報身」のことだという話は聞いたことがあります。
当時、経典もあまり知らずグルなしに独力で修行していた日本人が、幽体や変化身ではなく報身の瞑想体験だったので驚かれたのかもしれません。

神仙の会から真理教に改称したのは時期的には超新星が増光して一番、明るくなった頃です。

翌年の富士山でのサマディは、この超新星の周囲に数珠のようなリングが生じ始める頃で、富士周辺に初めての道場が短期間で建設されました。
  • | 2017-04-18 | 和合萬年 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する