宗教服の色と時代区分

教祖のクルタ(宗教服)の色は、「オレンジ・黄色」→「白銀」→「青紫」→「赤紫」と、変わっていきました。オウムでは「色」は世界をあらわすと考えていて、出版物には使ってはいけない色が決められていたほど色には気を遣っていたので、教祖が身に着けていたクルタの色は、その時期の活動を象徴していたという見方もできるかもしれません。(※着ているクルタの色について教祖が話していたことがある、とご指摘いただきました。コメント欄を参照ください。)
宗教服の色は、教祖が実践していた修行形態にほぼ対応して以下のように変化していきました。

オレンジ・黄色(ヨーガ時代)→白銀(マハーヤーナ時代)→青紫・赤紫(タントラ・ヴァジラヤーナ時代)→赤紫(ヴァジラヤーナ時代)

クルタの色が白銀色から紫系に変わるとき、最初は青紫に染め上がってきたそうです。出家者が試行錯誤しながら染めていたようですから、白銀から青紫へと変化したのが偶然だったのか意図的だったのかは不明ですが、しばらくすると赤紫に定着していきました。
十二年間にわたるオウムの活動を、教祖が着用していたクルタの色で時代区分してみました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【オレンジ・黄色クルタ時代/ヒナヤーナ(小乗)】胎動期(1984~1986)
「オウム神仙の会」設立から麻原彰晃の最終解脱まで
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<団体名称>オウムの会/オウム神仙の会
<活動拠点>渋谷・世田谷
<活動>ヨーガ/ヒナヤーナを中心に
<主な出来事>
『ムー』『トワイライトゾーン』に空中浮揚写真掲載
「アビラケツノミコトになれ」という啓示を受ける。(神軍を率いる光の命(ミコト)と解釈する)
『超能力秘密の開発法』出版
シャクティーパット開始
パイロットババなどインドのヨーギーと交流
麻原彰晃「最終解脱」のステージを経験する
『生死を超える』出版


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【白銀クルタ時代/マハーヤーナ(大乗)】草創期(1987~1989)
オウム真理教設立から衆議院選挙活動/サンデー毎日/坂本弁護士一家殺害まで
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<団体名称>オウム真理教
<活動拠点>富士山総本部
<活動>チベット密教・仏教/マハーヤーナを中心に
<主な出来事>
ダライ・ラマ法王と会談
『超能力「秘密のカリキュラム」』出版
一番弟子ケイマ大師クンダリニーヨーガ成就
『イニシエーション』出版
機関誌『マハーヤーナ』創刊
『マハーヤーナ・スートラ』出版
カル・リンポチェ帥(チベット密教)との交流
富士山総本部道場用地で水中エアタイト・サマディ
富士山総本部道場完成
真島さん死体遺棄事件
『滅亡の日』出版
田口さん殺害事件
「キリストになれ」という啓示
『サンデー毎日』反オウムキャンペーン
坂本弁護士一家殺害
「真理党」結成・衆議院選挙活動


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【青・赤紫クルタ時代/タントラ・ヴァジラヤーナ(真言秘密金剛乗)】発展期(1990~1992)
衆議院選挙落選、国土法による強制捜査からロシア進出まで
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<団体名称>オウム真理教(宗教法人)
<活動拠点>富士・第一上九
<活動>仏教/タントラヤーナ、テーラヴァーダ、ヴァジラヤーナ(30人程度の弟子のみ)を並行して
<主な出来事>
衆議院選挙落選
ボツリヌス菌散布計画
石垣島セミナー
熊本県波野村シャンバラ精舎建設
『南伝大蔵経』翻訳開始
国土計画法違反による強制捜査(逮捕者四名)
オウム真理教附属医院開設
ダンスオペレッタ「死と転生」公演
上九一色村に施設建設開始
特別教学システム開始
ダンスオペレッタ「創世期」公演
『朝まで生テレビ』出演
『キリスト宣言』出版
『ビートたけしのTVタックル』出演
海外巡礼・救済ツアー(インド、チベット、ブータン、ラオス、スリランカ、ザイール)
ロシア進出
ロシアから「御国の福音」放送開始
アーナンダ・マイトリー僧(スリランカ上座部仏教)との交流
「キーレーン」楽団結成
東京総本部道場開設(南青山)
※大部分の信徒はテーラヴァーダ的修行をしていたが、一部でヴァジラヤーナ活動をしていた。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【赤紫クルタ時代/ヴァジラヤーナ(金剛乗)】破壊期(1993~1995)
亀戸異臭事件(生物兵器)から地下鉄サリン事件(化学兵器)・教祖逮捕まで
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<団体名称>オウム真理教(宗教法人)
<活動拠点>第二上九・第六サティアン
<活動>仏教/テーラヴァーダとヴァジラヤーナ(科学技術省の弟子を中心に)を並行して
<主な出来事>
サリン製造研究開始
亀戸道場炭疽菌噴霧失敗
サリンプラント計画
ウラン鉱採掘計画(オーストラリア)
「毒ガス攻撃を受けている」という説法
池田大作暗殺未遂
PSI(パーフェクト・サーヴェーション・イニシエーション)開始
落田さん殺害事件
ロシアでグルヨーガマイトレーヤ・イニシエーション(12000人参加)
自動小銃密造開始
LSDの合成に成功
キリストのイニシエーション開始(薬物イニシエーション)
薬物イニシエーションによって多数の成就者を認定
滝本太郎弁護士襲撃事件
省庁制導入
松本サリン事件
冨田さん殺害事件
VXガス製造開始
江川紹子さんホスゲンガス襲撃事件
ルドラチャクリンのイニシエーション開始(薬物イニシエーション)
ニューナルコ(記憶消去)
VXガス濱口さん殺害事件
VXガス永岡さん襲撃事件
仮谷さん拉致事件
地下鉄サリン事件
全国の教団施設への強制捜査
村井秀夫氏刺殺事件
教祖・麻原彰晃逮捕
※大部分の信徒はテーラヴァーダ的修行をしていたが、一部でヴァジラヤーナ活動をしていた。



2016年07月30日

コメント

開祖が阿蘇でこのような話をしたのを覚えています。

「わたしは最初に黄色の衣を着て登場した。

 これは地元素の色であり、小乗を表している。


 わたしは次に白の衣を着た。

 これは水元素の色であり、大乗を表している。


 そしてわたしは今赤色の衣を着ている。

 これは火元素の色であり、タントラ・ヴァジラヤーナを表している。」


オウム初期の開祖の写真・動画を見ると

オレンジ色のクルタを着ているものもありますが

黄色の木綿のクルタを着ているものもあり

「マハーヤーナ・スートラ」の説法をしているときの写真・動画は黄色のサテンのクルタを着ています。
  • | 2016-07-30 | 至福 URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 開祖が阿蘇でこのような話をしたのを覚えています。

そういわれてみれば、聞いたような気がしてきました。
ご指摘、ありがとうございます。
記事の方に反映させていただきます。
  • | 2016-07-30 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する