スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

シヴァ・ビンドゥ02

オウムの真理は、祭壇に掲げられたグヤサマジャをはじめとする象徴があらわすように、「対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの」だとすると、「なしたことが返ってくる」というカルマの法則も同じことを言っていることがわかります。「他人になしたことが自分に返ってくる」ということが真実だとするならば、自分と他人(主体と客体)は同じだということになります。
「カルマの法則」を頭で理解するだけでなく、体験として悟るとき、そこには自分と他人がひとつに統合されている意識状態があるはずです。オウムの修行者は、自分(主体)と他者(客体)が融合する「サマディ」(三昧)という究極の瞑想状態を目指していました。

「対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの」は、「白」と「黒」を混ぜ合わせてできる「灰色」ではありません。そもそも頭で理解することはできないものです。

対立するものが結びついたところにあらわれるもの

<対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの>

このようにオウムの主宰神「シヴァ大神」を、「対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの」に関連していると考えると、クンダリニーも同じ働きをするエネルギーであることに気づきます。ヨーガの身体観では、尾てい骨に眠るクンダリニーを覚醒させると、背骨に沿って第一チャクラから第七チャクラまで、交差する左右の管を上昇していくとしています。このときクンダリニーは左右および基底部(地)と頭頂部(天)という対極をつないでいくのですから、クンダリニーとシヴァ大神は同じ性質のものということもできます。

オウムの世界観「コーザル(無色界)」→「アストラル(色界)」→「現象界(欲界)」という三界の構造にそって、オウムの神のありようを整理して図に示してみます。

・見えない世界(神の光、集合無意識、コーザル界、無色界など)にシヴァ大神の法身(データ・エネルギー)がある。それは「対立物を統合する」働きをするエネルギーである。
・見えない世界からイメージの世界(夢の世界、アストラル界、色界)に降りてくると、それはグヤサマジャや太極図や十字架や、その他、さまざまなマンダラ的な統合のイメージ群としてあらわれてくる。
・このような幾何学的なマンダライメージは、現象界(意識、欲界)に近いところでは、「人物像」(変化身)となる。たとえば、イエス・キリストやヘルメスやホルスやスサノオといった人物像。


sankainokami.jpg


このような神の化身である人物像は「トリックスター」と呼ばれ、西洋・東洋を問わず、世界のあらゆる神話のなかで「対立物を結びつける」働きをする人物として登場します。
トリックスター的人物像に共通する性格・性質は「二重性」「両義性」です。
これは「A」と「反A」という対立するものがあるとき、たとえばそれを「善」と「悪」とした場合、二極を統合する働きのあるトリックスターは、善と悪という二つの性質をあわせもっています。そのためトリックスターは常に「矛盾」をはらんだ存在になります。

イエス・キリストという人物像のトリックスター的側面を例にあげると、イエスにみられる「二重性」「両義性」の最大のものは「神の子」というあり方ではないでしょうか。「神の子」とは、神の性質と人間の性質の両方を持っている、つまり、神でもなく人間でもない、神でもあり人間でもある、神と人間の中間に位置する存在だということになります。また、イエスは「罪人」として処刑されて「救世主」になりましたが、ここでも「罪人」と「救世主」という矛盾する性質を背負っていることがうかがえます。これらはイエスのもつ「二重性」「両義性」といえるでしょう。
イエスが、神の世界(あの世・天国)と人間の世界(この世)の橋渡しをするトリックスター的働きをするならば、このように「神」「救世主」と「人間」「罪人」両方の性質をおびていなければならないのでしょう。



2016年03月06日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

サニヤシン

OSHOの本をよんでます。OSHOの弟子をサニヤシンというそうです。
西洋人のマインドに向けて書かれてるようで、よむと癒される話もあります。
日本人と外人は思考の軸が違う。OSHOの講和のURLをおいときます。
  • | 2016-03-06 | 三橋 URL [ 編集 ]

トリックスター

この後、”「神」「救世主」と「人間」「罪人」両方の性質をおびて” いる存在としての教祖を主張されるのでしょうか。そのことを恐れていますが、続報を待つことにいたします。
  • | 2016-03-07 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: トリックスター

> この後、”「神」「救世主」と「人間」「罪人」両方の性質をおびて” いる存在としての教祖を主張されるのでしょうか。そのことを恐れていますが、続報を待つことにいたします。

ご安心ください。トリックスターの話はこれでおしまいです。確定申告が迫っていますので、続報はしばらくお待ちくださいね。
  • | 2016-03-09 | 元TD URL [ 編集 ]

バイオテロ

中学のころですけど、友達が水道の飲み口に 雑巾で培養した細菌を含んだ液体を仕掛けたことがあって、親もとてもいい人で本人も決まりとか守る人なのになんでこんなすごいことができるんだろうと、腰抜かしたことがありました。不良で奔放よりまじめのが危険です。そんで当時すきだった子がそれを飲もうとして 違和感を感じてよけたのをおぼえてます。よかったー。不思議なことにそのまじめな子と 好きだった子は仲が悪く、その子単体にもテロを計画してるんですよね。鉄は鉄をもって磨かれる。
  • | 2016-03-11 | 三橋 URL [ 編集 ]

富士の裾野

92年に富士山のナントカ荘に合宿に言ったけど、秋の朝の風がはりつめてすっきりしていて、この世の天国かと思った。
  • | 2016-03-11 | 三橋 URL [ 編集 ]

対立するものの統合

>「対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの」は、「白」と「黒」を混ぜ合わせてできる「灰色」ではありません。そもそも頭で理解することはできないものです。

グル、指導者と対峙するには、(頭では理解できないものとして)そのような態度で臨むべしということになりましょうか。一方、彼ら、上に立つ者にとっては矛盾ではなく、何らかの説明はついているとは考えられないでしょうか。オウムの教祖について言うと、その何らかの説明というものを、元信者、信者や市民の側は今も欲しているのだと思うのです。
  • | 2016-03-14 | 匿名 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。