シヴァ・ビンドゥ01

オウムとはなんだったのか――私はずっと考えてきました。寝てもさめても考えていましたから、とり憑かれてしまったようなものでした。いったいなぜあんなことになってしまったのか、あそこでなにが起こっていたのか…オウムの宗教世界観に基づいて理解できなければ、オウムという体験を乗りこえることはできないだろうと思いました。
そして、オウム試論として最初に書いたのが「シヴァ・ビンドゥ」(2011年)でした。もともとは知人だけに公開したものですが、私と同じような問いを長年にわたって抱えている元オウム関係者の参考になればと、手直しして公開することにします(2016年ヴァージョン)。
以下は、オウム事件の宗教的解釈です。できるだけ専門用語を使わないように心がけていますが、読み手がオウムの宗教観を理解していることを前提に書いています。もちろん、宗教的な解釈と現実的な裁きを切り分けることは言うまでもありません。

******

オウムとはなんだったのか。もちろんオウムは宗教でした。私たちはヨーガによる気の鍛錬と、仏教の教えにもとづいた教学や瞑想をしていました。布施、奉仕にはじまり、戒律を守り、真理を学び、瞑想し、教祖を霊的な指導者と仰ぎ、救済のお手伝いをしているつもりだったのです。
そして、事件が起きました。サリンという猛毒ガスを地下鉄にまいて、なんの罪もない多くの人びとを殺傷したのです。それを指示したと思われる教祖は多くを語らず、死刑を宣告され、狂気のなかにいるように見えます。
いったい、なぜこんなことになったのでしょう?

私たちは、宗教は「真理」に至る道だと教えられていました。山の頂上へ登るためにさまざまな道があるように、ヨーガも、仏教も、チベット密教も、キリスト教も、それぞれ違う宗教ではあっても真理という頂への一つの道なのだということです。オウムは真理を求める、まさに「真理教」というべき宗教でした。教義を学ぶことも、激しい修行も、グルを観想するということも、すべては真理に至るために、すなわち解脱し悟るためにありました。

では、オウムの「真理」とはいったいなんなのでしょうか? 
この問いに対して、オウムにいた人からはこんな答えが返ってくるでしょう。

「真理とは、カルマの法則です」
「真理とは、無常であること、すべては変化するということです」
「真理とは、四諦・八正道です」
「真理とは、グルです」

ここで私は、オウムの真理を「グヤサマジャ」というイメージでとらえて考えたいと思います。グヤサマジャは、オウムのすべての祭壇の中央に掲げられていた宗教画でした。祭壇はオウムの神と修行者をつなぐものです。事件後、弟子のなかに祭壇に教祖の写真を掲げる者もいましたが、教祖は「グルを意識しなさい」と教えたことはあっても、自分の写真を祭壇に掲げるよう指導したことは一度もありません。オウム真理教の祭壇の中央には、終始一貫してグヤサマジャが掲げられていました。グヤサマジャこそオウムの「真理」、そしてオウムの主宰神「シヴァ大神」の象徴でした。

グヤサマジャは、シヴァ大神とパールヴァティー女神の合一を描いている宗教画です。男神と女神、男性エネルギー(陽)と女性エネルギー(陰)の合一は、チベット密教でいうヤブユム・男女両尊です。
このように陰と陽という正反対のエネルギーが合一することは、ヨーガでは左気道(イダー管)と右気道(ピンガラ管)の統合としての中央気道(スシュムナー管)への道として表現されています。この中央気道への道を仏教では「中道」と表現しているように思われますし、道教の「道(タオ)」をあらわす「太極図」もまた「陰」と「陽」という対立するエネルギーの調和をあらわしたシンボルです。

グヤサマジャ
グヤサマジャ

シヴァ神(男性エネルギー)とパールヴァティー女神(女性エネルギー)の合一。男性原理と女性原理という「対立物の統合」。


三管の図
三管の図

ヨーガにおいて、左の気道(イダー管)と右の気道(ピンガラ管)を浄化し、中央気道(スシュムナー管)へとエネルギーを導き入ることは、左と右の「対立物の統合」をあらわす。


太極図
太極図

陰(女性エネルギー)と陽(男性エネルギー)の統合・調和としての「道(タオ)」の状態をあらわす。


このように、オウムの祭壇に掲げられていたグヤサマジャがあらわす真理とは、「対立するもの(両極)が結びついたところにあらわれるもの」ということができます。オウムはこのような真理=「シヴァ大神」を信仰する宗教で、教祖は弟子を真理(シヴァ大神)へと導くグルでした。
そして、オウムにはもうひとつ重要な統合のシンボルがありました。「磔刑(たっけい)のキリスト」です。
ヨーガ、グヤサマジャ、太極図が対立物の統合を表現していること、仏教の「中道」もまた同じ意味合いを示すだろうことは理解しやすいかもしれませんが、「磔刑のキリスト」も同じ統合のシンボルだと思う人は少ないかもしれません。
「磔刑のキリスト」とは、「垂直軸(縦)」と「水平軸(横)」の交差点・結合点で犠牲(いけにえ)となった者をあらわしています。
象徴的に垂直は「男性エネルギー」をあらわし、水平は「女性エネルギー」をあらわしますから、「磔刑のキリスト」とは、上と下、右と左という対立物の統合点(中央)で殺された者ということになります。
ですから、悲惨なイメージとしてあらわされてはいますが「磔刑のキリスト」もまた、グヤサマジャと同じく「統合のシンボル」であり「中央への道」を示す象徴だといえます。

磔刑のキリスト(ディエゴ・ベラスケス)
磔刑(十字架)のキリスト

教祖は実際に木製の十字架を作らせ、「キリスト礼拝祭」と名づけた祭典で自分自身十字架にかかった姿を演じました(1993年3月2日)。
『キリスト宣言』という書籍の表紙を製作したときには、「表紙の絵は十字架にかかったキリストを描くこと。キリストの顔はわたしで、それもできるだけリアルに描くように」と厳しく指示していました。

キリスト宣言
キリスト宣言の表紙

「キリスト」について、教祖は次のように言いました。
「サハスラーラから『ドン!』と、妙なエネルギーが入ってきた。そして、『イエス・キリストになれ』という言葉があった」
また、教祖は「キリスト」という言葉のもともとの意味が、「頭に油を塗られた者」であることにも言及していましたから、頭頂から妙なエネルギーが入ってきたことを、「頭に油を塗られた者」としてのキリストだと感じたかもしれません。


2016年03月02日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

示唆、エネルギー

>サハスラーラから『ドン!』と、妙なエネルギーが入ってきた。

このような現象について詳しい説明はありましたでしょうか。教祖にはよくあることだったのでしょうか。どこから来たエネルギー? もしくは誰からの示唆?
  • | 2016-03-05 | 匿名 URL [ 編集 ]

キリスト宣言

西洋(特にロシア)を救済するには、もはやキリストにならんといかん ということだったのではないでしょうか。時期的にも合っているように思うのですが…。

また、オウムに集った方々の中には、過去にキリスト教の信仰をされていた方もおられたでしょうから、(こう言っては身も蓋もないですが)組織維持においては、うってつけの措置だったのではないでしょうか。その当時のことを思い起こせば、仏教の教えが、世界を救うといった意味合いを感じ、気持が高揚したことを覚えております。

キリスト教の教義をオウム流仏教教義の枠に収めて説いていたように思いますが(天界の仕組み、世界の構造、教え)、これ確かに分かりやすかったとは思いますが、違和感が無かったかといえばそうでもありませんでした。今も自分などは、全く違う宗教としか思えません。

もしかしたら、現在のAleph内部では、教祖は磔刑にされたということになっているのでしょうか?
  • | 2016-03-05 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: キリスト宣言

> もしかしたら、現在のAleph内部では、教祖は磔刑にされたということになっているのでしょうか?

私は現在のアレフのことは知りませんが、そういう話は聞いたことがありません。
私がここで言っているのは、教祖は1989年に「キリストになれ」という声を聞いて、1991年に『キリスト宣言』を出版して、1993年に「キリスト礼拝祭」という出家者の祭典を開催して、磔刑のキリストを演じたということです。
  • | 2016-03-06 | 元TD URL [ 編集 ]

ありがたい

>私と同じような問いを長年にわたって抱えている元オウム関係者の参考になればと、手直しして公開することにします(2016年ヴァージョン)。

そうした方、たくさんおられることでしょう。あまり発信はされていないようですが…。自分も抱え込んでいるひとりです。こうした場はたいへん有り難いです。
  • | 2016-03-06 | 匿名 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する