#05.時代とオウム

麻原彰晃は「クンダリニー」という霊的エネルギーの覚醒による救済を掲げていました。クンダリニーを覚醒させて、その強烈なエネルギーを使って解脱していくのがクンダリニー・ヨーガです。こうして煩悩を昇華した修行者が三万人程度生まれれば、世界を破滅させるような核戦争(ハルマゲドン)は回避できると主張して、シャクティーパットなどのエネルギー移入をおこなったのです。
オウムのシャクティーパットとクンダリニー覚醒について、永沢哲氏と中沢新一氏は次のように述べています。

「はじめ、渋谷の小さなヨーガ道場だった『オウム神仙の会』が、急速に会員を増やし、『オウム真理教』になっていく過程で、最初に大きな役割をになったのは、 グルのエネルギーを直接弟子に送ることによって、ふつう尾てい骨の根元に眠っているクンダリニー・エネルギーを覚醒させるシャクティ・パットのイニシエーションだった。インドでも、クンダリニーの覚醒は、長い期間にわたるマントラやハタヨ-ガ、呼吸法などのトレーニングによってはじめて可能になるものだとされ、その過程で、パワフルな導師から、直接的に霊的なエネルギーが注ぎこまれるイニシエーションが、迅速な覚醒のためには必要だとされる。麻原彰晃は、このシャクティ・パットのイニシエーションを公開し、さらに、それを『オウム真理教』の修行体系の大きな優位性として、宣伝したのである。」
「ただ、シャクティ・パットは、きわめて直接的なもので、導師にとっても、弟子にとっても、影響が大きいので、あまり頻繁にはおこなわれないのがふつうだ。」(永沢哲氏)(1)

「僕のチベットの先生の場合、密教を教えているのは僕を含めて三人ぐらいです。弟子が何千人という有名な先生もいるけど、それだって密教を教えている人間は、まあ数えるくらいでしょう。ところが尊師はいっぱい与えたんです。あれは無理がある。四千人にシャクティーパットなんかしているんだもの。まあ、あまり聞いたことのない話ですね。」(中沢新一氏)(2)

教団の資料には、麻原彰晃はのべ八千人にシャクティーパットをおこなったと書かれていますが、永沢、中沢両氏が言っているように、これほど多くの人に直接的なエンパワーメントをするグルは過去に例がありません。では、なぜそんなことができたのでしょうか?
インドやチベットのグルや修行について調べてみましたが、オウムと大きく違う点は社会環境しか考えられませんでした。私は、麻原彰晃の膨大なエネルギーの放出を可能としたのは、“時代”というものに潜在している、あたかも火山のマグマだまりのようなものかもしれないと思いました。パワフルであることは麻原彰晃個人の特徴であると同時に、そのようなグルを生みだした時代のエネルギーだったのではないでしょうか。
オウムは1955年生まれのグルと1960年代に生まれた弟子たち――人類の歴史上類を見ない急激な工業化と経済発展のなかで成長した者が中心にいました。社会が物質的豊かさを求めて突き進み、人びとの欲望が膨れ上がれば、必然的に反対のベクトルである精神性・霊性を求める膨大なエネルギーが抑圧され、影のように蓄積されることになります。
このような時代の大きな影から影響を受けていたとすると、私たちがオウムで感じたエネルギーの特質もよく理解できるのです。そこにはたしかに、現実社会とは対照的な透明さ、明るさ、解放感、そして故郷にかえったような不思議ななつかしさがありました。マスコミはオウムを狂気で邪悪だと報道しましたが、私たちはそこに失われたなにかがあると感じて、オウムに飛び込んでいったのです。

(1)イマーゴ1995年8月臨時増刊号 総特集『オウム真理教の深層』「わが隣人麻原彰晃」
(2)同上『オウム真理教の深層』「男性同盟のいきつくところ」


2016年02月11日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

シャクティーパット

教祖のシャクティーパットと、弟子方のシャクティーパットとは効力が違うのでしょうか? 同じエネルギーを使っているという記述を見たことがあるのですが、その辺、いかがでしょう。教祖収監後も、一時期上祐氏がそれを行っていたようですが、修行を積めば(グル不在でも)他者にそれを行うことが可能になるものなのでしょうか? (グルとの物理的な距離は関係なし?)勉強不足ですみませんが、そのメカニズムをもう少し深く知りたいのです。ご存知のところをお教えください。

  • | 2016-02-12 | 匿名 URL [ 編集 ]

No title

>社会が物質的豊かさを求めて突き進み、人びとの欲望が膨れ上がれば、必然的に反対のベクトルである精神性・霊性を求める膨大なエネルギーが抑圧され、影のように蓄積されることになります。

そこまで考えて教団に関わったわけではないですが、その議論、分からなくは無いです。自分の関心の赴くままの行動が、その種の深層によって突き動かされたものだった点について全面否定はしませんが、ちょっと違うようにも思うのです。入信の動機は個人個人で違う、オウムにおいても幅広いと私は思っています。

さて、グルという存在は、時代によって作られるものなのでしょうか? 麻原教祖については確かにそのように思いますが、一般的にはどうなのでしょう。3万人の成就者を出すというような喫緊のテーマを、(解脱をもたらす力を持っているとされる)グルの多くは持つものなのでしょうか?
  • | 2016-02-12 | 匿名 URL [ 編集 ]

No title

時代は関係ないよ。
麻原はいつの時代でも麻原だよ。

シャクティーパットについて不思議なのは、麻原もそうだけどシャクティーパットを行った弟子たち、石井、麻原妻、上祐、佐伯、大内もそのやり方を公開していない点だね。
オウムを離れたと言いながら、なぜいつまでも秘密を守ろうとするのだろう?
  • | 2016-02-13 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: シャクティーパット

> 教祖のシャクティーパットと、弟子方のシャクティーパットとは効力が違うのでしょうか?

私は、ケイマ正大師のシャクティーパットを受けたことがあるだけですのでわかりません。
メカニズム的なことは、『超能力「秘密の開発法」』に、シャクティーパット中、教祖に起きることについて書かれていますね。
その部分は永沢氏の「わが隣人麻原彰晃」にも引用されています。

  • | 2016-02-13 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> さて、グルという存在は、時代によって作られるものなのでしょうか? 麻原教祖については確かにそのように思いますが、一般的にはどうなのでしょう。3万人の成就者を出すというような喫緊のテーマを、(解脱をもたらす力を持っているとされる)グルの多くは持つものなのでしょうか?

麻原彰晃がグルだったのかどうか、ということですか?


  • | 2016-02-13 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> 麻原はいつの時代でも麻原だよ。

それはそうですね笑
  • | 2016-02-13 | 元TD URL [ 編集 ]

Re:Re: No title

>麻原彰晃がグルだったのかどうか、ということですか?

教祖は、一般的なグル(というものがあるとして)とは違った存在だったのではないかということです。もっとも、一般的なグル、他のグルというのを自分は知りませんので、ハッキリしたことは言えませんが…。麻原教祖は、20世紀最後の救済者という役割を自らに任じ、演じていたように思います。真正のグルであったかどうか、自分には分かりません。元出家者、現出家者それぞれが判断するべき案件ではないかと思います。この辺のご判断についても、こちらのブログに期待したい点であります。
  • | 2016-02-13 | 匿名 URL [ 編集 ]

>元R師さん

佐伯さん(Mアングリマーラ元大師)、大内さん(シャンティ-ORソーナーOR Pマンターニプッタ元師)って、本当にシャクティ―パットされていたのですか?
初耳です・・・
  • | 2016-02-16 | 匿名 URL [ 編集 ]

No title

やってましたよ。
弟子たちのシャクティーパットは最初、ケイマ、アングリマーラ、シャンティーのうちの一人を選ぶという形をとっていました。
  • | 2016-02-16 | 元R師 URL [ 編集 ]

それを言うなら、なぜオウムの人はイニシエーション類を公開しないのでしょうかね。
未だに地獄に落ちると信じているからでしょう?
ATAが復活しないのもそういった事情なのでしょうか。
誰か、地獄のカルマを引き受けて笑
公開する同志が現れることを期待してます。





時代は関係ないよ。
麻原はいつの時代でも麻原だよ。

シャクティーパットについて不思議なのは、麻原もそうだけどシャクティーパットを行った弟子たち、石井、麻原妻、上祐、佐伯、大内もそのやり方を公開していない点だね。
オウムを離れたと言いながら、なぜいつまでも秘密を守ろうとするのだろう?
  • | 2016-02-23 | No name URL [ 編集 ]

Re: No title

> 弟子たちのシャクティーパットは最初、ケイマ、アングリマーラ、シャンティーのうちの一人を選ぶという形をとっていました。

これについて、自分が知っているのと少し違うと私の方にメールを下さった方がありますので、内容を要約して一つの情報として書いておきます。どちらにしても例外的なシャクティーパットだったようですね。情報ありがとうございます。

「セミナー中に尊師が高熱を出したときに、どうしてもそのとき受けたい人に対して、一度だけそういうことがあったと思う。メンバーはケイマ、ラクシュミー、ブラフマニーから選ぶという形だった。やり方は、三人のうち一人が額にエネルギーを入れるが、それ以外のスタッフも加わっていて、その人たちは各チャクラにヒヒイロカネを置いて、みんなでエネルギーを入れていた」
  • | 2016-02-24 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

野田ですが、ワシ、アングリマーラーのシャクティーパット受けましたよ。他にも元スバーフの池田さんか、元エーラカの柴田さんが受けてた。87年の後半だったけど、その時成就してた弟子3人のシャクティーパットは、必要単位が半分だったから、単純に「倍でお得」という感覚で受けたんだけど。受けた後伝授されるマントラも、「オウムアフームオウムグル麻原…」というのが、その人達だけ「オウムアフームオウムグルアングリマーラー…」って変わっていた。上のメール情報は多分86年位の話だと思われ。

でもこの直後にワシも出家したから、余り意味なかったんですけどね。

それよりこのブログが前の非公開の時、入院患者タニヤマさんの後に書いてあった要約が、偉く短くなっているような気がしてるんですが。その要約を別の記事で書いてくれるのかな、っとずっと思っていたんですがどうなんでしょう?
  • | 2016-02-24 | のだ URL [ 編集 ]

No title

えっ!?
野田さんって、アングリマーラの弟子だったんだ。
驚愕の事実!(笑)

シャクティーパットネタでついでにこれも。
麻原のシャクティーパットが終わって、ケイマ、ヤソーダラー、マイトレーヤと受け継がれていくわけだけれど、この弟子たちがシャクティーパットをやっている期間に麻原がシャクティーパットを行った事があるということを知っている人はどのくらいいるのかな?
  • | 2016-02-24 | 元R師 URL [ 編集 ]

Re: No title

のださん、お久しぶりです。当時の詳細ありがとうございます。

> それよりこのブログが前の非公開の時、入院患者タニヤマさんの後に書いてあった要約が、偉く短くなっているような気がしてるんですが。その要約を別の記事で書いてくれるのかな、っとずっと思っていたんですがどうなんでしょう?

えらく短くなってます?
原稿はいろいろ書き直していますが、非公開時のものは残ってて、谷山さんのとこ確認しましたがそんなに変わってないような。
  • | 2016-02-24 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> 麻原のシャクティーパットが終わって、ケイマ、ヤソーダラー、マイトレーヤと受け継がれていくわけだけれど、この弟子たちがシャクティーパットをやっている期間に麻原がシャクティーパットを行った事があるということを知っている人はどのくらいいるのかな?

「霊能の秘儀」の取材でT.Nさんに行ったとき、私はそこにいましたけど・・・それかな?
  • | 2016-02-24 | 元TD URL [ 編集 ]

麻原のシャクティーパット

>麻原のシャクティーパットが終わって、ケイマ、ヤソーダラー、マイトレーヤと受け継がれていくわけだけれど、この弟子たちがシャクティーパットをやっている期間に麻原がシャクティーパットを行った事があるということを知っている人はどのくらいいるのかな?

ふつうにみんな知っていることなのでは?
  • | 2016-02-24 | 海神 URL [ 編集 ]

ケイマかヤソーダラーかどっちか忘れましたけど、シャクティーパットの途中で倒れて、その時に麻原が代わりにシャクティーパットをした事がありましたよね。
  • | 2016-02-25 | 目玉焼き URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ケイマかヤソーダラーかどっちか忘れましたけど、シャクティーパットの途中で倒れて、その時に麻原が代わりにシャクティーパットをした事がありましたよね。

そんなことあったんだ…忘れています。これはナルコの影響でしょうね。。
  • | 2016-02-25 | 元TD URL [ 編集 ]

多分そんなに公になった事でもなかったと思います。私もすっかり忘れていましたが、ちょい思い出しました。

確かヤソーダラが名古屋で倒れて、残りの会員さんのシャクティーパットが困難になり、それでは会員さんに申し訳ないとの事で急遽麻原が残りの会員に対してシャクティーパットをしたそうです。

その次の日かな?大阪でシャクティーパットがあり、私も予約してましたので道場に行きましたところ、サマナから麻原がシャクティーパットを数人の会員にしたと聞いて羨ましく思った記憶があります。
  • | 2016-02-25 | 目玉焼き URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する