#01.二十年という歳月

オウム真理教による地下鉄サリン事件から二十年の歳月が過ぎました。最後まで逃走していた高橋克也被告(一審無期懲役)の刑が確定すれば、オウム事件の裁判はすべて終了し、教祖をはじめとする十三名の死刑はいつ執行されてもおかしくありません。

一九九五年当時、日本でオウムに在籍していた人は多く見積もっても一万五千人、実質は一万人以下だったと思います、その九九パーセント以上は教団が裏で生物・化学兵器の準備をしていたことをまったく知りませんでした。三月二十日の朝、オウムの男性出家修行者五人が地下鉄にサリンをまいて日本を恐怖と怒りと憤りと悲しみに陥れたとき、私も日本中の人々と同じようにとんでもないことが起ったと思いました。
事件の全貌が明らかになるにつれ、私は戦後五十年間続いた日本の太平を揺るがす毒ガステロを仕掛けた宗教団体の一員ということになりました。オウムがテロを起こすなどと夢にも考えたことがなかったので、なぜこんなことになってしまったのか理解に苦しむばかりでした。私たちは、布施、奉仕をして、戒律を守り、真理を学び、瞑想し、教祖を霊的な指導者と仰ぎ、解脱と悟りを目指し、教義を広めていたのです。

私は末端信徒でもキャリアの浅い出家者でもなく、クンダリニー・ヨーガの成就者という教団の中堅幹部でした。一部でいわれているように、もしオウムが武力テロを起こして本気で国家転覆を計画していたとしたら、教団の九九パーセントの人間がまったくそれを知らない状況で、サリンをまいた後いったいなにをどうしようとしていたのでしょうか? ほんとうにここに大きな疑問符をつけたいくらいです。裁判では地下鉄サリン事件の目的は「社会を混乱に陥れて、教団への捜査を阻止、もしくは遅らせる組織防衛のためだった」といわれていますが、そんなことをすれば逆効果だということは誰の目にも明らかです。事実すぐに大々的な強制捜査が行われました。あらゆる場所が繰り返し徹底的に捜索されて、幹部はほとんど全員逮捕、オウム真理教は解散へと追い込まれ破滅したのです。
結局のところ、地下鉄サリン事件の動機は謎のまま「気の狂った教祖と洗脳された弟子が起こしたカルトの事件」と片づけられ、逃走犯の出頭や逮捕の際にマスコミに取り上げられることはあっても、あらゆる出来事がそうであるように時間とともに風化してきました。


二〇一五年の夏の朝、いつものように朝刊を広げると、文化欄にオウムについての論評が大きく載っていました。記事の内容は元オウムの私もびっくり仰天するほど妄想的で、「オウムの誇大妄想が伝染したの?」と心配したほどです。もしかするとオウムという出来事は、謎が残った分だけ余計に日本人の意識の奥深くに刻まれて、なにかの拍子に浮かび上がってくるのでしょうか。たとえば世界がテロの恐怖にさらされているときに。

『…一連のオウム事件は日本国を転覆し支配する「日本シャンバラ(霊的理想郷)化計画」の下に行われた。この計画は国家転覆テロを起こした後、天皇を排除し麻原教祖が神聖法王となり、オウムが日本を支配する構想であった。そのためにロシアから輸入した軍事用ヘリコプターを使って、東京上空から毒薬のサリン七十トンを散布し東京都民を大量殺戮し、国家機能が麻痺した混乱に乗じ自動小銃で武装したオウム信者たちが武力制圧し、新政府「オウム国家」を樹立するというものであった。
この狂気の計画を荒唐無稽と笑うことはできない。サリンプラントや自動小銃製造などテロ計画は着実に進んでいたのだ。オウム事件は「日本シャンバラ化計画」という国家転覆テロの全体像の闇に光を照らさない限り、個々の事件の真相を探っても問題の本質は明らかにはならない。…現在のオウム真理教主流派のアレフは信者が千人以上に増え、信者たちの労働から今でも豊富な資金を保有している。殺人肯定理論を説くカルト教本が今も使用され、現教団内では黒魔術の儀式が行われている。現在のアレフの危険性、反社会的体質は依然として変わらないどころか、公安調査庁はオウム事件前の危険な教団に回帰したと指摘している。…』(「正しい仏道示すのみ テロの呪縛と薬物からの解放」林久義より一部抜粋 2015/08/07中日新聞

(注)「日本シャンバラ化計画」は初期の頃に掲げていたもので、日本の主要都市に支部道場を作っていこうという趣旨でした。記事に書かれているような国家転覆や天皇を排除する云々とはまったく関係がありません。



2016年01月21日

コメント

その動機

>裁判では地下鉄サリン事件の目的は「社会を混乱に陥れて、教団への捜査を阻止、もしくは遅らせる組織防衛のためだった」といわれていますが

教祖は最初から負ける戦いを挑んだということではないでしょうか。

社会を混乱に陥れることで世の中をリセットし、そしてその後立ち上がってくる社会がシャンバラであると(実際そうであるかどうかは別です)。それが、20世紀末に現れた救済者の役目であると。
つまりオウムとは、その為の組織(教団)だったのではないでしょうか。教義や運営方針が何回も変遷したと思いますが、それらは、これらの大事件を起こすことを究極の目的とした、その為の方便に過ぎなかったのではないでしょうか。

悲しいけれど、今はそんな風に思います。
  • | 2016-01-21 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: その動機

コメントありがとうございます。

みんなそれぞれに考えてきたと思います。匿名さんの考えは私もよく理解できます。
もう少し事実を積み上げて、私も考えを書きたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。


  • | 2016-01-22 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

今後共、記事を期待しております。
  • | 2016-01-24 | モトサマナ URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する