スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

番外編03.光の金剛

麻原彰晃が自身の子ども時代について語っている記録はほとんどないが、宗教学者山折哲雄氏との対談のなかで質問に答えて少し語っている。

「家は浄土真宗でしたが、仏壇と神棚とが両方あって、父親が朝昼晩に神仏にも食事をあげる人でした。自分も見よう見真似でそうしましたし、神社でお賽銭をあげるのも喜んでやっていました」
「三歳頃から遊び疲れて寝たような時、眉間、アジュニャー・チァクラから抜け出して、家の内外を徘徊したり、別の世界に入る、俗にいう『魂の抜け出し』経験をしました。死が小さい時から自分のテーマで、はっきりした認識はなくとも、漠然とした恐怖を記憶しています。六歳頃は夜寝る前になると『このまま寝てしまって死んでしまったらどうしよう』と、死に対する恐怖で、毎晩毎晩泣いていました。」
「自分ではそういう体験を一切言いませんでした。抜け出した瞬間、現実には電灯も消えているはずですが、家の人たちを明るく照らし出している状態で、そこから空間の世界、神々の世界にいくんです。そこにいる人たちは歩いているのですが、白い、白銀の大地に足をついていない。空間そのもの…です。」(1)

「金剛小学校」と書かれた門柱を過ぎて右に曲がり、敷地沿いに校舎が正面に見えるところへ行ってみた。広い校庭では運動着姿の子どもたちが、いくつかのグループをつくって走り回り、そのむこうに校舎全体が見える。もしかしたらと思ってスマートフォンで検索してみると金剛小学校公式ホームページが出てきた。写真の他に学校の沿革や校歌が掲載されていて、校歌のサビの部分でリフレインするのは「光の金剛 金剛小学校」というフレーズだった。
「光の金剛か…なんだかオウムの歌詞みたいだねぇ」

金剛小学校02
金剛小学校校庭


オウムでは、瞑想修行中に意識が光に没入する体験を通じて成就すると教えられていた。一連のオウム事件の実行犯は、全員厳しい修行によって「光への没入」を経験した成就者たちだ。
私は、オウムとはなんだったのかを追究していくなかで、「修行で経験する、あの強烈な光って、いったいなんなんだろう…?」と考えることがあった。私自身、何度も光の体験をしたが、それが意識にどういう影響を与えるのかわからなかったし、当時は「光の体験をして成就することは良いこと」と信じて疑いもしなかった。
今考えると、光は必ず闇をともなうものだから(闇がなければ光は認識できない)、強い光の体験をするとき同時に深い闇を引き寄せてしまうことは避けられない。私たちは、光を目指して飛んでいって、暗く深い闇(影)に墜落していったのではないか――私はそう思うようになった。もちろんオウムでも「カルマの解放」という言葉で、修行によって暗い側面も解放されると説かれてはいたのだが。(2)

麻原彰晃は「光への没入」の先にある、「光を超える」体験についてこのように語っている。

「解脱の光ってないんですね。解脱は光じゃないんですね。本人自体が光っているわけですよ。解脱というものは。だから射し込んでくる光に同化するということはしないんですね、解脱は」
「最終解脱のときに、光源に飛ぶんだよ。光に向かって。それはね、そうだなあ、太陽に向かって飛ぶというよりもっと純粋な光に向かって飛ぶんだね。そして、それを通り過した段階で、その人の人格は一変するんだね。それが最終解脱のプロセスだ」
「最後は光を超します。光をぶち破ってしまいますね。そして、最後には、その透明な光だけが出てきます。透明というか、その周りが輝いていると。そこに自分は存在していると。それに到達します。それが最後です」(3)(4)(5)


(1)別冊『太陽』77特集「輪廻転生」(1992年)
(2)カルマの解放とは、修行によって高いステージを経験するとき、潜在していた悪業も同時に解放されて苦しみの現象が起きること。
(3)(4)(5)1986年6月22日、1987年6月27日、1987年10月9日。




2015年11月12日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

金剛

ああ金剛といえばヴァジラですもんねって、今さら気づきました。懐かしいな、ヴァジラ精密工業。オカムラ鉄工乗っ取り事件としてwikiでまとめられていますけど。社長さんの家に泊めてもらった時に、寝るところがなくて玄関の板場で寝てたら社長さんに毛布かけてもらったのを覚えています。思えば明確に「神秘体験」をしたのがあそこでしたね。そんな私も今は元サマナ。以前読んだ本(王族とか狩人とか何人ものインドの?成就者の話)の書名が思い出せなくて、色々ググってたらこちらに辿りつきました。
  • | 2016-02-06 | a URL [ 編集 ]

Re: 金剛

> ああ金剛といえばヴァジラですもんねって、今さら気づきました。懐かしいな、ヴァジラ精密工業。オカムラ鉄工乗っ取り事件としてwikiでまとめられていますけど。社長さんの家に泊めてもらった時に、寝るところがなくて玄関の板場で寝てたら社長さんに毛布かけてもらったのを覚えています。思えば明確に「神秘体験」をしたのがあそこでしたね。そんな私も今は元サマナ。以前読んだ本(王族とか狩人とか何人ものインドの?成就者の話)の書名が思い出せなくて、色々ググってたらこちらに辿りつきました。

コメントありがとうございます。
オカムラ鉄工、そういえばヴァジラ精密工業になりましたね。
お元気で社会復帰されているようで、なによりです(笑)

  • | 2016-02-06 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。