番外編01.八代

いつ頃からだろう、私は麻原彰晃が生まれ育った場所、その風景を見たいと思うようになっていた。「オウムとはなんだったのか」という問いは「麻原彰晃とはなに者だったのか」という問いでもあったのだろう。二〇一三年九月末、オウムでの体験をひととおり書き終えた私は、麻原彰晃の生地熊本を訪れてみようと思った。オウムという世界を思い起こし、考え、言葉にすることで重荷をおろして少し気持ちが軽くなったのか、思い立つとすぐに二、三泊の旅の準備をして家を出ていた。
老親の介護のために戻っていた実家から熊本県八代市までは鉄道の旅だった。在来線で名古屋まで出て、東海道新幹線に乗り継ぎ、終点の博多でさらに九州新幹線に乗り継いで一時間ほどで新八代駅、その次の八代駅で降りた。隣接している製紙工場の大きな煙突が白煙を上げて駅を見下ろしていた。

旧八代郡金剛村――現在の八代市高植本町に麻原彰晃は生まれた。
「さて、ここからどうやって高植本町まで行こうか…」
想像よりさびれている駅前を見渡しながら、地元の人に聞けばすぐに詳しい場所がわかるだろうと、客待ちしているタクシーの運転手に声をかけた。
「すみません。オウム真理教の麻原彰晃の生家が高植本町にあるそうですが、運転手さん、場所わかります?」
「高植本町か、金剛の方だな。ずいぶん昔のことだからなあ…場所は、俺は知らないなあ…」
意外な返事が返ってきた。
「そうですかあ、もう二十年も前のことですからねえ…」
私のなかで今も生きているオウムは、彼にとっては遠い昔の過ぎ去った事件、終わってしまった出来事の一つにすぎない。こんな当たり前のことに私は戸惑った。タクシーをあきらめて駅の小さな観光案内所に入って、カウンターに置かれていた「八代観光案内図」を手に取り、暇そうな表情の若い女性職員に地図を差し出してきいてみた。
「高植本町は、どのあたりですか?」
彼女が指し示したのは八代市を流れる球磨川(くまがわ)河口、八代海に近いところだった。見るとそこに「金剛小学校」という文字がある。麻原彰晃は金剛小学校に入学し、同じ年の秋に熊本市内の県立盲学校に転校している。小学校まで行けば生家はそう遠くないだろうと思った。
「金剛小学校あたりに行くバスは出ていますか?」
「ここからバスはないですね。次の肥後高田駅からタクシーで行くのがいいですよ」
とりあえず、私は「金剛小学校」を目指して動き出すことにした。

やつしろ駅


2015年11月11日

コメント

二十年

富士山のすそ野、上九まわりをしている人がいますが、
麻原のルーツを訪ねる人も他にもいるのでせうね。
番外編、文章も写真もさすがです。
須佐乃王がアストラルコンサートをしていた頃に引きもどされる思いがしました。
  • | 2015-11-12 | 海神 URL [ 編集 ]

No title

結局、どこへ行っても取材をして、写真を撮るんだねえ。(笑)
  • | 2015-11-13 | 元R師 URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • | 2017-03-14 |   [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する