102.グヤサマジャ

オウムに出合うまで、私は神秘体験をすることも印象的な夢をみることもなかった。霊的なことはいかさまと同じで、宗教は心の弱い人がするものだと思っていた。
そんな私がオウムで神秘体験をする。神秘体験は「霊的な体験」「クンダリニーの体験」「トランスパーソナルな体験」などとも言われている。外からうかがい知ることはできないが、体験する人に決定的ではかりしれない影響を与えることがある。
「神秘体験がしたかった。ヨガをやっていてのめり込んだ。真理を求めるためだったのに、事件にかかわってしまった」
こう語った井上死刑囚は、短い言葉でそれを伝えたかったのかもしれない。

神秘体験をさせる力――「クンダリニー」とも「神」ともいえるエネルギーは、オウム全体に浸透して満ちあふれていた。オウムではそれを「グルのエネルギー」と言っていたが、私は教祖個人の力だとは思わなかった。教祖はその力とともにあり、その力と私たちを結びつける「扉」のような中間の存在だった、と今は思っている。

では、この「力」(エネルギー)とはいったいなんなのだろう? 

目に見えないこの力を、私はオウムの「グヤサマジャ」(1)という象徴でとらえている。オウム真理教の祭壇の中央には、グヤサマジャと呼ばれる宗教画が掲げられていた。事件後、弟子のなかには教祖の写真を祭壇に掲げる者もいたが、教祖は「グルを意識しなさい」と教えたことはあっても、自分の写真を道場の祭壇に掲げるよう指導したことはなかった。
グヤサマジャは、オウムのエネルギーの源泉である「シヴァ大神」の象徴だった。


グヒャサマージャ
シヴァ大神の象徴・グヤサマジャ


グヤサマジャは、シヴァ神とダキニ天女(パールヴァティー女神)の合一が描かれている宗教画だ。男神と女神の抱きあう姿は、男性エネルギー(陽)と女性エネルギー(陰)の神聖な合一をあらわしている。男神・女神はそれぞれ三つの顔と六本の手(三面六臂)をもっていて、グヤサマジャ全体では十二本の手と六つの顔という「十二」と「六」で表現されている。

ところで、教祖と教団、とりわけ地下鉄サリン事件には「十二」と「六」というパターンが数多くあらわれている。

十二人の死刑囚の弟子(六人の無期懲役刑の弟子)(2)
十二人の地下鉄サリン事件で亡くなった方々(判決文が書かれた段階で十二人。その後一人の方が亡くなり十三人)
十二人の国選弁護人(異例の多さ)
麻原彰晃が起訴された罪状のうち殺人・致死にかかわるのは十二事件
麻原彰晃には十二人の子どもがいる(そのうち本妻の子どもは六人)
十二棟あるサティアン施設(麻原彰晃が最後にいたのは第六サティアン)
麻原彰晃の名前で宗教活動をした期間は十二年間(一九八三年から一九九五年まで)
「オウム真理教」の名称が存続したのは十二年間(一九八七年から一九九九年まで)

このような偶然の一致は、もちろん人が意図して引き起こすことはできない。
象徴言語を学んできた私は、「十二」と「六」が何をあらわすのかすぐにわかった。古代から「太陽と黄道十二宮」というイメージがあるが、人間の意識は「時間」というものを、中心の点(太陽)とその周囲の「十二」というイメージでとらえる。一年を十二か月、一日を二十四時間(12×2)に区分するのはそのためだ。円を六本の線で等分してできる十二――これは「時間」なのだ。
そして、この大いなる時間を司る神は「マハーカーラ」と呼ばれている。これはシヴァ神の異名だ。

オウム真理教は霊的な覚醒を強く求めた団体だった。そこで経験する「神秘体験」とはどのようなもので、どのような影響を与えるのか、私は自分の体験を詳しく記録した。私の体験として書いてはいるが、「私の体験」という感覚はなく、体験が私を通じて現れるとでも言うのだろうか。表現が難しいが、なにかとてつもなく大きな力が、私たちを通して顕れていたように思う。
霊性、あるいはクンダリニーとよばれる力は、本来人間にそなわっている「内なる自然」ということもできる。神秘体験をすることは、この失われた自然と再びつながることなのだ。かすかな体験をした人も、体験がないという人も、そこにいることで、人を超えた力、いのちの源泉に触れているような歓びを感じていた。そして、この体験を自分のものだと思うようになったとき、人は自分を見失い、体験に呑み込まれてしまう。

それは大いなる自然と人間の関係と同じではないだろうか。



*****

私のオウムの物語はここで終わります。
二〇一二年に書きはじめましたが、新しい世紀から十二年目のこの年は、逃走犯全員が出頭・逮捕され、裁判がはじまり、再びオウムに注目が集まったときでした。
私の生活も一変しました。老親の介護、そして死。
なにかに突き動かされるように書きはじめました。
できあがったものは『ヌミノース』と題して友人にのみ公開しました。その後、十四話を加筆、修正したものを『オウムとクンダリニー』と改題して一般公開しました。

この記録が、オウム真理教とその事件を理解する一助になれば幸いです。


――犠牲となられたすべての方々に哀悼の意を捧げて、ここにペンを置きます。


(1)グヤサマジャはグヒャサマージャとも言われる。チベット密教のヤブユム・男女両尊。グヤサマジャを描いていた元マチク師によれば、「オウム神仙の会」が「オウム真理教」に変わる頃、教祖の指示でグヤサマジャを描きはじめたという。この経緯については元マチク師のブログ「風の彼方へ」に詳しい。
(2)一審で無期懲役の判決を受けた高橋克也被告(控訴中)が確定した段階で六人となる。おそらく二〇一七年には確定するだろう。



2015年10月27日

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

No title

これで、おしまいなんですね。
お疲れ様でした。

様々な成就者の体験談を拝見してきましたが、
皆様それぞれ違うんですね。
「グルのクローンになる」
なんて言葉も聞いたことがありましたが、
ソンシと全く同じにはなれなかったということですね。
わたしは、さらに謎が深まった気がしますね。
  • | 2015-10-27 | yasu URL [ 編集 ]

No title

自己啓発セミナーで20台でステージの高かった人でも 20年たつと閑職というかなんか追いやられてる雰囲気を感じます。 じだいのながれなのかなぁ
  • | 2015-10-27 | 三橋 URL [ 編集 ]

No title

お疲れさまでした。
なかなか興味深かったよ。

あとは他の連中もブログを書いてくれるのを祈るだけだね。
  • | 2015-10-27 | 元R師 URL [ 編集 ]

お疲れさまでした

連載ありがとうございました。
毎回の更新を楽しみにしておりました。見知った方の書かれる文章(この回顧録)は非常に参考になりました。このブログを読めたことで、部屋にパソコンを入れた甲斐がありました。

以前にも書きましたが、世の中批評でも結構、気が向いたらブログ更新をお願いします。一介の元信徒ですが、期待しつつ待っています。

申し遅れましたが、お身体、大切にしてください。

  • | 2015-10-27 | 匿名 URL [ 編集 ]

グヤサマジャは教団の修行のプロセスの象徴でしたね。

教祖を中心として、多くの出家、在家の信者の心によって形成されたエネルギー空間といいますか、教団という幻影が事件後、徐々に崩壊して行ったように思います。

このまま教団の崩壊と共に人生を終えて行くのか、それとも次に行くのか、それぞれの人が問われているように思います。

本来、真理の実践者は先見の明があると思いますが、私が教団にいた時は、逆に時代にどんどん取り残されている感がありました。

十二という数字は、キリストの十二使徒を思い出しました。

お身体お大事にされてください。
  • | 2015-10-28 | 元信者 URL [ 編集 ]

No title

ブログお疲れ様でした。
全編、非常に興味深く読ませていただきました。
……グヤサマジャは、謎の多い象徴だと思います。
なぜ右面が少し上を向いて左面が少し下を向いているのか?
4つの法具を持つ腕は一本なのに、なぜダキニを抱く手だけは2本なのか?
他にもいろいろありますが……
いつかご縁があったら、お茶でも飲みながら昔話でも語り合いたいものです。
  • | 2015-10-28 | S URL [ 編集 ]

ありがとうございました

全編、興味深く拝読させていただきました。貴重な情報をありがとうございます。88〜95 年ご一緒に真理の実践をさせていただきました仲間を代表して、厚く御礼申し上げます。あれから20年以上になりましたが、元TD師の海に落ちて危うく死にかけた話は、マンガにもなりましたし、当時の信徒なら誰しも、知らない者はほとんどいないくらい超有名なネタでした。またあらためて体験談を伺えて本当に良かったです。まだまだ歴史的な評価はこれからだと思います。命のある限りご一緒に修行していきましょう。
  • | 2015-10-28 | サトミ URL [ 編集 ]

蛇足

せっかく、きれいに完結したのに、これ以上コメントするのは、蛇足かと思いますが、それでも敢えてコメントをお許し下さい。
>そして、この体験を自分のものだと思うようになったとき、人は自分を見失い、体験に呑み込まれてしまう。
 和井恵さん(元ナーギタ正師 Y.K)の原始仏典解説もかつて愛読していましたが、元TD師とはキャラがかぶることのない、全く対照的なお二人の結論が一緒だったとは、唖然としました。オウムの元師畏るべし。詳しくは、和井恵ブログの2012年6月18日、24日あたりの五蘊無我、「それは私の本質ではない」の解説あたりをどうぞご覧になってください。これ以上、和井恵さんの宣伝すると、元R師さんにまた「とらわれすぎだぞ」とカツ入れられそうなので、このくらいにしておきます。南伝大蔵経を愛読していた方々なら、この凄さがわかると思うのですがね。
とにかく、皆様が、真理に到達し、真理を体得されますように、祈念いたします。
  • | 2015-10-29 | サトミ URL [ 編集 ]

正直な感想です。全く意味のないことにとらわれて全て失った感じですね。修行に意味がないと、思う凡夫の感想ですが。
  • | 2015-10-29 | 向煩悩破戒凡夫 URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 正直な感想です。全く意味のないことにとらわれて全て失った感じですね。修行に意味がないと、思う凡夫の感想ですが。

正直な感想をありがとうございます。
修行に意味がないという世界観なら、全くおっしゃるとおりだと思います。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 十二という数字は、キリストの十二使徒を思い出しました。

詳しくはふれませんでしたが、「象徴」としてのキリストはまさに太陽なのです。
新しい世紀(時代・時)のはじまりに昇る太陽です。ですから、キリストの誕生を境に世紀を分けますね。
また、キリストの誕生日は12月25日ということになっています。これはもともとミトラ教のお祭りでした。太陽の力が最も弱くなる冬至から三日後に生まれたキリストというのは、太陽の暗喩と見ることができます。

  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: ありがとうございました

> 全編、興味深く拝読させていただきました。

サトミさん、こちらこそ、ありがとうございました!
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: お疲れさまでした

> 以前にも書きましたが、世の中批評でも結構、気が向いたらブログ更新をお願いします。一介の元信徒ですが、期待しつつ待っています。

ありがとうございます。
気が向いたら、また更新しますね。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> 全編、非常に興味深く読ませていただきました。
> ……グヤサマジャは、謎の多い象徴だと思います。

ありがとうございます。
富士山総本部道場の祭壇のグヤサマジャは両側に「ヴィシュヌ神」と「シヴァ神」の絵が置かれていました。
この構成も興味深いと思います。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> なかなか興味深かったよ。

元R師、最大の賛辞だと受け止めます(笑)
「法友へ」楽しみにしています。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

Re: No title

> わたしは、さらに謎が深まった気がしますね。

読んでくださって、ありがとうございます。
謎は、謎のままでいいのかもしれませんね。
  • | 2015-10-31 | 元TD URL [ 編集 ]

No title

端木さんと一緒に溺れかけたときに、自分はほかの人の役にたつことをしてこなかった、という直感的な後悔。あれこれ難しく考えるんじゃなくて、人生を一瞬で反省したときの、心の奥底からの叫びを大事にしたほうがいいと思います。
  • | 2015-10-31 | シルバーストーン URL [ 編集 ]

Re: No title

> 端木さんと一緒に溺れかけたときに、自分はほかの人の役にたつことをしてこなかった、という直感的な後悔。あれこれ難しく考えるんじゃなくて、人生を一瞬で反省したときの、心の奥底からの叫びを大事にしたほうがいいと思います。

ありがとうございます。
大切にしていこうと思います。
  • | 2015-11-01 | 元TD URL [ 編集 ]

どうかしましたか?

過去記事が見れなくなっているようです。どうかしましたか?
-------------------------------------------------------------
パソコンの再起動で、復旧しました。お騒がせして済みません。
  • | 2016-01-16 | 匿名 URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する