早川紀代秀死刑囚の文章⑤

『オウムはなぜ消滅しないのか』(中島尚志)を読んで
5.ブッダシャカムニでさえ煩悩がなくなってはいなかったというご指摘について

ブッダにも煩悩があったというご指摘には考えさせられました。
四聖諦の滅諦の「滅」に当たるパーリ語 nīrodha には、コントロールという意味もあるという人もいますし、私自身初めて四聖諦を知ったとき、道諦が滅諦の前ではなく、後にくることに違和感を覚えた口でしたから。また、煩悩がそう簡単にはなくならないことは、修行者の端くれとして身にしみていましたから。しかし、テーラヴァーダでも、大乗仏教でも、ブッダが煩悩を滅尽されていることは当然のこととされていますし、そのブッダが説かれた方法によって、私達も煩悩を滅尽できると説いています。
ただ、伝統仏教では、アラハンやブッダになったと現在公言されている方は見当たりませんし、本当のところはどうなのだろうと思ってしまいます。
いろいろ考えた結果、ブッダシャカムニは真理の言葉の力を知っておられたので、嘘は絶対に語られない、真理のみ語られ、嘘になる可能性のある時には沈黙されたということから出発し、ブッダが直接弟子達に語られたことから判断してみようと思いました。
幸い現在の仏典研究からは、『スッタニパータ』第四章、五章が最古の経典で、ブッダ在世当時、ブッダが説かれていたことが伝えられているとされています。同じ『スッタニパータ』でも、これ以外の章や、古いとされている『ダンマパダ』でさえ、ブッダの亡くなられた後に、弟子達の間でブッダの説として語られていたもののようです。
なので『スッタニパータ』の第四章、第五章のパーリ語の経典を資料として、以下検討しました。
検討方法としては、まず、「ムニとは」とか「真のバラモンとは」とか「清きものは」等という、修行を完成した人はどういう人かをブッダシャカムニ自身が語っておられる部分を抜きだして調べてみました。
次に、涅槃とはなにか? 解脱とはなにか? を説いておられる部分を抜きだし、同様に調べてみました。煩悩について説かれたものがあればそれも調べました。
検討結果を整理すると以下の通りです。
(なお使用した経典は、ダンマパダを学ぶ会発行のパーリ語仏典シリーズ『スッタニパータ』で、文中の番号は偈番号です。『ブッダのことば』(中村元)より六番多くなっています。訳は私訳です。)

〇「ムニは」「真のバラモンは」「清き人は」「聖道に達した人は」等、修行を完成した人は・・・
執着(samuggahītaṁ)がない(natthī)801
執着(pariggahesu)に汚されない(nopalitto)785
執着(pariggahaṁ)を捨てて(hitvā)815
執着(sañgamimaṁ)を捨てている(visajja)1066
欲望(kāmesu)を捨てて(Rittassa)829
欲望(kāmehi )を捨てられ(ritto)850
欲望(kāme)に汚されない(anūpalitto)851
束縛(ganthāni)を捨てて( Vissajja)918
悪い貪り(lobhapāpaṁ)がない(vitare)947
真実(Saccā)から離れることなく(avokkamma)952
自我を捨てて(attañjaho)796
平安を見る(khemadassino)815
期待することがない(anapekkhino)829
寂静(santo)918
真理(Sacco)947
怒りがなく(akkodhano)947
一切を捨てた(paṭinissajja)952
渇愛から離れて(vītataṇho)1066
苦しみなく(anīgho)1066
欲なく(nirāso)1066
欲なく(nirāsa)1084
苦しみなく(anīghā)1084
何ものをも所有せず(akiñcanaṁ)1097

などとなっています。
「滅」と訳されていてもコントロールの意味である nīrodha という語は使われておらず、明らかに「なくなる」としか解しようのない語が多くみられます。
「なくなる」対象は、執着と訳せる語が最も多く、次は欲望の Kāma です。執着と欲望に対しても、特に差はなくどちらにも「捨てる」とか「汚されない」という語意の語が使われています。
その他、「苦しみがない」「怒りがない」という表現もあり、一語で否定形を使った表現となっていますので、他の意味に取りようがありません。
「煩悩」にあたる kilesa という語は使われていませんが、三大煩悩のうち「貪り」「怒り」は直接その存在を否定されており、「無智」については「真理」という言葉でその存在を否定されています。その他、多くの煩悩に含まれるものがムニや聖者には「ない」ということが示されています。

〇涅槃(Nibbāna)とは・・・
欲望と貪欲を除き去ること(chandarāgavinodanaṁ)1092
不死の境地(nibbīnapadamaccutaṁ)1092
寂静(upasantā)
世間(loke)における執着(visattikan)を超えている(tiṇṇā)1093
無一物(Akiñcanaṁ)1100
無執着(anādānaṁ)1100
老死の尽滅(jarāmaccuparikkhayaṁ)
渇愛の捨断(taṇhāya vippahānena)1115

となっています。
欲望と貪欲というまさに煩悩を「除き去る」こと(vinodanaṁ)ということでの vinodanaṁ は「除去」という意味で vinodana が原型ですが、「除去」「除き去ること」以外の意味にはとれません。
(文字通りの意味にとることを「言葉を断片的にとらえてはいけない」とか「ブッダの真意は」とかと理由をつけて批判する人がいますが、そういう人に限って一つの持論(見解)を持っており、それに合わせた解釈しようとするケースが多いです。ブッダはまさに、そのような態度こそいましめられたと思います。私はブッダが言葉の持つ真理の力を失わないように慎重に選んで使われた一言一言を素直に受け取るようにしたいと思います。)

「無執着」(anādānaṁ)という言葉も、an と言う否定語に ādānaṁ(取、執着)がついたもので「執着が無い」か、あるいは「非執着」で「執着でない」と解され、どちも執着は存在しないと受け取れます。
「渇愛の捨断」についても、taṇhāya(渇愛)と、vippahānena(捨断)がひっついた語で、vippahānena は vippahāna を原型とし「放捨、棄捨、捨断」という意味があります。どうみても渇愛がなくなった状態を表わしているといえます。

〇解脱(vimokkha)とは・・・
・欲望(Kāmā)の住することなく(na vasanti)渇愛(taṇhā)も存在せず(na vijjati)諸々の疑惑を越えた(kathaṁ)それ以外にはない。1095
・完全智による解脱( aññāvimokkhaṁ)とは、無明(avijjāya)の破壊(pabhedanaṁ)1113

解脱についても、涅槃と同じく欲望や渇愛がなくなることであり、根本煩悩とされる無明の破壊を意味していることがわかります。

〇煩悩について
漢訳では、煩悩がにじみ出た状態を表わす「漏」と訳される āsava という語は、しばしば「煩悩」と訳されますが、これについては次のような偈があります。

名色(nāmarūpasmiṁ)に対する貪欲から離れた人(vītagedhassa)は、色々な煩悩(āsavāssa)は存在しない(na vijjanti)。1106

ここではっきりと煩悩の存在が否定されています。
ブッダに少しでも煩悩が残っていて、ご自分には煩悩が存在しないという自覚がなかったならば、ブッダは以上のような煩悩のない状態のことを説いたりはされなかったものと思います。

では、ブッダに煩悩がないというなら、『オウムはなぜ消滅しないのか』のなかで指摘されているブッダの特性を表わす「無上調御の人」(p146)というのは、どういうことになるのかという疑問が残ります。
これについては、ブッダご自身を調御するという解釈の他に、ブッダは「他の人を調御する無上の人である」という解釈もありますので、私はこちらの方をとりたいと思います。
また、ブッダやアラハンが瞑想修行を続けられていたことについては、テーラヴァーダでは“法楽”を享受されていたと説明していますが、私はそれだけではなくブッダやアラハンであっても、世間に出て救済活動を続けられるかぎり、接した人々からカルマを受けることは避けられず、時々はおのれ自身を浄化するための瞑想修行が必要であったのではと思っています。この場合のカルマというのは、汚れたエネルギーという意味で、煩悩のエネルギーといってもいいと思います。
もちろん、日々受けた汚れは、即、浄化されていたでしょうし、肉体的な影響は受けられても、精神的にはまったく汚されることはなかったと思いますが、長い期間の間には積もり積もったものを集中的に浄化することも必要であったように思います。そういう意味では、中島先生が述べておられるように「その日その日が『最終解脱』」(p175)であったように思います。

ところで、ブッダシャカムニがよくされていた瞑想というのは、『マッジマ・ニカーヤ』にあるアナパーナ・サティと思います。
これはアナパーナ(呼吸)へのサティ(気づき)という瞑想で、呼吸への気づきをベースに身体への気づき、感覚への気づき、心への気づき、現象(法)への気づきへと順次移っていくものです。呼吸は自然呼吸です。
やり方によっては、第四禅まで入ることができますし、近行定ないし初禅でのヴィパサナとしても使うことができます。
ブッダは、サティ(sati)、漢訳で「念」と訳されていますが、いわゆる「気づき」、英語でいうマインドフルネスを非常に重視され、『スッタニパータ』第四章、第五章のなかでも、いかにして欲望や執着を捨断するかという方法として、このサティを何度もあげておられます。
例をあげると、次の通りです。

774 後半 somaṁ visattikaṁ loke,
この世での執着を、
*sato samativattati.
サティによってのり越える。

777前半 Tasmā jantu sadā *sato
それ故、人は常によくサティして
kāmāni parivajjaye
諸々の欲望を避けよ。
*sato:原語はsata(過去受動分詞)名詞形がsati

1041Yāni sotāni lokasmiṁ, (ajitāti bhagavā)
(世尊はアジタに答えた)世間には諸々の流れがある。
sati tesaṁ nivāraṇaṁ;
それを遮断するのはサティである。
sotānaṁ saṁvaraṁ brūmi
流れは防護されると私は言う。
paññāyete pidhiyyare
智慧によって閉じられると。

これらの場合は、アナパーナ・サティのヴィパサナ型がもちいられ、煩悩に気づき、観察することによって、それを減じ、滅していくというものです。法楽を味わわれるときは、サマタ(サマディ)型のアナパーナ・サティをされて、初禅から二禅、三禅、四禅と楽しまれたことでしょう。
ここでよく、色界禅定や無色界禅定自体を否定する見解にお目にかかったりしますが、私はそうは思いません。ブッダは深いサマディに入られたけれど満足されなかったというシャカムニの伝記等から、そのような見解が出てくるのでしょうけれど、ブッダはこれらのサマディにヴィパサナ型瞑想法を新たに加えられたというのが正解のように思います。
前に検討した『スッタニパータ』第四章、第五章では、ブッダは、ニルヴァーナ、イコール寂静(upasamā)とおっしゃっていましたが、他にも santīti という語で寂静を表わし、やはりそこが涅槃(nibbutiṁ)だと言われています。この upasamā も santīti も、samatha(サマタ)や samāde(サマディ)と同類の語で、このことからも、ブッダがサマディを否定しておられないことがわかります。否定されるどころか、ニルヴァーナだとおっしゃっているのは、寂静である間は煩悩が存在しないからです。
しかし、サンディから出て寂静が崩れると、たちまち煩悩が出てきます。この点をブッダは、不満とされ、どのようにすればサマディから出ても煩悩が捨断できた状態でいられるのかを探求されたものと思います。(もちろんサマディといっても意識が飛んでしまうサマディは寂静とはみなされなかったとは思いますが。)
そして発見されたのが、サティ(気づき)であり、ヴィパサナ(観察)の瞑想であったと思います。このブッダの発見した方法によって、日常生活をしていても、煩悩を捨断した状態が保てるようになり、またこの瞑想に習熟していくと、完全なる智慧が生じる、いったんこの智慧が生じると、もはや煩悩は破壊されたと自覚されるものと思います。
したがって、この状態で静かに一人、山や森で生活されていれば(よくヨーギーがやるように)、何ものにも汚されずに一生を終えられたことでしょう。しかし、ブッダやアラハン達は、そういった生活をせずに、人々に教えを説く道を歩まれました。そのためときには、積もり積もった汚れを浄化するための瞑想が必要であったであろうことは前述した通りです。


早川紀代秀死刑囚の文章⑥

『オウムはなぜ消滅しないのか』(中島尚志)を読んで
6.最終解脱者と自称していたことについて

グル麻原が「最終解脱者」と自称するようになったのは、1988年春頃に発表された七段階のヨーガからなる「レインボー・ステージ」の最終ステージを自称されるようになってからでした。(レインボー・ステージについては「35.ステージ制度」参照)
それまでは「解脱者」と言っていましたが、レインボー・ステージの最初のステージをクリアしていれば「解脱者」ということでしたから、それとの区別のためと、レインボー・ステージでは「最終」ステージという意味からでした。ご本人がこれで修行が完成したので最終解脱者だと言われていたわけではありませんでした。なぜなら、その後「最終完全解脱」と言いだしたのはグル麻原ご本人でしたから。また、拘束されてからも、ブッダの身体を完成させる修行などをされていたようですから。
1988年の春には、「自分は未来際でマイトレーヤ如来となる魂だ」と言われていましたので、そのことからも、今生では修行はまだ完成していないという自覚があったものと思います。しかし、イエスが「わたしを見た者は、父を見たのである」(ヨハネ14章9節)と言われたように、グル麻原の心のなかには、常にシヴァ大神が働いているという思いはあったものと思います。
そして、出家教団でのグル麻原は、絶対的な存在としてふるまっていました。それは、オウムの内弟子(出家者)に対してとった修行法がグルイズムだったからです。このことは出家の際の誓約書に表われています。

このグルイズムについては、必ずしも悪いものとは私は思っていません。弟子のエゴを崩壊させる方法として極めて有効なものですし、密教を修行するためには、伝統的にもこのグルイズムがとられるケーズが多いからです。特に、後期インド密教であるチベット密教の場合には、この傾向が強く、「ラマ教」と呼ばれたことはご存知の通りです。
チベット密教では、成就法で本尊を観想しますが、この本尊と指導を受けているラマとは、
「一心同体のもの(bla ma dang gtso bo tha mi dad pa.)として信解し、常にそうした見方ができるように習熟する」(『ツォンカパのチベット密教』p187)ことが求められています。
ラマ(上師)は、本尊の化身ではなく「本尊がラマの化身」なのです。
そして、
「まず最初に絶対者としての本尊を想定し、それと自分との橋渡し程度の役割として上師を位置づけているようでは、どんなに努力して修行しても実を結ぶ見込みはない」(前記書p188)
とまで言われています。

オウムの成就法では、本尊のお顔をグル麻原の顔として観想しますが、これを私は長らくオウム独特のものと思っていました。でも最近、チベット密教でも同様のことを行なうと知って驚いたものです。グルは、ブッダ、本尊であると常に思えるようになってはじめて、密教の成就が可能ということですが、この点だけはオウムは大いに成功していたようです。
しかし、この成功は、グルが殺人を含めた非合法活動を弟子に指示した時点で、大きな悲劇を生むことになってしまったのです。

では、なぜグル麻原は、自分のことを神にも等しい絶対者であるとか、修行を完全になしとげたとは思ってはいないはずなのに、宗教行為として、弟子達に殺人を命じたのでしょうか?
もちろん、オウムの各支部の祭壇の正面にグヤサマジャの絵を祀らせるほど、グヤサマジャ・タントラを重視していたということは、原因の一つにあげられるとは思いますが、普通、経典に説かれているからといって、殺人をそのまま実行はしないものです。チベット密教の現状がそれをよく現わしています。実行する資格が自分にはあるのかと考えて、簡単には実行しないものです。というより、実行できないものです。その一線を、グル麻原はどうして越えてしまったのでしょうか?
一つには、自分は一般の人達とは違って、色々なヨーガを成就しているという認識があり、この認識が殺人を含むヴァジラヤーナを実践してもよいという認識につながった可能性があると思います。
また、救済至上主義というか、救済のためには資格もへったくれもない、すべてを投げ出して行なうのだというような、強力な救済使命というものにつき動かされた、ということも考えられます。これにはハルマゲドン予言というものが深く関わっていたと思います。
そして、もう一つの大きな要因(私はこれが一番の原因ではなかったかと思いますが)、それは、彼の霊的コンタクトにあったと思います。
このことは、あまり話題にはなっていませんが、グル麻原が目に見えない存在を見、その声を聞いていたことは、そばにいたものとしては疑いようのないことでした。それがどのような存在なのか、神なのか仏なのか、はたまた魔なのか邪霊なのか…。あるいは本人がそう思い込んでいるだけの幻覚なのか…。その辺のことはわかりませんが、普通ではない情報のやり取りが行なわれていたことは確かでした。そのようなやり取りのなかで、霊的存在から殺人を含むヴァジラヤーナの実行を示唆されていたがために、宗教的使命感をもって、実行に踏み切ったものと思われます。これを一般には「狂気の沙汰」といいます。



早川さんのアンケート回答

死刑が確定すると、数人の決められた人としか面会や手紙の交流ができなくなり、死刑囚の今の思いは世間には伝わってこないものですが、「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」と福島みずほ参議院議員が組んで、これまでに三回死刑確定囚のアンケートをとり、以下の本にまとめています(インパクト出版会)。これらは死刑囚の思いを伝える数少ない記録です。

命の灯を消さないで―死刑囚からあなたへ 105人の死刑確定者へのアンケートに応えた魂の叫び』(2009/4)
死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』(2012/5/1)
死刑囚監房から―年報・死刑廃止〈2015〉』(2015/10)

オウム事件で死刑が確定した人たちのなかにも、このアンケートに答えている人がいます。早川さんは、2012年のアンケートで量刑に対する不満や死刑制度に反対する考えを、2015年のアンケートでは、不自由ななかでも穏やかに日々を過ごされている様子を書かれています。

■2012年アンケート回答の一部
「・・・正直いって、私の量刑判断には不満です。私が命令したわけでもなく、私が直接この手で殺したわけでもないのに死刑かという思いがあります。確かに共同正犯としての責任はあります。事件そのものは許しがたいものであり、死刑が当然というのもわかります。しかし、単独での殺人がすべて死刑ではないように、許しがたい事件の共同正犯がすべて死刑かというと、そうではありません。現に、林郁夫は、共同正犯として12人を殺し、自分の手でも2人を殺していますが、死刑を求刑すらされず、無期判決です。一方、自分の手では殺していない横山真人や私は死刑です。いったいこの差は何なのでしょうか。死刑か否かという重大な判断において、その基準となるものは、極めてあいまいです。単独犯においても、一応永山基準というものがあるものの、あいまいなものです。このような、あいまいさを含んだ死刑制度のもとでホイホイ執行していくことが正しいことでしょうか。江田法相のように、慎重に対応する姿勢こそが、正しいことだと訴えたいです。・・・・」(『死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』p104)

■2015年のアンケート回答より
「ブッダを思うと心が安らぎ
キリストを思うと力づけられる
傷つけた人を思うと心が痛み
愛する人を思うと心がなごむ

朝の一瞬がすぎていることに気づいてホッとし
新聞を見てドキッとしたりする

呼吸に気づきをむけると歓喜に満たされ
瞑想すると寂止に入る
寂止は一時の解放、一時の救い
常に心を観察し、その本性をさぐる
二四時間気づきが続けば
死んでも気絶しない
そうなるのが早いか
死ぬのが早いか

修行ができれば 監獄も僧院」

●獄中生活で一番楽しいこと、嬉しいことはなんですか。

「どれが一番かは決めがたいが、瞑想、修行、家族、友人との交流、読書、月四回のDVD視聴、日光浴など。また、めったにないが、運動の時にめずらしい小鳥がすぐそばまで来て鳴いているのを見たりするのは、うれしく楽しい。」
(『死刑囚監房から―年報・死刑廃止〈2015〉』p84)