スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリュージョン⑤人穴381

“ひとあな”というちょっと変わった地名がオウム真理教富士山総本部道場の住所でした。総本部に居住して運転免許証を持っていたサマナなら「富士宮市人穴381」という住所に見覚えがあるでしょう。1989年から1992年まで、私は人穴にあった富士山総本部道場に住んでいました。
当時の私たちは「解脱・悟り」を目指していて、どうすれば修行が進むかだけを考えて生活していたので、住んでいる地域にどんな歴史や文化があるかなんて、だれも気にかけたりはしませんでした。近くに「白糸の滝」という観光名所があることは聞いていましたが、修行熱心でない“不良サマナ”が「白糸の滝に遊びに行ったらしい」という噂を耳にしても、ワークをさぼって観光名所へ遊びに行くサマナを気の毒に思ってもうらやましいとは思いませんでした。いつも目の前に大きく見えている富士山くらいしか周辺のことは知りませんでした。

それが、オウムをやめてから、ある人に「人穴って変わった名前だよね」と言われたことをきっかけに、人穴や富士山の歴史と文化を詳しく調べてみました。
「人穴」という地名は、総本部道場から1.4キロほど離れたところにある富士山の噴火によってできた溶岩洞窟「人穴」に由来します(洞窟は人穴富士講遺跡として整備され現在も残っています)。富士に住んでいた頃、編集部があった富士と印刷工場のあった上九を、日に何度も行き来して人穴洞窟の近くも通過していましたが、洞窟を見に行ったことは一度もありませんでした。
調べていくと、人穴洞窟はかなり古くから神聖な場所として信仰の対象だったようです。鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』のなかには、源頼家が家臣の仁田四郎忠常に命じて洞窟を探検させたと記録されています(1203年6月)。このとき忠常は家来五人と洞窟に入るのですが、四名が急死して、忠常も翌日になってようやく洞窟から出ることができたと伝えられています。この歴史・伝説について、ある研究者は、人穴が富士山の噴火によってできた溶岩洞窟であることから、奥行きが90メートルもあるといわれている洞窟に火山性の毒ガスが発生していて死者が出たのではないか、と推測していました。
「洞窟の地下深くで、毒ガスかぁ…」
人穴洞窟の伝説とオウムが地下鉄で毒ガスのサリンをまいたことはイメージ的にぼんやりと似ていると思いました。もちろん、似ているだけです。しかし、もう一つの事実を思い出した私は、奇妙な感覚にとらわれました。

信徒・サマナなら、オウムで最も重要で神聖なのは「サマディ」(三昧)だということに同意してくれるでしょう。サマディはサンスクリット語で「死」を意味する言葉で、瞑想の究極状態といわれています。修行者は瞑想によってサマディに入り、死後の世界を経験し、再びこの世に戻って来ることができます。サマディに入ることは聖者の証明であり、サマディがおこなわれた場所は浄化・聖化されるといわれていました。
1988年、富士山総本部道場建立にあたって、教祖は自らサマディをおこなうことで道場用地を浄化し、また、高い瞑想ステージにあることを証明すると宣言しました。当時、私はまだオウムに出合っていなかったので、この時のサマディの様子については後に教団の機関誌で読みました。
サマディの経緯の詳細は省きますが、結果として教祖のサマディは成就しませんでした。原因は、サマディに使われたチェンバーの建材(接着剤)から有毒ガスが発生し、なかで瞑想している教祖に悪影響を与えたことでした。問題のチェンバーを修理して、サマディは何度かやり直されたのですが、そのたびに有毒ガスが発生して中止されました。最終的には、同時にサマディを行っていたケイマ大師の十時間の呼吸停止を計測したことをもって、サマディは成功したと決着させたのです。
つまり、オウムで最も重要な教祖のサマディ――それも富士山総本部道場を建てるためにおこなわれたサマディは、記録を読む限り、三度の有毒ガスの発生によって成就しなかったのです。なんとなくですが、この出来事が毒ガス・サリンを三度まいたオウム真理教と教祖の行く末を、どこか暗示しているように思えます。(池田大作サリン襲撃未遂事件・松本サリン事件・地下鉄サリン事件)

「ただの偶然のイメージの一致…こんな話はオウムの人だって聞く耳を持たないかも…」
私自身そう思っていたのですが、社会学者の大澤真幸氏の著書のなかに、オウムのサマディでの毒ガス発生と地下鉄サリン事件について指摘しているのを見つけたとき、「そこに着目した人が他にもいたんだ…しかもオウムの人でもないのに!」と感心してしまいました。
それに勇気をもらって、オウムと人穴と毒ガスのイメージについて書いてみました。
このようなイメージの重なりはなにをあらわしているのか。そこから読み取れるなにかがあるはずだ…そんな風に思って私はある時期ずっと考えていました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。