スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グノーシスとオウム

オウムという宗教について考えるなかで、私は世界の宗教史をひもといたことがあります。そのとき「オウムって、グノーシスに近いのかも…」と思いました。「グノーシス」というのは、キリスト教以前からあった古代の宗教思想の流れで、グノーシス主義とかグノーシスの宗教といわれています。
教祖は「オウムはヨーガ・仏教と同じ真理を説いている」と言っていましたが、正直にいうと、オウムはヨーガというわりには「救済、救済」という掛け声が大きいし、仏教というわりには神秘体験が過激で、善悪二元論が強いと思います。もちろん、オウムの教義が、教祖のヨーガによる解脱体験を基礎に、ヨーガと仏教の世界観で組み立てられていることは確かです。しかし、オウムという現象全体を見たとき、ヨーガ・仏教というだけでは、どうもストンと収まらないように感じていました。

グノーシスの特長は「反宇宙的」だと言われています。「この宇宙は悪だ」という前提からはじまり、悪なるこの宇宙を創造した神は悪魔であり、人間は悪の宇宙を善だと錯覚して生きているというのです。ですからグノーシスの思想では、この宇宙のどこにも真の幸福はありません。人間はこの真実に目覚めなければならず、このように目覚めることを「グノーシス」(=智慧)とよんでいました。グノーシスの神話では、悪なる宇宙を超越すること、そして「救済」や「救済者」の存在を強く物語ります。

グノーシスは、特定の教祖がいたり、教典が残されている宗教ではありませんから、今となってはわからないところが多いのですが、「反宇宙的」という特長的な世界観を持っていて、現世を否定し、出家し、瞑想修行をして光の世界・超越的世界を目指していたことははっきりしているようです。ですからキリスト教の一部や、ヨーガ・仏教などもグノーシス主義の一派だとする見方もあります。東方のグノーシス的宗教といわれているマニ教やマンダ教の資料を読むと、光を重要視して物質を悪と見なすところ、徹底的な菜食主義、性的禁欲主義など、オウムの宗教世界と非常に似ていると思いました。(※)
ところで、エデンの園の物語でもわかるように、一般的なキリスト教では蛇は「悪魔」の象徴とされますが、グノーシスの宗教では蛇は「救済者」とされています。蛇で象徴されるクンダリニーというエネルギーによって解脱を目指したオウムと、グノーシスはこんなところも似ていると思います。

※超世界的なるものがこの世のなかに顕現する形式としての呼び声という象徴は、東方グノーシスにとってきわめて根本的なものである。かくて、マンダ教やマニ教を「呼び声の宗教」と言うことさえできる。<中略>すなわち、信仰とは彼方からの呼び声にたいする応答であり。その呼び声を見ることができないが、それを聞かねばならない。
そして、呼び声はまた、世界の終末を告げる黙示録的な呼び声でもありうる。
(『グノーシスの宗教』ハンス・ヨナス著)


教祖もまた「呼び声」によって導かれていましたね。


イリュージョン②畳職人の息子

麻原彰晃は熊本の畳職人の息子として生まれました。
農家の子どもでもなく、商売人の子どもでもなく、教師の子どもでもなく、会社員の子どもでもなく、畳職人の子どもに生まれたこと――。
これはかなり象徴的なことではないでしょうか? 
「そんなことは単なる偶然、意味のないことだよ」と言われそうですが、寝ても覚めてもオウムについて考えていた私は「畳職人の息子」ということに、なにか引っかかってしまいました。

よく知られているように畳の表はイ草という植物で作られています。麻原彰晃の生地である熊本県はイ草の一大生産地でした。畳は日本人の日常生活に欠かせないものですから、昭和三十年代の経済成長期には畳職人の仕事はたくさんあったでしょう。いろいろ調べていくと畳表にはイ草だけではなく麻糸が使われていることがわかりました。かつて熊本はイ草とともに麻の生産も盛んだったようです。私は、「麻原彰晃」という宗教名について考えていたこともあって、畳に「麻」が使われていることに「あれ?」と思いました。
「麻原彰晃の父親は畳職人で、畳にはイ草と麻が使われているのかぁ…」
古来から人間は麻でいろいろなものを作ってきましたが、じょうぶで水に強い性質の麻は縄に適しています。そして、死刑が確定している麻原教祖が絞首刑になるとき、そこでは縄が使われるでしょう。現代の日本の絞首刑で実際に使われるのが麻縄なのかビニール製の縄なのかはわかりませんが、私がここで問題にしているのは「象徴」ということです。

麻原彰晃は縄に吊るされ殺される。父親は麻糸をあつかう畳職人だった――。
ここには、二千年前、木製の十字架の上で殺されたイエス・キリストの父親が「大工」だったこととよく似たイメージがあるのではないでしょうか。父親の職業というのは、子どもを養い育てる糧を生み出すものですが、同じものが子どもが殺されるときに使われるのです。大工の息子であるイエスが木製の十字架上で殺されること、畳職人の息子である麻原彰晃が麻縄に吊るされ殺されること。ここには「養い育てるもの」と「殺すもの」が、「生」と「死」が同じであるという、対極するものの統合のイメージが見て取れます。

数年前、インターネットを見ていたら、東京拘置所にいる麻原教祖が「ちくしょう、なんでなんだー」と大声で叫んでいたと書かれていました。ネットの情報ですから真偽のほどはあやしいものです。しかし、実際に麻原教祖の言葉かどうかは問題ではありません。このような言葉が「麻原彰晃の言葉」としてインターネット上に流れて、今後もずっと残っていくだろうということに、私は驚いたのです。
「ちくしょう、なんでなんだー」
そう叫ぶのは、人がなにかにひどく裏切られたと感じたときです。
二千年前、十字架の上でイエス・キリストが大声で言ったとされる言葉があります。
「エロイ・エロイ・レマ・サバクタニ(わが神、わが神、どうして私を見捨てられたのですか)」
これもまた、「ちくしょう、なんでなんだー」と同じように、ひどく裏切られた人が発する言葉ではないでしょうか。
イエスの物語と麻原彰晃の人生にはやはり同じようなパターンが働いているんだ…そのときの私はそう思わざるを得ませんでした。



イリュージョン③「松本」と「石井」

一九七八年、教祖の妻、松本知子さんは予備校で知り合った松本智津夫氏と十九歳の若さで結婚しています。そのときのエピソードが教団機関誌に載っていました。

――その頃、まだ修行に縁のなかったごく普通の人間である尊師に出会ったのでした。変わった人でした。一番びっくりしたのは、名前も知らない最初から、私と結婚すると決め込んでいたということでした。
尊師は、
「結婚は前生からの約束だった。」
と言われますが、私には前生のそんな記憶などあろうはずもなく、
「バカみたい!」
としか思えませんでした(ごめんなさい)。――
(『マハーヤーナ』27号より)

「名前も知らない最初から」とありますが、当時松本知子さんの名前は「石井知子」でした。事件後、私は松本知子さんの旧姓が「石井」だということを知って「あれ?」と思いました。教祖の一番弟子であり、もう一人の妻といってもいい石井久子さん(ケイマ正大師)も「石井」ですから、「二人とも、石井なんだ…」と思ったのです。二人の石井さんに親戚関係はありませんから、これは単なる偶然です。

たしか九三年頃だったと思いますが、出家した弟子全員を教祖の養子にして「松本」姓にするという話が持ち上がったことがありました。教祖は、ノストラダムスや出口王仁三郎の予言を検討して、世紀末に登場する救世主は「松本」という名、あるいは「松」に関連すると予言されていると言っていました。(*)そのような予言があったから弟子を全員養子にして、「松の系統」にしたかったようです。さすがに千人ちかい養子縁組は実現しなかったので、私は戸籍を変えなくて済んだことにちょっとほっとしました。

「松」という象徴についてシンボル辞典にはこう書かれています。

「松は、高潔、直情径行、活力、豊穣、性格の強さ、沈黙、孤独をあらわし、男根象徴でもある。常緑樹として松は不死の象徴。松は死体を腐敗から守るとされ、棺桶に用いられたり、墓地に植えられたりする。松は厄除けにされる。松かさは、形が炎や男根と似ているので、男性的創造力、豊穣、幸運をあらわす。」
「一説によれば、松かさの円錐形と、回転するコマは、渦巻きや螺旋と同じ象徴的意味を持つ――つまり大いなる生成力・創造力をあらわす。」


松はファルス、すなわち男根の象徴だというのです。松という樹木(柱)とその特長的な松かさのイメージは、たしかに男根象徴なのでしょう。そうすると…。
私は、インターネットでインドの「シヴァリンガ」の写真を確認しました。シヴァ神の象徴とされるシヴァリンガは、男根(リンガ)と女陰(ヨニ)が合一しているものです。男根は石の柱、女陰は石の井戸のようなもので造られています。
これは「松本」と「石井」なんだ…。
そして、この陰陽が合一するシヴァリンガは、もちろんオウムの本尊「グヤサマジャ」と同じイメージです。

Blessed by a Lingawidth=
Blessed by a Linga / ebdohlei
シヴァリンガ

私は、ふと、「松本」という名前の街にサリンがまかれてしまったのも、このような無意識のエネルギーが働いていたかもしれないな、と思いました。また、教祖の弁護を担当した十二人の国選弁護団は一審終了後に全員が辞任して、控訴審を引き継いだのは、松井武と松下明夫という名字に「松」のつく二人の弁護士でした。松本麗華さんの『止まった時計』を読むと、教団を離れた麗華さんが誰よりも信頼を寄せている人物は松井弁護士のように思えます。松井は「松」と「石井」が統合したような名前ですから、こんなところにも教祖にまつわる強烈なエネルギーが作り出したイメージを見るような気がします。

(*)ノストラダムスの予言詩に、「救世主は、大乗の悟りに到達している松本を姓とする盲目の人である」と解釈できるものがあったこと。また、大本教の出口王仁三郎が言ったとされる「弥勒の神下生して三界の大改正を成就し、松の世を顕現するため」云々という、弥勒によって「松の世」があらわれる予言があったという。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。