スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.二〇一二年

地下鉄サリン事件から十七年の歳月が過ぎていた。長引いたオウム裁判も終わり、いよいよ教祖の死刑執行かとささやかれる頃、もう死んでいるだろうと噂されていた逃走犯の出頭・逮捕が続いた。
テレビに映るなつかしい顔を見ながら、私は愕然としていた。
「生きていたんだ…まるで亡霊を見ているみたい」
信じられない思いで、同じ年月「オウムとはなんだったのか」を考え続けた自分と、彼らの長い逃亡生活をくらべていた。
私たちは同じかもしれない。オウムと出会いそこに生きた。そして、オウムをやめようがやめまいが、信仰を続けようが捨てようが、オウムのなにかを生きているような気がする。
いや、オウムはまだ生きている、ということかもしれない。

私たちは真摯に仏道を歩んでいる者、「解脱(げだつ)・悟り」を追求する修行者のはずだった。ところが、地下鉄サリン事件が起こり、気がついたときには最も忌まわしい犯罪者、狂信者になっていた。
いったいぜんたいこれはどういうことなのだろうか? 
宗教者、識者、あるいは学者でもいい、だれかに教えてほしかった。オウムとはなんだったのか。私たちはどこでどう道を誤ってこんなところへきてしまったのか。オウムと事件について目につくかぎりの本を読んでみたけれど、私が体験したオウムはそこになく、なぜ事件が起きたのか納得のいく答えは見つからなかった。
オウムの後継団体アーレフにいながら、私は一人で「オウムとはなんだったのか」という答えを求め、考え続けた。
それは「宗教とはなにか」「霊性とはなにか」そして「悪とはなにか」という問いでもあった。


2.神秘体験とテロ

二〇〇九年二月二十七日付の過去の記事が目にとまった。
*******
松本サリン事件の被害者河野義行さん(五九)が、オウム真理教元幹部井上嘉浩被告(三九)=二審で死刑判決受け上告中=に二七日午前、東京・小菅の東京拘置所で面会した。
河野さんがオウム事件の被告に面会するのは初めて。井上被告は「とても反省している」と謝罪し、「一日一日が学びの日々」と話したという。
河野さんによると、面会は約二五分。井上被告は白っぽいトレーナー姿で、接見室で顔を合わせ、お互い深くおじぎをした。
河野さんが教団に入った理由を尋ねると、井上被告は「神秘体験がしたかった。ヨガをやっていてのめり込んだ。真理を求めるためだったのに、事件にかかわってしまった」と反省の言葉を述べた。
今後どうしたいかとの問いには「不自由だが、学びがある。一日一日を大事にしたい」と答えたという。
*******

「神秘体験がしたかった」と語った井上被告(死刑確定)は、オウムでも群を抜く神秘力の持ち主だった。
神秘体験とは、クンダリニーとよばれる、人間に眠っている霊的エネルギーの覚醒とともに起こるさまざまな体験のことだ。「霊能力」「超能力」「神秘力」「神通力」どういってもいい。オウムにいた人に、「神秘的な能力、霊的な能力が高かった修行者はだれか」と質問すれば、多くがアーナンダ師の名をあげるだろう。「アーナンダ」は井上被告の宗教名(ホーリーネーム)で、ブッダの十大弟子の一人阿難陀に由来している。
神秘体験にひかれていた井上被告には際立った霊性があり、修行をすることでさまざまな神秘体験をした。「ヨガ」にのめり込み、「真理」を求めていたつもりが、「事件」にかかわってしまったと彼は言う。「神秘体験」「ヨガ」「真理」、そして地下鉄に猛毒サリンをまき、無差別に人を殺す「テロ」。
これらをつなぐものは、短い新聞記事からはなにも見えてこない。


3.オウムランド

「出家すれば三年で解脱(げだつ)させる」
教祖は信徒にこう約束していた。
「それなら、解脱を経験してやめればいい」
私はそう思った。
解脱とは「絶対自由、絶対幸福、絶対歓喜」の魂の状態「ニルヴァーナ」(涅槃)と定義されていた。私は「絶対が、三つもつくのはなんだかなあ…」と思った。
当時、体験談を読んで漠然と抱いていた解脱のイメージは、光り輝くような自分になること。修行の動機も「そんな体験ができるならやってみるか」と軽いものだった。
半年後、出家の決断を聞いて、「やめとけ」と止める友人に私は言った。
「ちょっと、試しにいってくるわ…」
三年の期間限定出家のつもりだったのに、脱会したとき、指折り数えてみると十七年もの年月が経っていて、浦島太郎になった気がした。

地下鉄サリン事件以前のオウムを思い出すと、本当にさまざまな出来事があった。
オウムをディズニーランドにたとえた宗教学者がいたけれど、たしかに千人乗りのジェットコースターのある「オウムランド」だったかもしれない。一歩入ると、そこは底抜けに明るく、素直で、無邪気で、世間の常識から見ればバカバカしいことを真剣にやっている人たちがいた。世俗の喜びを捨てて、解脱のために修行する。オウムは変わった人たちの、でも、決して憎めない人たちの世界だった。
オウムランドの巨大なジェットコースターに乗ると、次から次へと想像を超える風景が過ぎていった。そして、不思議といつも同じ雰囲気に包まれていた。
一つは、みんなとの一体感。血のつながった家族よりも緊密で、相手をよく知らなくても瞬時にきずなを感じ合えた。
もう一つは、なにかことをなすときの天かけるようなスピード感。私たちは「人間の三倍速で動いている」と冗談を言ったものだ。
そして、一番の特徴はオウム全体を包んでいた高揚感だ。その中心には蜜のように至福と陶酔があった。
悪夢のような地下鉄サリン事件を境に、仲間との一体感は確執と分裂へ、スピード感は失速から停滞へ、高揚感は陰鬱さと閉塞へと、徐々にしかし確実にその対極へと転換していった。


4.非国民

富士の裾野で修行と救済活動をしていた私たちは、事件後すぐに日本社会のまっただなかへ引きずり出され、忌み嫌われ、憎まれ、ことごとく排斥された。
「殺人集団!」「オウム出て行け!」「親元へ帰れ!」
施設兼住居のまわりは、乱暴な手書き文字の看板が林立していた。
出家修行者の住民票の受け入れは拒否され、教祖の子どもは義務教育なのに入学を拒否された。
現代の日本で、私たちは完全な「非国民」になった。
オウムに対しては超法規が許された。出家者は文房具のカッターナイフを持っているだけで逮捕され、それを理由に全国の施設と関係者の住居は、大げさでもなんでもなく何百回もの強制捜査がくりかえされた。
朝早く、ピンポーンというチャイムの音が鳴る。ドアを開けるとそこに警察官の一団がいた。
大声で読み上げられる捜査令状の被疑者の名前に聞き覚えはなく、「だれ? それ」といぶかしく思う。容疑はたいてい「銃刀法違反」や「電磁的公正証書原本不実記載」で、カッターナイフを持っていたとか、住民票の住所に住んでいないことだった。
詳しい説明もなく、なだれ込んできた警察官たちは、部屋中に散らばりくまなく捜索していく。私物の日記や下着までひっくり返されていった。

そして、敬愛していた教祖は、日本犯罪史上最悪の犯罪者になり下がった。
日本全体を敵にまわしたようなこの異常事態に、オウムはよく耐えたと思う。
「グルへの帰依があったから耐えられた」
信仰を失わなかった信徒はそう言うかもしれない。
「修行者にとって苦難こそ修行の糧。それに、これはなにか大きな間違いだろう…」
私は自分にそう言い聞かせていた。
事件から一年、二年と経ち、教団関係者の裁判が進むにつれて、オウムが地下鉄サリン事件を起こしたことは、動かしがたい事実となっていた。「成就者」という教団の準幹部だった私は、後輩や信徒や修行の場を守らなければという重い責任を感じていた。どこにも行き場がないという思いもあった。
「世俗を捨てた自分の生きる場所なんて…ここしかないじゃない…」
しかし、解脱を求める出家修行者と、殺人テロ集団の一員との間には、天と地ほどの隔たりがある。いつしかそれは、私の心に暗い影を落としていったのだろう。

オウムの施設では、いつでもどこでも教祖の説法かマントラが流れていた。
ある日のことだった。私の部屋で説法を流していたカセットデッキが、突然プツリと止まってしまった。これまで感じたことのない静寂が私を包んだ。
そのとき、はじめて私のなかでなにかが立ち止まった。
施設では相変わらず説法は流れていた。それを聴くことも教祖の映像を見ることも抵抗はないのに、どういうわけかそれ以来、説法を聴くために自分の手を動かすことはもうできなかった。
「事件って、なんなの?」
「人を殺してまで、いったいなにがしたかったの?」
重く暗い問いが姿をあらわし、背後からしっかりと私をつかまえた。


5.出会い

一九八九年三月のある日、私の部屋にダンボール箱いっぱいの本が届いた。
送り主は三歳年上の兄で、荷物が届く前に一度電話があった。
「読んでみてくれ、とにかく読んでくれ。すごいんだよ。今後いっさい、おまえに頼みごとはしないからさ、だからオウムの書籍を読んでくれよ」
という押しつけに近い頼みだった。
箱に入っていたどの本の表紙にも、長く伸ばした髪とヒゲの男が載っていた。
「んー、これは、顔がダメかも…」
表紙の写真をながめればながめるほど、読む気はわいてこなかったが、一生に一度の頼みとまで言われれば、義理でぱらぱらと読んで送り返すしかなかった。
兄は、麻原彰晃という人物の著書『生死を超える』『イニシエーション』『マハーヤーナ・スートラ』の三冊を特に熱心に勧めた。
「おれは、ずっとさがしてきたんだよ。インドまで行ったよ。でも、インドに行かなくても日本でもできることがわかった。すごいよ、そこに書いてあることは」
興奮気味にそう話し、最後にこんなことを言った。
「これは本当にすごいからね。おれはオウムの本全部を友だちみんなに送ることにしたよ」
困ったものだ、というのがそのときの偽らざる感想だった。
高校生から下宿生活をしていた兄とはつきあいがなく、お互いにどんなものに関心があるのかも知らなかった。兄がいわゆる精神世界に興味があり、二十世紀最大の聖者といわれたラマナ・マハルシが瞑想修行をしたという、南インドのアルナーチャラという聖山をかつて訪ねたことも、そのとき私は知らなかった。

勧められた三冊を読んでみても、兄がそれほどまでに興奮する理由はわからなかった。キルケゴールやシモーヌ・ヴェイユを多少かじった私にとって、真実とは、難解で高尚で苦悩に満ちているはずだったから、麻原彰晃の平易な話し言葉で書かれている「真理」や宗教世界には、興味も関心ももてなかった。
「所詮、新興宗教でしょ」
そう思った。
箱には、たくさんの定期刊行物も入っていた。そのなかに『マハーヤーナ』という機関誌の創刊号から最新号までがそろっていて、表紙には麻原彰晃の弟子たちの写真も使われていた。写真の彼らはみな若く、質素な身なりで、表情には媚びるようなところがまったくなく、どこか特別な静けさのようなものがあった。
教祖の風貌に拒否感を抱いたこととは反対に、私は弟子たちに好印象をもった。


6.弟子たち

月刊『マハーヤーナ』には、毎号弟子のヨーガの成就記事が掲載されていた。
それは、ごく普通の生活をしていた人が、オウムと出会い、「狂うか、それとも解脱するか」という極厳修行を経て、一つのヨーガを達成していく記録だった。
麻原彰晃の著書にはひかれなかったが、弟子たちの成就記事はどれもおもしろかった。

「ケイマ大師成就す! そのとき、私は光だった」
「マイトレーヤ大師成就す! 今蘇った、救済者マイトレーヤ」

成就した弟子は現世での名前を捨て、麻原彰晃に与えられたホーリーネームで呼ばれるようになる。元は普通のOLだった「石井久子」は成就して「マハー・ケイマ大師」になった。成就者たちの修行前と成就後の写真を見ていると、たしかに彼らになにかが起こっているようだった。記事に書かれている修行法やヨーガの世界観、修行や成就の意味さえわからないが、とにかくなにか普通でないことが彼らの内側で起きていて、前とはすっかり変わってしまったことが写真からうかがえた。
私は、『マハーヤーナ』の成就記事を片っ端から読みあさった。
そこに登場するのは普通の若者たちだった。なにかのきっかけでオウムと出会い、麻原彰晃というグル(霊的指導者)の指導を受け、修行し、自己の苦しみを乗りこえ、一つのヨーガを成就し、解脱していく。毎号掲載されている成就記事は、主人公と体験の細部は違っても、「オウムと出会い、修行し、苦しみ、そして解脱する」という根幹のパターンはいつも変わらなかった。
それにしても、解脱なんていうことが現実にあるのだろうか? いにしえの聖者の話ではなく、この現代の東京のど真ん中で、普通の人が解脱するなんていうことが。
私はぐいぐい記事に引き込まれていった。

成就記事のなかで特に私を魅了したのは、修行者が解脱直前に入る「リトリート」と呼ばれる独房修行だった。ヨーガの行法、呼吸法、あるいは功徳を積む修行を経験した修行者は、解脱するために最後はたった一人、外部の光を一切遮断した真っ暗な個室で瞑想する。リトリートは、暗闇のなかで自分自身と対峙し、闘い、そして新たな自分へと生まれ変わる場所だった。
どの成就者もリトリートを経験して解脱していった。
暗い小さなその部屋は、人を孵化させる神秘的な「器」のようだった。閉ざされた暗闇のなかで、なにかが決定的に変わってしまう。闇をくぐりぬけて、新しい自分が再び生まれるということが、私の心をとらえて離さなかった。
リトリートを経験してみたい。真っ暗な部屋のなかで瞑想し、自分と出会い、苦しみながらも新しい自分へ生まれ変われるなら、そこに解脱と呼ばれる解放があるならば、経験してみたい。
信じてもいないのに、なぜかそう思っている自分がいた。


7.最初の体験

はじめての神秘体験は、送られてきたオウムの本を斜め読みし、そこに書かれていたヨーガの修行法を真似ているときに起こった。
慣れない行法を試して少し疲れを感じた私は、横になって休んでいた。
うとうととしたまどろみのなかにいるときだった。
「コンコン」
ドアをたたくはっきりとした音を聞いた。
だれかが訪ねてきたのだと思い、とび起きて玄関に行ってドアを開けた。

そのとき、開けたドアはたしかに自分の部屋のドアだったはずだ。
でも、今考えてみるといったいそれはどこに通じるドアだったのだろうか。
開けたドアの前には、白銀に輝く二人の子どもが私を見上げてきらめくようなほほ笑みを浮かべて立っていた。
三、四歳くらいだろうか、うりふたつの双子だった。
二人の向こうには、見たこともない白銀色の空間が広がっている。
そこは、ここよりもずっと微細な世界としか表現できない異界だった。

「やっときたね」

深くやわらかな声が、私のなかに響いた。
双子は、坊主頭で大きな漆黒の瞳が印象的だったが、一つだけ違うところがあった。見た目は違わないのに、男の子と女の子のペアだということが、どういうわけか私にははっきりとわかった。
これは夢なのだろうか、それとも幻なのだろうか。夢というにはリアルすぎた。では、現実なのだろうか。白銀色に輝く子どもなんて現実にいるはずもない。それは現実よりも微細で、現実よりもリアルで、現実を超えたものだった。
夢でもなく、また現実でもないとしたら、いったいそれはなんだろうか。

“ヴィジョン”と呼ぶしかなかった。

この最初のヴィジョンは、現実にはまだオウムと接していないとき、義理で読んだ本に書かれている行法をしたあとやってきた。
「これはなんなんだろう…」
見たことも聞いたこともないものに出くわして、私は戸惑い、思わずバタンとドアを閉めた。

非常にリアルで神的ともいえるヴィジョンは、見た者をわしづかみにしてしまう力があるのだと思う。特に、ヴィジョンとともに聞く「声」は、何年たって思い出しても、ありありとよみがえってくる。
それはまるで心の深みに時を超えて響いているかのようだ。
「やっときたね」という声を聞いたとき、私はいったいどこにきたのだろうか。

この体験を私はずっと不思議に思っていた。オウムの修行者はさまざまな非日常的な体験をするが、それを重要視することはなかった。ただ、「成就」のための極厳修行中だけは体験が取り上げられて、成就判定の目安になった。
そうはいっても、信徒は教祖が登場する神秘的な夢やヴィジョン、あるいはさまざまな色の光の体験をすれば興奮してまわりに話し、まわりもまた「すごいね」などと目を輝かせていた。
「オウムの本を読んだらその晩にグルが夢に出てきた」
「戒律を破っていたら夢にグルが出てきて叱責された」
「尊師の説法中にものすごいグリーンの光を見た」
そういう話はたくさん聞いた。
でも、なぜ私には教祖ではなく双子があらわれたのだろう? 
このヴィジョンはなんなのだろう? 
このあとすぐ私はオウムに入るが、ヴィジョンの意味を教えてくれる人はいなかった。



8.世田谷道場

起こった不思議な出来事を、私はすぐに兄に話した。
「そういうことはオウムの大師に聞いた方がいい」
そう言って、兄は成就者との面談の約束を取り、私は一緒にオウム真理教東京道場に行くことになった。
新宿駅で待ち合わせ、京王線に乗り、下高井戸で世田谷線に乗り換え、赤堤という小さな駅で降りた。駅から一分という近さにあるビルの二階の窓に「オウム真理教」という大きな文字が見える。昼間なのに窓には暗幕が下りていた。後でそれは道場での瞑想修行のために外光を遮断しているとわかった。
ビルに入ると、エレベーターの左手に濃い紫色で「オウム真理教」という文字と梵字のマークが書かれたドアがあった。兄は慣れた様子でドアを開けた。
入るとなかは意外に明るかった。白い布をかけた受付用の長テーブルがあり、そこに置かれたカセットデッキから、軽快で少し単調な音楽が流れている。かすかに甘い花のような果物のような香りがしていた。
受付の向こうは通路を隔てて白いカーテンで仕切られている。右手のドアには「コース中」と手書きされたボードがピンでつり下げられていた。なにもかも手作りで、洗練されたもの、高級なもの、洒落たものはひとつもなかった。
「すいません」と兄が声をかけると、カーテンの向こうから「はーい」という明るい声がして、出てきたのは長い髪を一つに結び、ゆったりとした白い制服らしきものを着た化粧気のない若い女性だった。カーテンの向こうは事務所らしかった。
「大師に面談をお願いしているんですが」
「ああ、わかりました。二階の面談室に上がって待っていてください」
オウムの事務員――後に出家した弟子だとわかるが、その応対は自然で明るく、なんの気取りもなかった。
壁際に置かれた靴置きの棚には、若い人が多いのだろう、スニーカーばかりが並んでいた。
オウムの第一印象は、「質素」「明るい」「雑然とした」「気取らない」「センスなし」だった。
ビルの階段で二階に上がってドアを開けて入ると、そこは畳敷きのワンフロアだった。入って左側が正面らしく、大きな宗教画が掛けられていて、その下に宗教団体にしては無造作な白い布がかけられた祭壇があり、道場では二、三人が座禅を組んで本を読んでいた。
入り口近くの、パーテーションで仕切った三畳ほどの狭い部屋が面談室だった。
使い古された不揃いな二人掛けのソファと、小さなテーブルが窮屈に置かれ、奥にあるカラーボックスにはオウムの本が何冊か並べられていた。来客のために居心地良く、あるいは権威を示すためにしつらえた応接室ではなく、ただ会って話をするためのスペースのようだった。
兄と並んで座って待っていると、ドアが開いてインド風の白い服を着た小柄な女性がすっと入ってきて向かいのソファに腰掛けた。
「シャンティです」
そう言って、軽く会釈をした。
「日本人の顔なのに、シャンティって名前は、とっても変だな…」
雑誌で読んではいたが、実際に名のられると違和感をおぼえた。
しかし、ここではだれもかれもそう呼んでいるから、すぐに慣れてしまう。それどころか、修行をはじめて、解脱・悟りが目標になると、いつか成就したら自分はどんなホーリーネームがもらえのかなあと、密かに期待する気持ちにもなった。「郷に入れば郷に従え」ではなく、「郷に入れば郷に従っていく」のが人間なのだろう。



9.大師

成就者とは、一つのヨーガによって解脱を体験した人のことだ。シャンティ大師は、弟子で三番目にクンダリニー・ヨーガを成就した人物で、兄はしきりに「シャンティ大師の神通はすごいんだよ」と話していた。
神通とは、クンダリニーが覚醒してチャクラと呼ばれる七つの霊的なセンターが活性化すると身につく、いわゆる超能力・霊能力のことらしい。クンダリニー・ヨーガを成就した大師は、信徒から見れば半ば神のような存在だった。もちろん、弟子を解脱に導いた教祖を別にすればだが。
クンダリニー・ヨーガの成就とは、ひとことでいえば「内的な光」に没入する経験をしたということだ。その体験を経た弟子は、以後現世の名前、つまり本名で呼ばれることはない。達成したヨーガをあらわす色――「クンダリニー・ヨーガ」ならばオレンジ(のちに白)、「マハームドラー」ならばピンク、「大乗のヨーガ」ならば緑――の簡素なクルタと呼ばれるインド風の宗教服をまとい、その修行者の特徴にふさわしい、ヨーガ系統(たとえばシャンティ)か、仏教系統(たとえばアーナンダ)か、あるいはチベット密教系統(たとえばミラレパ)などのホーリーネームがグルから与えられた。これらはすべて成就者が完全に生まれ変わった印だった。

目の前に腰掛けたシャンティ大師は、すぐに私の性格を言い当てた。
「妹さんは、理想を追い求めるタイプですね」
こんなふうに「なにか見抜かれているのかな?」と思わせる的中は、その後も何度かあった。でも、私はそれを成就者ならではの特別な能力とは思わなかった。その程度人を見抜くことは、街頭の占い師や水商売のホステスだってしているし、彼女はエステティシャンという経歴の持ち主なのだから、客の状態を見極めてその人に合わせた対応をするのはお手のものに違いない。
後の話になるが、疑い深い私が一度だけ「普通の客商売人には絶対にできないな」と思ったこともあった。シャンティ大師と別の二人の大師三人で、「法輪の祝福」という簡単な儀式を行ったときのことだ。オウムに入ってまだ間もない私のまわりを三人の成就者が囲み、頭頂のチャクラのマントラ(宗教的呪文)を唱えはじめた。すると中央で座法を組んですわっている私の頭頂が、河童の頭の皿のように円形に盛り上がってくる感覚がした。頭頂がやわらかな粘土でできているようにもりもりと動くようだった。
兄は、「頭頂まで気が上がると、ブッダの頭みたいにてっぺんが盛り上がるんだよ」と本当か嘘かわからないようなことを言って興奮していた。 それを超能力と呼ぶかどうかはともかく、成就者とのかかわりで体験した非日常的な出来事だった。

シャンティ大師は、夢とも現実ともつかない私の不思議な体験を聞くと言った。
「クンダリニーが覚醒しつつありますね。できるだけ早くイニシエーションを受けて、修行をはじめてください」
体験についての詳しい説明はなく、修行の意義やイニシエーションの重要性、クンダリニーという霊的なエネルギーと解脱の関係を解説してくれた。
私が育った昭和三十年代は、日本が急激に変わっていく時代だった。科学を信じ、科学の発展によって明るい豊かな未来が約束されていると、だれもが疑わなかった。はじめて出会ったオウムという宗教世界で、霊のたたりや先祖供養、過去世の因縁を祓うなどという非科学的な話を聞かされたら、兄の紹介といえども私はオウムに足を踏み入れなかったと思う。
だが、オウムにはそのような曖昧さ、暗さ、混沌はなかった。説明を聞く限り、オウムの教義はヨーガや仏教を踏襲しているようだったし、人が解脱していくプロセスを「こういうステップで進んでいく」とはっきりと示しただけでなく、それを実際に体験させようとしていた。インドの伝統的な精神世界を求めていた兄にとって、そこがオウムの魅力だったのだろう。教義と修行法が明解だったから、兄は「インドへ行かなくてもいいんだ」と言い、すぐさまオウムの本を百万円分買って友人に送ったのだろう。こういう法の布施は「杖のイニシエーション」といわれた。
シャンティ大師の修行者らしい飾らない様子と、初めて経験したヴィジョンに後押しされて、私はオウムの道場で入会金三万円を払い、信仰はないが、とりあえず修行ということをはじめることになった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。