90.学校へ行きたい

お屋敷の住み心地は見かけほど良くはなかった。雨が降れば、雨漏りがしてバケツや洗面器をいくつも置いておかなければならず、フローリングの床からは冷気が上がってきて底冷えがした。建物のすぐ裏の竹が生えた山の斜面から強い湿気がくるため、プール側に作られた檜の露天風呂は腐っていた。建物は立派でも全体の「気」は陰鬱な感じだった。
庭の隅の小屋を仕切って作った三室のうちの一室が私の部屋で、二畳ほどのスペースでもリトリート修行ができると思えば天国だった。そうやって教団の活動から離れて静かな環境にいれば、精神状態を立て直せるのではないかと思っていたが、一度壊れてしまったものを元に戻すことはできなかった。それに上手に慣れるしかないことをずいぶん後になって理解した。

アーチャリー正大師は、他の兄弟が住んでいる茨城県の旭村を行き来して留守にすることが多かった。その頃の正大師は、両親ともに逮捕され、「おにいさん」「おねえさん」といって一緒に遊んだ多くの身近な高弟たちを失い、マスコミに追いまわされ、世間からは教祖の子どもと白眼視され、まだ幼い弟たちを守らなければならず、母親の違うたくさんの兄弟がいることがあきらかになり、何百人ものサマナ・信徒からは、教祖に一番近い後継者として期待が寄せられていた。
当時のことを振り返ると、あまりにも過酷だっただろうと思う。アーチャリー正大師はまだ十三歳だったのだ。正大師が一番望んでいたことは「学校へ行く」ということだった。教育係のガンダー師は、正大師の希望をかなえたかったし、教育の必要性をわかっていたのだろう、いわき市の中学校へ入学するための交渉を粘り強く進めていた。
正大師はみんなに聞いて回った。
「学校は制服だった? 私服だった?」
それぞれ自分が通った学校の様子を話した。
「学校なんて行ったって、しかたないですよ…」
私は口に出そうとしてやめた。小学校、中学校、高校、大学と当たり前に進んだ者が、それがまったくかなわない少女に言うべきことではなかった。
だれかがたずねた。
「なぜ、そんなに学校へ行きたいんですか?」
アーチャリー正大師は、はっきりとした口調でこう言った。
「私は学校へ行きたい。学校というところへ、行きたいの」
自分はこうしたい、正大師がそういうふうに言うのを聞いたことがなかったので、私はこの言葉をよく覚えている。あのなにもかもが異常な事態にあって、普通に学校へ行こうとすることが、正大師のなにかを支えていたのかもしれない。
いわき市の教育委員会は、小学校さえ行っていないことを理由に、遅れている勉強を小学校五年生から始めるならと言ってきた。同い年の友だちが欲しくて学校へ行きたいのに、小学生と一緒だと知ってショックを受けた正大師は、しばらく考えて言った。
「それでもいいから学校へ行きたい…」
しかし、最初は学校とは別の施設でしばらく様子を見ながらで、その状況は地域の人たちに報告されるという、とても教育を求めている子どもを守るような姿勢ではなく、結局教育委員会には正面から受け入れるつもりがないことがわかってきた。
アーチャリー正大師からは深い絶望が伝わってきた。
そのうちに、正大師はカッターナイフで自分の腕を傷つけるようになった。笑ってその傷痕を見せても、正大師の心の叫びを聞き取れる大人はまわりにはいなかった。


2015年09月28日

コメント

三女さんのこと

ちょうど三女さんの本が手に入って読んでいるところです。自分にとってはタイムリーな記事でした。ひかりその他あちこちから批判されている書籍ですので、慎重に読んでみます。もちろん記事を参考にさせていただきます。が、記事に書籍の記述との関連を書いていただけると一層理解が深まると思います。ご検討ください。
  • | 2015-09-28 | 匿名 URL [ 編集 ]

学校

学校に行くことは、父親である教祖も賛成していましたね。
「学校へ行くことによって、一般の人たちの考え方や行動の仕方を知ることができるなら、それは大変ためになる。どの学校を選ぶのかは、ガンダー師ともしっかり相談してください。欲求は抑えるべきではなく、しっかりと経験すること。学力が少し心配だけれど、一般の学校よりは進んでいる部分もあるので、自信を失わないこと」というアドバイスでした。
  • | 2015-10-03 | U URL [ 編集 ]

三女さんのこと 2

写真等を見る限り、大学を出られて立派に成長されていると思いますが、取り巻きの方々に問題が有りそうです。聞こえてくる話からすると、自分で生計を立てているとも言い難い。現在進行形で関わっている文化人(?)の方々も、彼女にあまり良い影響を及ぼさないのでは、と危惧します。

普通に暮らしていけないことをお悟りになっての活動開始かとも受け取れるのですが、今に至ってみると、彼女の主張したいことは果たして正しいでしょうか? 一部からはエールが送られているようでもありますが、面白がられている面の方が強いのではないかとも思います。

一時期苦楽を共にされた元TD師から彼女に言ってあげられることはないのでしょうか。
  • | 2015-10-07 | 匿名 URL [ 編集 ]

Re: 三女さんのこと 2

> 普通に暮らしていけないことをお悟りになっての活動開始かとも受け取れるのですが、今に至ってみると、彼女の主張したいことは果たして正しいでしょうか? 一部からはエールが送られているようでもありますが、面白がられている面の方が強いのではないかとも思います。
>
> 一時期苦楽を共にされた元TD師から彼女に言ってあげられることはないのでしょうか。

こんにちは。
もう少し質問を具体的にしていただくと、それについて私の考えがもしあればお答えできるのですが…。

  • | 2015-10-11 | 元TD URL [ 編集 ]
      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する